InKの石野卓球&川辺ヒロシが語る新作は、天衣無縫な遊び心が炸裂!!

InK   2007/08/03掲載
はてなブックマークに追加
InKの石野卓球&川辺ヒロシが語る新作は、天衣無縫な遊び心が炸裂!!
 2006年4月にファースト・アルバム『C-46』を発表後、“SUMMER SONIC 06”や“RISING SUN ROCK FES.2006”に出演するなど精力的な活躍ぶりで音楽シーンを賑わせた、石野卓球電気グルーヴ)と川辺ヒロシTOKYO No.1 SOUL SET)によるユニット、InK。彼らが1年半ぶりのセカンド・アルバム『InK Punk Phunk』を完成させた。そこで、旺盛な創作意欲をもって生み出された新作について、メンバーの2人に語ってもらった。


 電気グルーヴの石野卓球とTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシのユニット、InKが再始動した。1年半ぶりのセカンド・アルバム『InK Punk Phunk』をひっさげての登場だ。前作『C-46』の全8曲46分が「短すぎた」(卓球)という反省から、今回は全18曲80分弱の大盤振る舞い。もちろん中身も彼ららしいはちゃめちゃさだ。テクノからロックからダブからラップから、あらゆるエレクトロニック・ミュージックの見本市のような多彩な内容となった。まさに「期待もされない代わりに責任もない」(卓球)、InKの天衣無縫な遊び心が炸裂している。サーフコースターズの中シゲヲ、POLYSICSのハヤシヒロユキもゲストで参加した大娯楽作だ。




「前作でやり残したこととかいっぱいあったから、ライヴが終わったあとぐらいからもう次を作りたくて、そわそわしてた(笑)。アルバム出せるかどうかわからないところから2人でスタジオに入って、作業してましたね。最初は何も構想がなくて、白紙の状態。“12インチ1枚作れたら”ぐらいのつもりでやってたら、どんどん曲ができていった」(川辺)
 という言葉からも、彼らがいかに旺盛な創作意欲にかき立てられていたかがわかるだろう。川辺が「適当に」レコード棚から選んできたネタ(卓球曰く「お題」)を「思いつきと気分で」(卓球)でいじくりまわしているうちにメロディが生まれ、リズムが決まり、アレンジが固まっていく。作り始めても、どこに着地するか最後までわからない。「収録曲の〈I.P.P.(InK PunK PhunK)〉なんて、きれいな絵が出来上がりかけてたのに、最後の最後に卓球が絵の具をぶちまけて、“えーっ、そんなことになっちゃうんだ!”みたいな(笑)」(川辺)。
「俺はかなりトゥー・マッチなほうだからさ(笑)。やりすぎて台無しにするのだけは避けようと(笑)」(卓球)
 いわば、どこに向かうかわからないドライブのようなもの。2人で適当にアクセルとブレーキを踏みながら闇雲に進む。でもこの相手なら心配はない。「見たことのない、面白い場所ならどこでもいい」(卓球)と、ディテールにこだわって時間をかけるより、勢いと熱と衝動とエネルギーに任せて暴走した結果の18曲である。もちろんそこにはただのエゴの発露ではなく、ポップで開かれた商品性の高いものに落とし込むことのできる2人のセンスが光っているのだ。
「スポーツでいえば、前のアルバムはやる種目が決まってたんだけど、今回はまだ誰もやったことのないスポーツを作ってやっているような感じ(笑)。もちろんエンタテインメントであることは大前提。そんなマイナーな競技にするつもりはないからさ」(卓球)」
 TOKYO No.1 SOUL SETも電気グルーヴも近々活動を再開する予定だ。だがそれらの“本業”ではなかなかできない、実験や冒険がたっぷり詰まったアルバムが『InK Punk Phunk』なのだった。


取材・文/小野島 大(2007年7月)


■InK LIVE SCHEDULE■
“STERNE”
2007年08月03日(金) WOMB
OPEN : 23:00
ADMISSION : \\4,000 / WITH FLYER : \\3,500
WOMB MEMBER : \\3,000
【SPECIAL LIVE】
 InK
【DJs】
 TEN / DJ TASAKA
【VJ】
 DEVICEGIRLS
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015