ポスト・ダブステップの寵児、ジェイムス・ブレイク―待望の1stアルバムは“ヴォーカルにフォーカスした自伝的作品”

ジェイムス・ブレイク(SSW)   2011/06/17掲載
はてなブックマークに追加
ポスト・ダブステップの寵児、ジェイムス・ブレイク―待望の1stアルバムは“ヴォーカルにフォーカスした自伝的作品”
 英国を席巻するポスト・ダブステップ・シーンの寵児、ジェイムス・ブレイクが1stアルバム『ジェイムス・ブレイク』をリリースした。ダブステップとR&Bを接合した「CMYK」をはじめ、昨年は数々の革新的なクラブ・アンセムを生み出した彼だが、アルバムでは驚くほど“歌”が前面に押し出されている。もちろん、ダブステップ以降の刺激的な電子音も散りばめられているものの、あくまで主役は、孤独にむせび泣いているようなジェイムス自身の歌声だ。ある意味、本作はダブステップ時代の内省的なシンガー・ソングライター・アルバムとも言えるだろう。ジェイムスに国際電話で話を訊いた。
――最初に夢中になったのはどんな音楽だったんですか?
 ジェイムス・ブレイク(以下同)「初めてアルバムを買ったのは、デスティニーズ・チャイルドだったな。13、14歳ぐらいのときだったと思うよ。けど、それは例外で、基本的にはR&Bを意識的に聴いたことはないんだ。僕が好きだったのは、ピアノを使った楽曲とか、サム・クックアーロ・ガスリージョニ・ミッチェル……僕はまずヴォーカルに惹かれるんだよ」
――大学生の時にはダブステップと出会って、大きな影響を受けたわけですよね。ロンドンのFWD>>というクラブ・イベントがきっかけだったと聞いています。
 「そう、当時まだ僕は19歳だったんだけど、音楽によって別世界へと引き込まれるような感覚に魅力を感じてね。聴いていて自分の世界に入り込んでしまうような……あの頃はそんな感覚が大好きだった。僕はダブステップで初めて一つのシーンに足を踏み入れたんだと思う。それまではどのシーンにも属していなかったんだよ。でもダブステップと巡り合ったことで、いろんな人と出会って、ダブステップのカルチャー全体に興味を持ったんだ」
――アルバムを聴いて驚かされたのは、これまでのシングルやEPと較べると、歌の存在感が大きく増していることです。先ほど、自分はまずヴォーカルに惹かれると言っていましたが、アルバムで歌にフォーカスすることは重要でしたか?
 「たしかにとても重要なことだった。親父の一言が頭から離れなかったんだよ(※父親は英国プログレ・シーンで活躍したジェームス・リーサーランド)。ヴォーカル入りの曲を聴いてもらってアドバイスをもらったんだけど、“ヴォーカルをもっと上げるべきだ。フワフワ浮遊している感じを出した方がいい”って言われたのが心に強く残ってね。それからミックスでヴォーカルが前面に出るようにしたおかげで、耳元でささやかれているような効果を出すことができたと思う。すごく気に入っているよ」
――また、このアルバムは、ダンスフロアで大勢の人が熱狂してシェアする音楽というよりも、リスナーと一対一で向き合い、心の深い部分に触れてくるようなところが強い音楽だとも感じました。
 「同感だよ。ヴォーカル入りの曲の場合、自分自身が歌うとなると、感情をあふれ出させたいし、それには感情が張りつめていないとできない。そういう曲はダンスフロア向けではないよね。ダンスフロアで人が熱狂するような音はほかで作っているし、このアルバムではそういう方向性を目指していなかったんだ」




――あなたの音楽からは、一人ポツンと佇んでいるような孤独も感じられます。
 「一人でいる時間が多いからじゃないかな。一人っ子だし……結束の固い仲間は昔からいるけど、一人っ子は孤独感に包まれているものなんだ。でも実はハッピーな人間なんだよ(笑)。暗くて陰気な奴なんかじゃない。このアルバムには不思議と孤独感の中にも希望の光が見え隠れする。それって自分の幼年期と重なるかな。このアルバムは自分にとって自伝的な作品なんだ」
――なるほど。では最後に、あなたは本作がリスナーにどのように受け止められることを望みますか?
 「このアルバムには、かなり不思議なサウンドや凝った作りのサウンドが含まれている。それでも聴く人が共感できる作品であれば嬉しいよ。音楽が持つ自由な気持ちを体験してほしいね」
(2011年4月 取材・文/小林祥晴)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] YOYOKA    世界が注目する14歳のドラマーが語る、アメリカでの音楽活動と「Layfic Tone®」のヘッドフォン[インタビュー] 松尾清憲 ソロ・デビュー40周年 めくるめくポップ・ワールド全開の新作
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015