【KTタンストール interview】エレクトロニックとオーガニックなサウンドが絶妙にブレンド――ジム・アビスを制作に迎えたKTタンストールの3作目

KTタンストール   2010/09/21掲載
はてなブックマークに追加
【KTタンストール interview】エレクトロニックとオーガニックなサウンドが絶妙にブレンド――ジム・アビスを制作に迎えたKTタンストールの3作目
 ストリート上でループペダルを使って一人多重演奏をしたかと思うと、バック・バンドを率いて女性ロッカーという名にふさわしいワイルドなライヴを行なう、KTタンストール。大ヒット映画『プラダを着た悪魔』に「サドゥンリー・アイ・シー」が使われたことで一躍有名になったが、その後、トラヴィススザンヌ・ヴェガのアルバムに参加するなどして活動の場を広げてきた。今回、グリーンランドやニュージーランドなどでの貴重なライヴ体験を経て、3枚目のアルバム『タイガー・スーツ』を発表した。
――最新アルバム『タイガー・スーツ』は、エレクトロニックとオーガニックなサウンドが絶妙にブレンドされた、奥行きのある音質が印象的です。プロデューサーにジム・アビスを迎えた理由を教えてください?
KTタンストール(以下、同)「レーベル・マネジャーからの提案なの。ジムは、今までアークティック・モンキーズカサビアンアデルUNKLEを手掛けた実績があるけど、まったく自分の名を売ろうとしないところが素敵だと思った。私は今までレコーディングをライヴでやったことがなかったんだけど、今回、彼の提案でライヴ・レコーディングをすることになったの。ドラマー二人、そしてギタリストやベーシストと一緒にレコーディングに臨んで、ヴォーカルの部分も含め、今までよりもさらに感情を込めることができたんじゃないかと思っているわ」
――リンダ・ぺリーとも作業していますね?
 「これも、レーベル・マネジャーからの提案。最初、私のサウンドはリンダが手掛けてきたP!NKクリスティーナ・アギレラとは違うし、あまり乗り気じゃなかったんだけど(笑)、そういったアーティストを手掛けているからといって、同様の音しか作れないと思うことは非常に偏狭な考えだと気づいたの。リンダは私と同じようにレッド・ツェッペリンの大ファンだし、今ではとても仲のいい友だちでありながら、よき先輩でもある。的確なアドバイスをくれるし、素晴らしいシンガー・ソングライターだし、とても尊敬しているわ」


――アフリカ民族音楽風のコーラスの要素を含む「ウマナック・ソング」が印象的です。この曲を1曲目にした理由は?
 「私にとって、とても大切な曲なの。グリーンランドで“ケープ・フェアウェル”という(気候変動への対応を促がす)チャリティ・プロジェクトに、ジャーヴィス・コッカーファイスト坂本龍一といったアーティストや、彫刻家や研究者たちと参加したの。その時に、自分の力量や、今後どうすべきかを理解し、この曲が完成した。アルバム用に最初に書き上げた曲でもあり、氷山に囲まれた北極海に浮かぶ船のデッキ上で、ライフベストを叩きながら作ったの。私のトライバルな雄叫びも収録されているんだけど、今まで囚われていた商業的な枠から抜け出すきっかけとなった曲なのよ」
――「ゴールデン・フレームス」では、“流浪のブルースマン”と呼ばれるシーシック・スティーヴと共演していますね?


 「彼は素晴らしいギタリストだと思う。始まりは彼のアルバムでのコラボレーションだったんだけど、すごく仲よくなって。彼はグレッチ・ギターの3本の弦だけで雰囲気たっぷりのブルース風の音を奏でていた。私も彼に影響されてグレッチを買い、弦を4本取り除き2本だけで演奏し始めたんだけど、途中で彼のギターに描かれていた絵を思い出してストーリーを描き始めたの。そしてシーシックの太い、素晴らしい声がこの曲のコーラスにピッタリだと思ったし、彼のギターがすべての始まりだったから、彼に歌ってもらったのよ」
――今回のアルバムで、作曲でもレコーディングでも一番チャレンジしたのはどの曲ですか?


 「そういう意味では〈ディフィカルティー〉かな。今までは〈サドゥンリー・アイ・シー〉のような、メロディとコーラスがある歌いやすい典型的なポップ・ソングを作ってきたけど、ジムと一緒にやることによって、より実験的で、美しい音風景を描き出す曲を作れるようになった。今まではジャズっぽい音だなと思えばジャズっぽい曲として仕上げていたけど、今回のアルバムでは特定のスタイルに囚われず、自分が作りたい音を作るようにした。今回は曲がどう聞こえるかによって個々の場所を想起させたかった。それぞれの曲にまったく新しい世界を与えたかったから。それが一番上手くできているのが〈ディフィカルティー〉だと思う。今までとはまったく違うサウンドに仕上がったから、すごく誇りに思っているのよ」
――ありがとうございました。またぜひ、日本でもライヴをやってくださいね。
 「ベーシストのRej Ap Gwyneddと元アッシュのギタリスト、シャーロット・ハザレイがバンドのメンバーとして加わったから、バンドの新しいサウンドもみんなに聴いてほしいと思っているの。楽しみにしててね!」
取材・文/伊藤なつみ(2010年8月)



『タイガー・スーツ』発売記念タンブラーをプレゼント!

鮮烈なデビュー以来、数々の音楽賞を獲得しながら独自のサウンドを追求してきた女性ロッカー、KTタンストール。プロデューサーにジム・アビス(アークティック・モンキーズ、カサビアンほか)を起用し、ゲストにロビン・ヒッチコックやシーシック・スティーヴらを迎えた最新アルバム『タイガー・スーツ』の発売を記念し、特製タンブラーをCDJournal.com読者3名様にプレゼントします。当サイトのプレゼント・ページより奮ってご応募ください!
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015