デビュー20周年! 筋肉少女帯がベスト・アルバム第2弾『大公式2』を発表!

筋肉少女帯   2008/03/18掲載
はてなブックマークに追加
デビュー20周年! 筋肉少女帯がベスト・アルバム第2弾『大公式2』を発表!
 約10年ぶりとなる新作、オリジナル・アルバム『新人』とシングル「仲直りのテーマ」を同時に発表するなど、まさかの復活以降、多くのトピックで注目を集める筋肉少女帯。そんな彼らがベスト・アルバム第2弾『大公式2』を3月19日に発表する。新録セルフ・カヴァー「福耳の子供’08」、完全未発表曲「タイトロープ」、スペシャル・バンド“まんが道”の「ボヨヨンロック」をはじめ、前作には入りきらなかった“マニアック”な名曲も盛り込まれた全17曲、メジャー・デビュー20周年という節目にふさわしいその内容について大槻ケンヂ(vo)に語ってもらった。



 2006年、8年ぶりに活動を再開、圧倒的な独創性を備えた音楽観――ハードロック、ヘヴィ・メタルを軸にしたスキルフルなバンド・アンサンブル、大槻ケンヂによる業の深い歌詞世界――をシーンに提示した筋肉少女帯が、ベスト・アルバム第2弾『大公式2』を発表。“まんが道”名義でリリースしたヒット曲「ボヨヨンロック」、「ワン・ツアーでしかライヴでやってない」というコアな名曲「スラッシュ禅問答」などを収録した本作は、このバンドのディープな魅力を伝えている。

 「『大公式』は2枚組だったんですけど、それでも収まり切らなかったんですよね。選曲に関してもいろいろ考えたんですけど、今回はよりマニアックで、カルトな出来になってます。もちろん、こっちを入門編にしてもらってもぜんぜんかまわないですけど」


 まず注目すべきは、「20年ぶりにレコーディングした」というセルフ・カヴァー「福耳の子供’08」。もともと演奏能力の高さを誇っていた彼らではあるが、この曲における高度なアレンジメントには本気で驚かされる。

 「オケが出来たとき、“TOTOかよ!”って言いましたからね(笑) だってこの間奏なんか、フュージョンじゃないですか。再結成してみたら楽器陣がさらに上手くなってて、歌も追いつかなきゃと燃えた(笑)」


 また、大槻の歌詞における深い精神性にも、瞠目すべきものがある。たとえば「タチムカウ〜狂い咲く人間の証明〜」における“どんなに弱い立場だったとしても、死ぬ気で抵抗するんだ”というメッセージは、ニート、ひきこもりといった言葉で括られてしまっている人たちに強い希望となって届くはずだ。

 「昔から、ひきこもり層、ニート層のハートをガツッと掴んではいたと思うんですけど、いまもメイン・ターゲットですかね(笑) 僕自身もそうだったんですよ。プライドは高いんだけど、表現する手段を暗中模索してる時期があったので。でも、<タチムカウ>とかには、特にそういう部分があるかもね」





 活動再開から1年。すっかり軌道に乗ったように見える筋肉少女帯だが、大槻は「言い方が難しいんだけど」と前置きしつつ、「危うい感じではあるんですよね、やっぱり」と言う。

 「メンバー全員に音楽的な蓄えもあるし、筋肉少女帯をやってなくても、ミュージシャンとしてやっていけるんですよね。だからこそ、“じゃあ、なぜ、筋少でやる必要があるか”っていう問いかけが必要なんですよ。存在理由やモチベーションを見つけていかないと、大人のロック・バンドは維持できないというか……。で、“いまはどうなのか?” っていえば、9月21日の14年ぶりの日本武道館なんですよ。今年でデビュー20年なんですけど、いろんなことがあって、仲違いして、別れ別れになって、8年の歳月を経て仲直りして、また一緒にバンドをやって。誰が見ても波乱万丈、ドラマティックじゃないですか。そのドラマ性こそが筋肉少女帯そのものだと思うし、武道館ではそれを集約したものを見せたいんですよね」



取材・文/森 朋之(2008年3月)



■『大公式2』収録の「福耳の子供'08」(新録)が
関西テレビ『未確認思考物隊』エンディング・テーマに決定!

・関西テレビ『未確認思考物隊』
・毎週月曜 深夜24:35分〜25:05 放送

■ライヴ・ツアー“大公式新人大公式2ツアー”
【会場】 LIQUIDROOM
【日時】 3/29(土)
【開場/開演】 OPEN / START 17:00 / 18:00
【チケット】 ALL STANDING ¥6,000(税込/ドリンク代別)
※未就学児童入場不可
※問合せ先 ホットスタッフ 03-5720-9999

【会場】 Shibuya O-EAST
【日時】 4/5(土)6(日)
【開場/開演】 OPEN / START 17:00 / 18:00
【チケット】 ALL STANDING ¥6,000(税込/ドリンク代別)
※未就学児童入場不可
※問合せ先 ホットスタッフ 03-5720-9999

【会場】 大阪BIG CAT
【日時】 4/15(火)
【開場/開演】 START 18:00 / 19:00
【チケット】 ALL STANDING ¥6,000(税込/ドリンク代別)
※未就学児童入場不可
※問合せ先 清水温泉 06-6357-3666

【会場】 名古屋CLUB QUATTRO
【日時】 4/18(金)
【開場/開演】 OPEN / START 18:00 / 19:00
【チケット】 ALL STANDING ¥6,000(税込/ドリンク代別)
※未就学児童入場不可
※問合せ先 ジェイルハウス 052-936-6041

■デビュー20周年記念公演「サーカス団、武道館へ帰る」
【会場】 日本武道館
【日時】 9/21(日)
【開場/開演】 OPEN / START 17:00 / 18:00
【チケット】 全席指定¥7,350(税込)
※未就学児童入場不可
※問合せ先 HOT STUFF 03-5720-9999
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015