【メイク・ザ・ガール・ダンス】世界中の女子を躍らせたい! ―PV数1,000万回超のミュージック・ビデオで脚光を浴びる話題の仏エレクトロ・デュオが初来日!

Make The Girl Dance   2012/06/21掲載
はてなブックマークに追加
【メイク・ザ・ガール・ダンス】世界中の女子を躍らせたい! ―PV数1,000万回超のミュージック・ビデオで脚光を浴びる話題の仏エレクトロ・デュオが初来日!
 裸の女性がパリの街を練り歩く「ベイビー・ベイビー・ベイビー」のミュージック・ビデオが瞬く間に1,000万ヴューを叩き出し、気鋭のフレンチ・エレクトロ・デュオとして脚光を浴びたメイク・ザ・ガール・ダンス(MAKE THE GIRL DANCE)。昨年10月に送り出したデビュー・アルバム『エヴリシング・イズ・ゴナ・ビー・オーケー・イン・ジ・エンド』は、そんな彼らの実力が本物であることを証明していたと言えるだろう。ノイズが荒れ狂うエレクトロから洒脱なポップ・ソングまでを網羅した同作には、ダフト・パンクジャスティスフェニックスから受け継いだ、現代フランス音楽の良質なエッセンスが宿っている。先日行なわれたビッグビーチ・フェスティヴァルで初来日した彼らに、そのアルバムや音楽的ルーツなどについて、ユーモアたっぷり(過ぎるくらい?)に語ってもらった。
左:グレッグ・コーゾ 右:ピエール・マチュー
「ベイビー・ベイビー・ベイビー」
――このユニット結成前は、それぞれどんな活動をしていたのですか?
 ピエール・マチュー「僕はTVの司会者。こいつはインターネットのエロサイトで女のフリをしていやらしいチャットをしてたんだ(笑)」
 グレッグ・コーゾ「もう10年前の話だよ!(笑)。僕はフランスの有名なデパートで音楽監督をしてたんだ」
 ピエール「あと僕は、バイトみたいな感じで小さなクラブでDJもやってた。ロック系のDJさ。で、5年くらい前にクラブに出た時、MIDIコントローラーを持った変な奴が次の出番を待ってるなと思ったら、それがグレッグだった(笑)。僕らは意気投合して一緒に音楽を作ることになって、僕がやってたロックと彼がやってたエレクトロをミックスしてみることにしたんだよ。ちなみに、一緒に作業しながら僕はずっとグレッグが体を許してくれるのを待ってたんだけど、2、3年経っても駄目だったから、じゃあ音楽だけの関係にしようって決めて現在に至るわけ(笑)」
――はい(笑)。二人で音楽を作るにあたって、ロール・モデルはいましたか?
 グレッグ「僕はエティエンヌ・ドゥ・クレシーだね。常に彼を目指しているよ」
 ピエール「僕はストロークスフランツ・フェルディナンドAC/DC、それにダフト・パンク、ジャスティスが好き。フランスでエレクトロニック・ミュージックをやってる人間にとって、ダフト・パンクのファースト・アルバム(『ホームワーク』)は革命的だったよ。実際、僕らのソフトな部分はフェニックスやエール、ハードな部分はダフト・パンクやジャスティスから受け継いでると思う」
――「ベイビー・ベイビー・ベイビー」のPVが数週間で1,000万ヴューを達成し、一躍あなた達の名を世に知らしめましたが、そうなることは自分達ではどの程度予想出来ていましたか?
 ピエール「全然予想出来てなかったよ! 裸の女の子を街で歩かせたら話題になるのは当たり前だってよく言われるけど、そんなことはない。ネットにはもっと過激な映像がいっぱいあるんだからね。とにかく、あのPVを公開したら一晩で一万回も再生された。それで取材は来るわ、TVは来るわ、一気に生活が変わったんだ」
「チキ・チキ・チキ feat.Little Barrie」
「ブロークン・トイ・ボーイ feat.Lisa Li Lund」
――あの曲をはじめ、初期シングルは激しいダンス・トラックがメインでしたが、アルバムは“ソフト”“ポップ”“ハード”という三部構成で、静かな歌モノから徐々に盛り上がっていく内容です。
 ピエール「そう、最初はキス、真中は前戯、最後はハードコア・セックス。そして、その後は大変なことになる(笑)」
――ハハハ!(笑)
 ピエール「曲作りの段階では、その時の気分に合わせて作っただけなんだ。でも、出来た曲を並べてみたら、3つのスタイルに分けられるって気付いてね。考えてみれば、一日中ハードな音楽を聴いてる人なんていないよね? 起きてすぐプロディジーを聴く人なんてそんなにいない。だから、朝、昼、晩と一日を一緒に過ごせるようなアルバムにしたかったんだ。そのへんのバランスは考えたよ。見かけによらず、整理整頓が上手いんだ」
――リトル・バーリーをはじめ、ゲストも多数参加していますが、彼らを選んだ基準は何ですか?
 ピエール「気の合った仲間とアルバムを作るのが大事だった。有名なゲストを呼んでも、気を使って何も言えなかったら意味がないから」
――じゃあ、今後も友だちと作品を作り続ける?
 ピエール「いや、僕たちは売れたから、そういう時代は終わった(笑)。これからはどんどんビッグな人とコラボしていきたいね。“またカニエ・ウェストが電話してきたよ〜”とか言いながら(笑)。大物でもちゃんと僕たちのことを理解してくれるんだったらウェルカムさ」
――では最後に、あなた達の最大の野望を教えてください。
 グレッグ「これまで僕らは、クラブっていうニッチな世界を熱狂的に盛り上げてきた。今後もそういう尖ったシーンで活動を続けながらも、コーチェラのヘッドライナーとかも出来るようになりたいね!」
 ピエール「で、簡単に女の子をゲットして、妻とも円満に離婚して、たくさんの女の子からモテモテになると嬉しいな(笑)」
取材・文/小林祥晴(2012年5月25日)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ロイ-RöE-が描く『ストロベリーナイト・サーガ』の世界[インタビュー] “まるで13本立てのカルト映画祭”ROLLYが新曲入りセルフカヴァー・アルバム『ROLLY
[インタビュー] クールス対談 ジェームス藤木×近田春夫[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』
[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く[インタビュー] 自然に感じたまま表現すればいい――荘村清志、デビュー50周年の集大成『シャコンヌ』
[インタビュー] 活動11年目のTSUKEMENが“いい大人”へのスタートとなる新作『時を超える絆』をリリース[インタビュー] 世にも美しい“切れ目の戯言”――ATOSONE(RC SLUM / Boutique Strange Motel)
[インタビュー] ローカルな個性とグローバルな普遍性 FOUR HORSEMEN『FOUR HEAVENLY KINGS』[インタビュー] リストのあらゆる側面を伝えたい――金子三勇士『リスト・リサイタル』
[インタビュー] 追い求めていくことと打ち砕かれてしまうこと ドキュメンタリー映画「STANDARD」[インタビュー] 音で聴く回想録 KERA『LANDSCAPE』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015