“孤高のダーク・ミューズ”、AKANE LIVを擁するシンフォニック・メタル・プロジェクト“LIV MOON”の2ndアルバムが完成

LIV MOON   2011/03/18掲載
はてなブックマークに追加
 宝塚歌劇団の雪組で“神月 茜”として男役で活躍。退団後、シェイクスピアと声楽を学ぶために渡英、2009年にシンフォニック・メタル・プロジェクト“LIV MOON”を立ち上げて メジャー・デビュー。一見、異色のキャリアにも感じられるが、2ndアルバム『GOLDEN MOON』を聴けば、その音楽性がきわめて高い必然性によって成立していることがわかるはずだ。正統派へヴィメタルを基調としながら、オペラ、クラシックの素養を十分に発揮しつつ、シアトリカルな要素も取り入れる。そう、LIV MOONの世界観はそのまま、AKANE LIV本人の軌跡と才能にしっかり重なっているのだ。


――まず、LIV MOON立ち上げの経緯を教えてもらえますか?
 AKANE LIV(以下、同) 「プロデューサーの西脇(辰弥)さんの楽曲をいくつか歌わせてもらったとき、いちばん自分の声質を生かせたのが、こういうジャンルの曲だったんです。もともとメタルに詳しかったわけではないですけど、イギリスにいたときにナイトウィッシュ(女性ヴォーカリストを擁するフィンランドのシンフォニック・メタル・バンド)が歌う“オペラ座の怪人”を聴いて、“こういう強い歌い方もあるんだ”って興味を持っていたし。あとはシアトルカルな表現を含む音楽だから、宝塚での経験も生かせると思ったんですよね」
――なるほど、すごく自然な流れですね。
 「はい、そう思います。“メタル畑はどうですか?”って聞かれることがあるんですけど、ライヴのときに“LIV!”って声をかけてもらえるのも新鮮だし、すごく肌に合ってますね。最初はわからない用語とかもあったんですけどね(笑)」
――速弾きのギター・ソロ、ハイトーンのシャウトなど、メタルの様式美といわれる部分についてはどうですか?
 「すごく面白いですね。ヴォーカルに関しても、自分の持ってるものをすごく生かせるんですよ。宝塚では男役だったから、低音を使うことが多かったんです。高音で歌えないフラストレーションは家で声を張り上げることで解消してたんですけど(笑)、LIV MOONではそういう部分も出せるし。1stアルバム(『DOUBLE MOON』)のときは“どういうのがメタルっぽいんだろう?”って探ってたところもあったし、いろんな声質を試してみたんです。今回は自分本来の声を中心にしながら、他の声質はエッセンスとして使ってる感じですね」
――音楽的な方向性については?
 「まず、メタル・サウンドをさらに強調しようと思ってたんです。高速のナンバーも増えているし、大村(孝佳)さんの超絶技巧によるギター・ソロもすごいし。同時にLIV MOONならではのシアトリカルな部分も表現してますね。それがいちばん出ているのが“バレリーナ・シンフォニー”。オペラ・ロックの要素もあるし、“ライヴでは踊りを組み込みたい”と思って、間奏を長くしてもらったり。あとはバッハリストなど、クラシックをモチーフにした楽曲もあります」




――“孤高のダーク・ミューズ、誕生”をテーマにしたストーリー性も印象的でした。ご自身もいくつか歌詞を書いてますね。
 「3曲書かせてもらいました。<命の森>では、去年の10月にスウェーデンに行ったときのことが反映されてますね。小学校2年までスウェーデンで育ったこともあって、すごくいろんなことを感じたんです。雪だったり、森だったり」
――北欧って、シンフォニック・メタルがすごく浸透してる土地だし。
 「そうなんですよ。スウェーデンって本当に静かだし、アミューズメントも少ない。へヴィな音楽を聴きたくなるのも、すごくわかります」
――「NOT GAME!」のような、激しくてセクシーな世界観もカッコいいですね。
 「曲を聴いた瞬間、すぐにイメージが沸いてきたんですよ。男女のドロドロした感じというか、こういうものも私のなかに渦巻いているので(笑)。それぞれの楽曲に物語があるし、そのうち、LIV MOONの楽曲だけでゴシック・ミュージカルができるかも。いろんなキャラクターを演じるのも楽しいんですよね。普段は恥ずかしがりなんですけど、音楽の世界が誘ってくれるというか」
――ライヴのスタイルを含め、大きな可能性を持ったプロジェクトですよね、ホントに。
 「メタル・ファンの方たちにも満足してもらえると思うし、女性の方にも楽しんでもらえるんじゃないかなって。世界にもどんどん出て行きたいし、やりたいことはホントにたくさんありますね」
取材・文/森 朋之(2011年2月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015