舞台から声優まで変幻自在の女優、犬山イヌコ。久々のソロ音源について語る!

犬山イヌコ   2007/07/06掲載
はてなブックマークに追加
 無闇と多めに盛る定食屋「多め亭(現・早め亭)」店主(ドラマ『時効警察』シリーズ)とポケモンのニャースが、実は同一人物!? ……ナイロン100℃の看板女優である犬山イヌコが、inuko inuyama名義で久しぶりの音楽作品『inu cafe』(写真)を発表した。変幻自在の活躍を見せるサブ・カルチャー界のミューズに話を訊いた。


ケラリーノ・サンドロヴィッチ主宰による劇団ナイロン100℃をはじめとする舞台活動はもちろん、アニメ『ポケットモンスター』でのニャース役などでもお馴染みの犬山イヌコ。最近ではTVドラマ『時効警察』シリーズに登場した定食屋のおばさん役での強烈なキャラクターが記憶に新しいが、古くは有頂天筋肉少女帯たまなどで知られるナゴム・レコードに関わったりと、リリース作品は少ないものの、音楽面でも異彩ぶりを発揮しているのもまた彼女だ。

 ケラの呼びかけにより始まったというinuko inuyama名義でのニュー・アルバム『inu cafe』の制作。彼はナイロン100℃のオフィシャル・サイトで犬山について“僕がプロデュースした今のところ唯一の彼女のアルバム(ニャースものは除く)は、自分が関わった中でも五本の指に入る出来だと思うのだが、当の本人にもほとんど思い入れがないらしいのは少しさびしい”とコメント。ケラにとってこのアルバムは、自信作『TOKYO PORCUPINE COLLECTION VOL.3 featuring INUYAMA INUKO』(93年/現在は廃盤)に対するリベンジなのでは!? といった深読みもしたくなる。彼女自身は「気に入ってないなんてことはないですよ。わしはそもそもが役者なんで。大っぴらに“いいでしょ!”とは言いづらいだけで(笑)」と謙虚。そして、DISC1、2とでまったくカラーの違う今作では、飄々(ひょうひょう)と振れ幅の大きさを見せている。


DISC1は、作家陣にケラをはじめ、BEAT CRUSADERS森若香織(exゴーバンズ)、曽我泰久THE GOOD-BYE)らを迎えたロック/ポップス・サイド。コケティッシュな歌声とともにどこか90年代を思わせる味わいは、柑橘系の炭酸飲料をイメージさせる。

「『TOKYO〜』の時は企画盤だったんで、“これをやって”ってものに完全に乗っかった感じでしたね。でも、今回は打ち合わせの段階から参加してます。やっちん(曽我)の<Our Song>は、念願かなった前回に引き続いて。<Superstar's Favorite>では香織ちゃんが仮歌を録音してくれて。これ、ゴーバンズのシングルだって言われたら、騙されていたなって思いましたね(笑)」。さらには、「もともと沖縄民謡が好きで、この曲を三線のアレンジでやりたかった」というポケモン・ソングのセルフ・カヴァー「ニャースのうた」(もちろんヴォーカルもニャース声)もラストを清々しく飾っている。

 一方、DISC2は、犬山の作詞/作曲によるシュールな小品集サイド。「子供の思うことを子供の状態で歌っているというか、小さな子の絵日記みたいなイメージですかね。以前から芝居の稽古中にちょこちょこ書たりしていて、こういうのはつくっててスゴい楽しい」とのことだが、『帰ってきた時効警察』第四話の劇中で麻生久美子がカヴァーした「しゃくなげの花」や「月見そばのうた」なども、オリジナルのインパクトは強烈だ。


 まったくベクトルの異なる2枚組だが、両サイドの魅力が合わさり、トータルで1+1が5にも10にもなる『inu cafe』。だが、聴けば聴くほどさまざまに表情を変える歌声を含め、犬山のアーティスト像が分からなくなってくるのも事実。そこらへんはやはり、“役者”だからかもしれないが……。



取材・文 兒玉常利(2007年6月)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る
[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー
[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”
[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015