【マーサ・ウェインライト】プロデュースは本田ゆか!母の死と子供の誕生を経験して生まれた転機作『Come Home To Mama』

マーサ・ウェインライト   2012/10/16掲載
はてなブックマークに追加
【マーサ・ウェインライト】プロデュースは本田ゆか!母の死と子供の誕生を経験して生まれた転機作『Come Home To Mama』
 シンガー・ソングライター界の名門一家マッガリグル/ウェインライト家の一員、ルーファスの妹マーサ・ウェインライト(Martha Wainwright)がニュー・アルバム『Come Home To Mama』を発表した。2009年の前作『エディット・ピアフ・レコード』が表題通りにシャンソンの名歌手の曲を歌った内容だったので、自作曲集としては2008年の『アイ・ノウ・ユア・マリード・バット・アイヴ・ゴット・フィーリングス・トゥ』以来4年ぶりとなるが、その間に彼女の人生には劇的な出来事がいくつもあった。もともと赤裸々な感情表現で知られるマーサだから、当然それらを反映した私的な作品だが、その一方で元チボ・マット本田ゆかをプロデューサーに迎え、ショーン・レノンのスタジオで制作と、サウンドの変化を求めたアルバムともなっている。




――この4年間は息子さんの誕生と母親のケイト(ケイト&アンナ・マッガリグル)の死を体験して、感情のローラーコースターのような月日だったと思います。それらの感情を消化してソングライティングに注ぎ込むまでに、どのくらいの期間が必要でしたか?
 「前作から時間が経っていたので、新しいレコードを作りたいのはわかっていた。でも、最初はギターを手にすることもできなかったわ。自分の口から出てくる言葉があまりに悲しいものだったから。でも、数ヵ月後には再び曲を書き始められた。ほんとうににたくさんのことが起こったから、それらを曲に注ぎ込ませたの。たくさんの悲しみがあったけど、怒りや憤りもあった。それにユーモアや優しさも。母の死から数ヵ月経って、最初に書き出した曲が〈All Your Clothes〉だった。というのは、これは彼女がもうこの世におらず、その存在なしでどうやって生きていくかについてのレコードだから。でも、アルバムのトーンを決めたのは、彼女の曲〈Proserpina(プロセルピナ)〉だと思う」
――制作に取りかかる前に、どんなアルバムを作るかという明確な考えはありました?
 「女性アーティストと一緒にやりたかったの。女性のプロデューサーはとても少ないから、想像するのはむずかしかったけど、夫のブラッドがゆかを薦めてくれた! 完璧なアイディアだったわ。というのも、もう少しエレクトロニクスを使って音を重ねたレコードを作りたいとも望んでいたから」




――彼女のことは以前から良く知っていたんですか? 彼女との共同作業はどうでした?
 「ゆかとは長年の知り合いで、音楽における親族の一員みたいなものよ。ショーンとゆかは15年間私たちの人生にいる。ずっとお互いのファンだったの。彼女と一緒に働くのは素晴らしい体験だったわ。女性がプロデューサーであることが違いを作ったと思う。私はとても快適だったし、楽な気持ちにさせてくれた。それはたぶん彼女が日本人だからかも。彼女はとても親切で助けになってくれる。彼女の態度とショーンとゆかのホーム・スタジオでのしきたりを楽しんだ。彼女はいつもとても美味しい緑茶を入れてくれたし、とても美味しい食事をしたわ。私は食べることが好きだから、幸せな気分にさせられたの」
――「Proserpina」はケイトが生前に書いた最後の曲だそうですね。
 「曲中の物語は、死と再生を含む季節と時間の経過の物語なの。これは明らかに母が自分の人生の最期が近いことについて考えていた特別な曲ね。プロセルピナとはローマ神話の女神で、ギリシア神話のペルセポネーにあたる。それは母と娘の物語でもあり、私にとっては心を激しく動かされるものね。ある意味では、母が私のためにその曲を書いたと感じるの。本当かどうかはもうわからないけど。彼女が人生の最期に、それは冬だったけど、私は彼女と一緒にいられなかった。彼女も私も一緒にいたいと望んでいたことはわかってるの」




――「All Your Clothes」は?
 「〈All Your Clothes〉は私が母と交わそうと試みている会話なの。彼女がこの世にいなくなってしまったので、人生における助言を求められない。彼女の導きが得られないことが残念だから、もし私に何かを言っているのなら、いつだってそれに耳を傾ける努力をする。彼女の服は私にとってとても重要なもの。だって、今は私がそれらを着て、それが慰めになっているから」
――このアルバムを完成させたことがカタルシスになったでしょうか?
 「自分にとって作ることがとても重要だった特別な作品を完成させられて、とても幸せだと感じている。ゆかと私が作り上げた作品を誇りに思うし、これが私の音楽におけるキャリアと母親としての人生の新しい始まりだと感じているわ」
取材・文/五十嵐 正(2012年10月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表
[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集
[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表[インタビュー] まちがいさがし、話題の自己内省音楽的4人組、ついに1stフル・アルバムをリリース
[インタビュー] 石丸幹二、デビュー30周年を迎えたミュージカル・スターが、ベスト盤とデュエット・アルバムを同時リリース[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015