“変わりゆく者のうたを歌う”――YoLeYoLeの児玉奈央が満を持してソロ・デビュー

児玉奈央   2009/03/05掲載
はてなブックマークに追加
 湘南を拠点に活動し、絶大な人気を誇るアコースティック・ギターとマンドリンからなるユニットのYoLeYoLe。そのヴォーカリストでもある児玉奈央がアルバム『MAKER』でソロ・デビュー! グループでは表現できなかった秘められた音楽世界が鮮やかに描かれた本作、ヴォーカリストとしてのポテンシャルの高さも窺える一枚だ。本作について彼女に話を訊いた。



 児玉奈央は変わりゆく者のうたを歌う。そのキャリアそのものが変化の旅でもある彼女は現SAKEROCK星野源とのユニット、Polypでの作品デビューを皮切りに、ジャム・バンド、MAJESTIC CIRCUSにヴォーカリストとして参加し、極彩色のジャム・バンド・シーンの扉の先へと飛び込んでいった。
 「もともと、グレイトフル・デッドが好きだったんですけど、10代の終わりくらいに“日本にデッドの曲をやってるバンドがあるよ”ってことでBIG FROGのライヴに連れて行ってもらったのをきっかけに、そういうカルチャーに惹かれていったんですけど、自分でも音楽をやりたかったから、やるとなったら、そういうシーンに身を置くのは自然なことでしたね」


 その後、アコースティック・ギター/マンドリン・トリオ、YoLeYoLeに参加した彼女は移住した湘南を拠点に全国の野外フェスやカフェ、バーなどでライヴを行なう一方、アルバム『ひかり』『KaNeYoLe』などを発表してきた。
 「でも、活動を続けていくうちに、“海”とか“自然”とか“子供”がテーマになっていたYoLeYoLeっていうフィルターを通して表現していたものが、それだけでは収まらなくなってきた。フィルターを通さない自分の歌が出来てきたんです」

 その響きに覚醒感のあるギターがレイヤー状に重ねられている曲「MAKER」で幕を開ける彼女の初ソロ・アルバム『MAKER』は音数を最小限に絞り込みながら、さり気なく手を加えた歌が伸び伸びと羽を広げている。ギターを抑制し、リズム隊が曲を引っ張っていく「さわりたい」とヴィブラフォンをフィーチャーしたジャジーなアシッド・フォーク・ナンバー「チャンドラ」のアレンジをCARAVAN細野晴臣のライヴや作品でお馴染みのベーシスト、伊賀航率いるlakeが担当し、レゲエのリズムを崩した「名前なんて」、スティーヴ・ライヒの影響がにじむ「サンシャイン」をグッドラックヘイワのキーボーディストである野村卓史が担当。さらには録り音を活かすZAKとさり気なく音を加工するパードン木村、デッドな鳴りの横浜はガンボスタジオの川瀬真司という3人のエンジニアを適材適所で使い分けた結果、彼女の秘められた音楽世界が全9曲を通じて色鮮やかに描かれている。
 「大好きなダニエル・ラノワの〈THE MAKER〉(アルバム『Acadie』収録)の曲を聴いている時に“変わり者だと 言われてもいいよ”っていう一節が思い浮かんだので、その曲の日本語版を作りたいっていうことでアルバム・タイトル曲〈MAKER〉が生まれたんです。そのタイトルから私がイメージするのは、ものを生み出す人ってどんどん変化をするし、変化することで非難を浴びたり、変な目で見られたりもすることもあったりすると思うんです。でも、そういうことを恐れないで変わっていこう、と。ものを生み出すのは何も音楽だけじゃなく、例えば、子供を産むことだったり、日々の生活にあることだと思うんですけど、私はそういうすべての人に向かって歌っているんです」



取材・文/小野田 雄(2009年2月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015