【IRON & WINE】名うてのジャズ・ミュージシャンとともに制作した2年ぶりのアルバム『ゴースト・オン・ゴースト』を発表!

アイアン&ワイン   2013/05/14掲載
はてなブックマークに追加
 00年代以降のUSインディ・シーンでその端正な歌心が高く評価されてきたオースティン在住のサム・ビームのソロ・ユニット、アイアン&ワイン。そんな彼から約2年ぶりとなる新作『ゴースト・オン・ゴースト』が届けられた。逞しいヒゲの隙間から零れ落ちる、示唆とロマンに満ちた言葉の数々は、ニューヨークの名うてのジャズ・ミュージシャンたちとの作業を経ることによって、よりいっそう独自の輝きを放っている。さっそく、5人の娘の父親でもあるサムにメールで質問をしてみた。
photo: Craig Kief
――2011年の前作『キス・イーチ・アザー・クリーン』が全米で2位になりましたね。
 「うん、とても興奮したよ。すばらしいニュースだったね」
――今回の『ゴースト・オン・ゴースト』はアメリカではノンサッチからリリースされていますが、この歴史のあるレーベルから出す事になったのは?
 「ノンサッチは前作をリリースしたワーナー系列にあるレーベルで、彼らが興味を示してくれたんだ。もちろん喜んで承諾したよ。だって、ここのカタログには昔からよく親しんでいたからね」
――新作には大勢のジャズ・ミュージシャンが参加していて、実際、ジャジィなアプローチもいくつかの曲でフィーチャーされていますが、こうした方向性の変化はどのように生まれたのでしょう?
 「とにかくこれまでにやったことのないアプローチをしてみようと思ったんだ。ジャズ・ミュージシャンばかりと一緒にプレイしたのはそういうわけ。すごくナチュラルな流れだったよ」
――あなたのフェイヴァリットなジャズ・ミュージシャンを教えてください。
 「ローランド・カークニーナ・シモンチャールズ・ミンガスマッコイ・タイナー……たくさんいすぎて書ききれないよ!」
photo: Craig Kief
――元ティン・ハット・トリオロブ・バーガー(これまでにノラ・ジョーンズジョン・ゾーンキャレキシコらの作品に参加)がアレンジを手がけていますが、彼を選んだのは何故?
 「ロブは過去のアルバムでも演奏していて、以前から知り合いだったんだ。で、今回は初めてアルバムの初期段階から彼に参加してもらうことができた。だからこそ、こうした大きな変化が生まれたんだと思うよ」
――レコーディングはブルックリンで行なわれたそうですが、そこでの経験はやはり従来の録音とは異なりましたか?
 「僕は自分のスタジオを持っていて、ここ最近の2枚はそこで録音したんだ。そこでは、スタジオを楽器のひとつとして使うことを学ぶために多くの時間をかけていた。でも、今回のアルバムはストリングスやホーンのアレンジをやってみたくて、スタジオに入る前に準備をする必要があったから、これまでとはまったく異なるものになったね。あらかじめ考えていたアイディアを記録するプロセスだったって感じかな」
――レコーディングで印象に残っているプレイヤーは?
 「ブライアン・ブレイドブラック・ダブ)、トニー・ガルニエ(ボブ・ディラン・バンド)、セックス・モブトニー・シェールケニー・ウォレスンといった驚くべき才能を持ったプレイヤーに囲まれて幸せだったよ。みんなグレイトだった」
photo: Craig Kief
――一方でアルバムには優雅なストリングスや美しいコーラスをフィーチャーした“ソフト・ロック”なフィーリングをもった曲もありますね。ジャジィな曲とこうした曲とのコントラストがとてもユニークだと思います。
 「僕はメロディのあるポップ・ミュージックが大好きなんだ。普段からあらゆるタイプの曲を聴くけど、今回は頭の中で口ずさみやすいような曲を書きたいと思ったのさ」
――ちなみに7曲目の「SINGERS AND THE ENDLESS SONG」の歌詞の中に“Ghost On Ghost”というフレーズが出てきますが、これをアルバム・タイトルにしたのは?
 「アルバムのほとんどの曲には物語の語り部となるカップルが存在するんだ。そして、このアルバム・タイトルはそんな2人のロマンティックな関係と同じくらい強いスピリチュアルな繋がりのことを示唆しているのさ」
――最後の質問です。ポスタル・サーヴィスが今年再結成しましたが、あなたが彼らの「サッチ・グレイト・ハイツ」をカヴァーしたのはどのような経緯だったのでしょう?
 「ポスタルのベン・ギバードが7インチのB面用にカヴァーを録音してくれないかって頼んできたんだ。あの曲をカヴァーするのは楽しかったよ。歌詞の面でいろいろな解釈ができる豊かさがあったね。でも、あんなに大きなインパクトを残すことになるなんて考えてもいなかったよ(注:映画『終わりで始まりの4日間』でフィーチャーされて話題に)。クレイジーだったね」
取材・文 / 佐藤一道 (2013年4月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015