【伊藤ゴロー Ito Goro】ジャキス・モレレンバウムとともに、アントニオ・カルロス・ジョビンの楽曲を中心に録音したデュオ・アルバムを発表

伊藤ゴロー   2014/11/20掲載
はてなブックマークに追加
 ボサ・ノヴァ・ユニットのnaomi & goroをはじめ、ソロ・ワークや豪華アーティストの顔合わせによる『ゲッツ / ジルベルト + 50』のプロデュースなど、さまざまなプロジェクトを手がけてきているギタリスト / 作曲家、伊藤ゴロー。ブラジルからカエターノ・ヴェローゾらとの仕事でお馴染みのチェロ奏者ジャキス・モレレンバウムとその妻でシンガーのパウラ、さらに2人の娘ドラを迎え、ジャキスとの共同名義作としてリリースされることになったのが、今回のアルバム『ランデヴー・イン・トーキョー』だ。日本サイドからはピアノの澤渡英一、ドラムス&パーカッションの小川慶太が参加し、かつてジャキスがグループの一員として加わっていたアントニオ・カルロス・ジョビンのナンバーを中心に、双方のオリジナル曲も交え、音楽へと向き合う姿勢を互いに信頼しあっているような、親密な空気感の漂うアンサンブルを奏でている。
――ジャキスとはどのような巡り会いがあったんですか?
 「naomi & goroで、2009年にブラジル録音をすることになりまして、ゲストでぜひ彼に弾いてもらいたいと。そこで、教授(坂本龍一)に相談して紹介してもらったんです。それが最初の出会いですね」
――最初の出会いから、彼とはずっと連絡を取り合ったりしていたのでしょうか?
 「僕が2012年に『GLASHAUS』というソロ作を作った時にも、ジャキスに弾いてもらいたいというのがあって、演奏とアレンジを1曲お願いしたんです。同じ年の12月には、ジャキスが教授とのツアーで来日して、その際、一緒にデュオでコンサートをする機会などもありました。なので、けっこう短いスパンで、ここ何年か一緒に演奏してきましたね」
――共演作の構想は、以前からお持ちだったんですか?
 「そんなことはまったく思ってもいなかったんですけれども、たまたま今回、ジャキスとパウラが来日するにあたって、一緒にライヴをしませんかという話をいただきまして。ライヴのブッキングが最初にあったんですね。それでジャキスに、どれくらいまで日本に居られるんだという話をしたら、数日時間をとれることが分かったので、じゃあレコーディングしたい……しよう、みたいな(笑)。突発的に決まった話だったんです」
――ジョビンの曲を中心とした構成になっていますが、そこは当初からこうしたいというのがあったんでしょうか?
 「そうですね。ジョビン没後20周年ということと、やっぱりパウラのヴォーカルを入れたいということで、どうしてもジョビン中心にやりたいなというのがありました。それと、モレレンバウム夫妻と教授とのトリオがジョビン作品を演じたアルバム『Casa』は、僕にとってジョビンそのものと同じくらい重要なもので、この2人と一緒に、そういう作品ができたらなというのもあったんですね」
――『Casa』を意識したところがあるわけですね。
 「相当意識してますよ(笑)。あからさまなオマージュということではないんですけど、ちょっとしたハーモニーとかイントロとか、『Casa』のフレーズを使ったりとか。ピアニストの澤渡くんも『Casa』が大好きだということで、ちらっとあのアルバムにでてくるフレーズをピアノでやると、ジャキスも同じように演奏したり。で、3人でニヤリと。そんな感じで録音を進めていきました」
――ジョビンの曲に対する伊藤さんの向き合い方というか、どのような捉え方をされているかを教えていただけますか?
 「僕がブラジル音楽に取り組みはじめたころ、ジョビンの曲はしょっちゅう演奏され、録音もされていたので、ちょっと違ったアプローチで演ろうみたいなところがありました。けれども、ずっと演奏していくと、やっぱりオリジナルというか、根本的に彼の作ったものを再現していくことが、いちばん美しいのかな、と思って。今回のレコーディングの時も、ジャキスがジョビンはこういう流れで弾いていたとか、いろいろ指示してくれるんですよね。それがすごく的確だし、勉強にもなった。そうやって丁寧にジョビンの曲を演じていくのが、いちばんふさわしいのかな、と感じています」
――伊藤さんのオリジナル曲もしっくり収まっていて、共同名義作ですが主役同士で主張しあうということではなく、穏やかに共鳴したサウンドという印象を受けました。
 「僕はギター弾きですけど、ギターがど真ん中にいる音楽には興味がなくて、アンサンブルされたものというか、たとえばデュオでも対等に話をしているようなもののほうが好きだから、そういうように聴こえるのかなと思います。ジャキスもソロ名義作というのはなくて、誰かと一緒に演奏したり、もしくはサポートするような立ち位置が多いから、そういう2人が作るとこうなるのかもしれないですね(笑)」
取材・文 / 長嶺 修(2014年10月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015