「これ以上でもこれ以下でもないこれが私」──現在進行形のJUJUが詰まった会心の3rdアルバムが到着!

JUJU   2010/03/09掲載
はてなブックマークに追加
 2ndアルバム『What's Love?』、さらにシングル「明日が来るなら JUJU with JAY'ED」により、いまやヒット・チャートの常連となったJUJU。自らのアーティスト名をタイトルに冠したニュー・アルバム『JUJU』も、R&B、ロック、バラード、ジャズなどのエッセンスを取り込みながら、彼女の奥深いヴォーカルがたっぷりと味わえる作品に仕上がっている。Jeff Miyahara、松尾潔、Jin Nakamura、BONNIE PINK、PES(RIP SLYME)、上江冽清作(MONGOL800)といったクリエイターたちによる優れた楽曲と、豊かな情感をたたえた質の高いヴォーカリゼーション。2010年のポップスの理想がここにある、と言い切ってしまいたいほどの充実作だと思う。



――まさに名曲揃い。とにかく楽曲のアベレージが高いことに驚きました。
JUJU(以下、同) 「ホントですか!? そう言ってもらえると、苦労して作った甲斐がありました(笑)」
――前作「What’s Love?」に続き、音楽的には全方位的というか、ホントにバラエティに富んでますね。
 「ええ、“俺コンピ第2弾”です。というか、前回のアルバムで味をしめたところもあるんですよね。今回は海外から曲を集めて仮歌を当てたり、いろいろ実験的なこともやってたんですよ。まあ、実際は何も考えないで“いい曲だなー”っていうのをどんどん歌ってただけなんだけど」
――JUJUさん自身が“これは新鮮だった”と思う曲って……。
 「もちろん1曲目の<GIRLS NEVER GIVE UP>ですね! あんまりソニーでは聴いたことのないタイプというか(笑)、イントロのシンセサイザーを聴いてビックリしちゃって」
――確かに(笑)。ここまでエレクトロ感のあるポップスって、いままでなかったかも。
 「でも、メロディはかわいいなって思ったんですよね。いままでもいろんな曲を歌ってきてるわけで──バラードやったりR&Bをやったり、かと思えばロックを歌ってみたり──その延長で考えるなら、こういう曲もアリかなって。アルバムのあとのツアーを考えても、こういう曲って絶対あったほうがいいし。あと、試聴機で聴いたときの違和感とかね。“あれ、これホントにJUJUのアルバム?”みたいな(笑)」






――BONNIE PINKさんが作詞した「37℃」(ソウルフルなメロディを持つミディアム・バラード)、RIP SLYMEのPESさんが歌詞を手掛けた「いつからか...ずっと」(80'sフレイバーを感じるロック・チューン)も印象的でした。おふたりともJUJUさんとプライヴェートで付き合いがあるんですよね?
 「初めてのアルバム(『Wonderful Life』)を出してから3年になるんですけど、その間の人間関係や交流が見えてくるような。川口(大輔)くんや清作くん(上江冽清作 / MONGOL800)なんて、もはやアリ地獄ですからね(笑)。一度でも私のアルバムに曲を書いたら、そこからずっと書かなくちゃいけないっていう」
――(笑)。でも、みなさん才能のある人ばかりで。
 「すごく自然なんですけどね。川口くんの<ガーベラの花>(ボサノヴァ・テイストのオーガニックなナンバー)は、彼が自分のライヴで歌ってるのを聴いて、飲んでるついでに“あの曲、ちょうだいよ”って言って。清作君の<bouquet>(フォーキーな手触りのウェデイング・ソング)も最初は、“<愛しい>(2ndアルバム『What’s Love?』収録)の続き、やろうよ”っていう何気ない話から始まってるんですよ。これがまた幸せな曲で……。歌ってて泣きそうになっちゃいましたよ、結婚式当日の気持ちになっちゃって。ホントに天才ですね、彼は。1月にとある人の結婚式があったんですけど、そこでもちゃっかり歌わされてましたけど(笑)」
――「夜の果て」も素晴らしいですね。本当にジャズが似合うと思います、JUJUさんの声には。
 「……そう言ってもらえると報われます。これはメジャー・デビューする前に書いた曲なんですよ。たぶん『凶器の桜』に楽曲を提供した直後だと思うんだけど、あの頃ってこういう曲ばっかり作ってたんですよね。ジャズにこだわって、そこに重点を置いていたというか。それは自分のアイデンティティのひとつだし、“しっくり来ますね”みたいに言われると、“あのときにやってたことも間違いじゃなかったんだな”って思うんですよね」
――アルバムのタイトルも『JUJU』だし、充実ぶりが伝わってきます。
 「このタイトルは、自信満々で“JUJUです!”って言ってるわけじゃないんですよ。1stのときは“崖っぷちの人生だけど、頑張ってればアルバムが出せたりする。人生おもしろいな”ってことで『Wonderful Life』。2ndのときは愛のことを考える余裕もできて『What's Love?』。今回はさらに1年経って、自分自身のことを考えることがちょっとできたんですよね。“いまの私ってこんな感じかな”っていうものをまとめたから『JUJU』なんです。これ以上でもこれ以下でもない、これがいまの私ですって。あ、あとね、『JUJU』ってタイトルは2010年じゃないと付けられないと思ったんですよ。今年の10月10日は10が3つも並ぶし。これは強く書いておいてください!」
――わかりました(笑)。でも、歌への気持ちはどんどん強くなってるんじゃないですか?
 「そうですねえ。……もし歌うたってなかったら死んでるなって思うんですよ。たとえばひどい失恋をして、“だめだ、崩壊する”って思っても、泣き終わったら“よし、これを歌にしよう”って思える。つらいことも、“これで歌に深みが出るかも”って思えば、前に進みやすいんですよね。あとね、いつどんなときも歌ってるんですよ、私。気がつけば鼻歌を歌ってたり。だから、やっぱり歌が好きなんだと思います」
取材・文/森 朋之(2010年2月)



