【KOOP interview】サンプリングを駆使したポップ・ソング集――15年の軌跡が詰まったKOOPのベスト・アルバム

KOOP   2010/03/02掲載
はてなブックマークに追加
 KOOPはスウェーデンをベースとする、とっても洒脱なジャジィ・ポップのユニット。ジャズの知識が活きた多彩なサンプル音をモザイクのように重ねたクールなサウンドに、しっとりしていたり儚気だったりするゲスト・シンガーを曲種にあわせて乗せる……。そんなふうに説明できそうな表現とともに95年にデビューして以降、ジャイルス・ピーターソンらとも親交を持ちながら、インターナショナルな活動を展開してきている。その構成員は、DJのマグナス・ジングマークと楽理にも強いピアニストのオスカー・シモンソン。彼らは15年にもわたるキャリアを括ったベスト盤『best of KOOP“Coup de grace 1997-2007”』を組んだばかり。シモンソンにKOOP表現の秘密についていろいろと聞いてみた。
――マグナスとあなたは、どんなきっかけで知り合ったのでしょう?
オスカー・シモンソン(以下、同) 「僕はジャズにすごく興味を持っていたんだ。そして、18歳になると学生パブに行けるようになってね、毎週水曜日にすごくいい音楽をやっていたんだけど、そこのDJの一人がマグナスだったんだよ。当時、僕は16歳の時に結成したジャズ・バンドをやっていたんだけど、彼と知り合ってから間もなくして一緒に音楽を作ることにしたんだ」
――あなた方の音楽は、サンプリングを駆使しているにもかかわらず、いかにも生演奏に聴こえるところがすごいですよね。
 「そこがポイントだったんだ。ほかのみんながサンプリングを使った、ループを基にした反復性を持つ音楽をやっていたのに対して、僕たちはサンプリングを1種類じゃなくて50種類も使って、いろんなブリッジやサビを入れて曲に仕上げた。サンプリングを使ってポップ・ソングを作ったんだよ」
――ベスト盤『best of KOOP“Coup de grace 1997-2007”』を出しましたが、この時期になぜ組もうと思ったのですか? どういう基準で選曲をしたのでしょう?
 「僕たちの何たるかを一枚のアルバムで説明する必要があると思ったんだ。最近は、1曲単位でしか聴かない人もいれば、アルバムを丸々聴く人もいれば、4曲だけダウンロードする人もいるから、僕たちがどういったことをやっているかをちゃんと説明したかったんだよ。そのために、僕たちにとって最も重要な曲を選んだんだ」
――あなたたちは、いろんなシンガーに歌ってもらっていますが、シンガーを起用する際の着眼点はどんなものでしょう?
 「まず曲を書いてから、それを歌うのに一番ふさわしい人を選ぶ。KOOPらしさというものがあって、それを歌にもあてはめるんだ。スウェーデンっぽい感じに歌ってほしいんだよね。基本的に声には4種類あってね、男性のダークな声、男性のブライトな声、女性のダークな声、そして女性のブライトな声。曲に必要なのは、この4種類なんだよ」
――テクノロジーの進歩とともに機材も変わってきていますが、それがあなた方の曲作りやレコーディングに影響を及ぼしていますか?
 「もちろん。そしてそれは、僕たちのアルバムを聴けばよく分かる。1stアルバム『サンズ・オブ・クープ』には13年前のテクノロジーが詰まっていて、今のテクノロジーとは違うことが分かるはずさ。今なら、もっと複雑な曲を作ることができる。自由度が増したんで、もっとピュアな曲作りができるようになったんだ。僕たちの曲作りは、エレクトロニックではなく、どんどんオーガニックになってきているんだ」
――一方では、KOOPの核にあるものとして、まったく変わらないものもあると思います。それはどういうものでしょう?
 「僕たちにはルールがいくつかあって、それは決して変わらない。まず、ギターはなし。これが一番のルールだね。あと、エレクトリック・ベースもなし。それから、ヴォーカルには不必要なこぶしを入れない。歌うからには、メロディをちゃんと歌わないといけないんだ」
――あなたたちはドイツのジャザノヴァやイタリアのニコラ・コンテ、日本のKYOTO JAZZ MASSIVEなどとも懇意にしているそうですが、音楽性にも通じる部分を感じていますか?
 「もちろん、彼らとは同じような音楽からインスピレーションを得ているんだろうけど、僕らの音楽は彼らの音楽とは違うと思う。今、君が挙げたアーティストはどれも、ハウス・ミュージックの人たちだ。KOOPはもっとポップ寄り。僕たちが作っているのは、3分間のポップ・ソングだもの」
――お二人は、KOOP以外にサイド・プロジェクトをしているんでしょうか?
 「これまで一度もなかったし、これからも決してないだろうね。19歳からずっとKOOP一筋さ」
――KOOPのサウンドを、あなたはなんと表現しますか?
 「Technologic pop music dressed in jazz!(ジャズの衣を着る、テクノロジーを経たポップ・ミュージック!)」
取材・文/佐藤英輔(2010年2月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015