<JUJU Live Tour 2010>
料金:全公演 税込6,000円(全席指定)
企画 / 制作:SONY MUSIC ASSOCIATED RECORDS
●日時:5月13日(木)
●会場:札幌・Zepp Sapporo
●時間:開場18:30 / 開演19:00 ※ドリンク代別途500円 
●主催:FM NORTH WAVE/マウントアライブ     
●一般発売日:4月11日(日) 
※問い合わせ:マウントアライブ [Tel]011-211-5600

●日時:5月15日(土)
●会場:仙台 Zepp Sendai
●時間:開場18:00 / 開演18:30 ※ドリンク代別途500円  
●主催:キョードー東北     
●一般発売日:4月17日(土) 
※問い合わせ:キョードー東北 [Tel]022-217-7788

●日時:5月20日(木)
●会場:松山・松山市総合コミュニティセンター・キャメリアホール
●時間:開場18:30 / 開演19:00 
●主催:eat愛媛朝日テレビ
●一般発売日:4月3日(土) 
※問い合わせ:デューク松山 [Tel]089-947-3535 

●日時:5月21日(金)
●会場:岡山・倉敷市芸文館
●時間:開場18:30 / 開演19:00
●主催:FM岡山 後援:OHK岡山放送
●一般発売日:4月10日(土) 
※問い合わせ:岡山 [Tel]086-231-3531

●日時:5月23日(日)
●会場:福岡・国際会議場メインホール
●時間:開場16:30 / 開演17:00
●主催:九州朝日放送
●一般発売日:4月10日(土) 
※問い合わせ:キョードー西日本 [Tel]092-714-0159

●日時:5月24日(月)
●会場:鹿児島・宝山ホール(鹿児島県文化センター)
●時間:開場18:30 / 開演19:00
●主催:鹿児島読売テレビ 後援:FM鹿児島
●一般発売日:4月4日(日) 
※問い合わせ:K&Mコーポレーション [Tel]099-223-7710

●日時:5月29日(土)
●会場:新潟・新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ・劇場  
●時間:開場18:00 / 開演18:30
●主催:NST新潟総合テレビ 後援:FM-NIIGATA
●一般発売日:4月11日(日)
※問い合わせ:キョードー北陸チケットセンター [Tel]025-245-5100  

●日時:5月30日(日)
●会場:群馬・ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール
●時間:開場17:00 / 開演17:30
●主催:FM群馬/桐生音協       
●一般発売日:4月17日(土) 
※問い合わせ:桐生音協 [Tel]0277-53-3133

●日時:6月4日(金)
●会場:名古屋・愛知県芸術劇場大ホール 
●時間:開場18:00 / 開演19:00
●主催:ZIP-FM/サンデ−フォークプロモーション
一般発売日:4月10日(土)
※問い合わせ:サンデーフォークプロモーション [Tel]052-320-9100

●日時:6月6日(日)
●会場:大阪・グランキューブ大阪 メインホール
●時間:開場17:00 / 開演18:00
●主催:YUMEBANCHI 後援:FM802
●一般発売日:4月17日(土) 
※問い合わせ:夢番地大阪 [Tel]06-6341-3525 

●日時:6月10日(木)、11日(金)
●会場:東京・JCBホール
●時間:開場18:00 / 開演19:00 ※ドリンク代別途500円  
●主催:クリエイティブマン
●一般発売日:4月17日(土) 
※問い合わせ:クリエイティブマン [Tel]03-3462-6969
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015