豊潤な歌声で魅了するジャズ・ヴォーカリスト 大城 蘭が、アルバム『LAN』でデビュー!

大城蘭   2008/06/10掲載
はてなブックマークに追加
 沖縄出身のジャズ・ヴォーカリスト、大城蘭。4年前に上京し、都内のライヴ・ハウスで歌い始めたという彼女は、2007年にヴォーカルの勉強のために渡米したが、父親が急死、母親が交通事故に遭い帰国を余儀なくされ、現在はレストランで働きながらも歌を続けている。そんな経歴を持つ彼女が6月にアルバム『LAN』でデビューを飾った。アニタ・オデイドン・マクリーンU2ガーシュウィン……などジャズやポップスの名曲とともにオリジナル曲も収録された本作。豊かな表現力を持つ彼女に話を訊いた。




 感情のグラデーションを滑らかに描いていく声、ジャズの奥深い魅力を力強く掴み取ったヴォーカリゼーション。大きな可能性を感じさせるジャズ・シンガーの登場である。アルバム『LAN』でCDデビューを飾る大城蘭。アニタ・オデイの歌唱でも知られる50年代のポップス「Vaya Con Dios」、マドンナがカヴァーした「アメリカン・パイ」で有名なドン・マクリーンの「Vincent」、U2の代表的バラード「One」、全共闘世代を象徴する昭和歌謡ナンバー「アカシアの雨がやむとき」、そして「ライヴでもよく歌っている」と言うガーシュウィンのスタンダード・ナンバー「Love Is Here To Stay」などを収録した本作には、抑制の効いたアコースティック・サウンドと豊潤なヴォーカルがゆったりと溶け合っている。
 「自分の声に似合う曲、ライヴでも歌ってる曲。それほど知られてない曲もあると思うんですけど、全部ホントにいい曲だなって。〈アカシア〜〉は母親が好きだったんですけどね(笑)。レコーディングは初めてだったから、最初はちょっと大変でしたけど……。とにかく、真っすぐに歌うことだけを心がけました」


 2つのオリジナル曲「笛を吹く少年」「手紙」はいずれも、昨年亡くなった父親の思い出が元になっていると言う。ノスタルジックな雰囲気を生々しく響かせる彼女の歌は、聴く者の気持ちをしっかりと揺らしてくれるはずだ。
 「父はずっと画商の仕事をしていて、とくにマネ(エドゥアール・マネ)の『笛を吹く少年』が大好きだったんです。絵画的なモチーフっていうのは、アルバム全体のテーマでもあるんですよ。〈Vincent〉はゴッホのことを歌った曲だし、〈Mona Lisa〉もあるし。〈手紙〉は、亡くしてしまった人をいきなり思い出したときの、胸がキュンとするような気持ちをストレートに表現しました」

 生まれついてのジャズ・シンガー、とでも言いたくなる彼女だが、じつは10代の頃は、ニルヴァーナレッチリなどのロック・ミュージックに熱中していたと言う。
 「コピー・バンドもやってましたからね、しかもドラムでした(笑)。二十歳になった頃から、もっと幅広く音楽を聴くようになったんですけど、(彼女の地元である)沖縄のジャズ・クラブで働いてるときに、ジャズのカッコよさに気付いたんです。ジャズ特有のインプロヴィゼーションも素晴らしいと思ったし、スタンダード・ナンバーってホントにいい曲ばっかりだし。歌いたいっていう気持ちも、じつはずっと前から持ってたんですよ。ただ、人前に出るのが苦手ってこともあって、なかなかきっかけがなくて」

 ジャズとの出会いによって、生来のヴォーカル・センスを開花させた大城蘭。現在はレストランでウェイトレスをしながら、都内のジャズ・クラブなどでライヴを重ねている彼女だが、そのハスキーにしてスムースな歌はここから、より大きなフィールドへと広がっていくことになるだろう。
 「ジャズは一生かけて勉強して、そこを基本にして、自分の音楽の世界を広げていけたらいいなって。私たちの世代にも合うスタンダードを表現できたらいいですね」



取材・文/森 朋之(2008年6月)



副都心線開通記念イベント
NEW SHINJUKU JAZZ SCRAMBLE

【日時】 6月15日(日)、11:40〜17:40
【会場】(全ステージ入場無料)
※メインステージ / 新宿通り追分交差点(伊勢丹・丸井前)
※サテライトステージ
  ・京王百貨店 新宿店 (屋上 スカイガーデン特設会場)
  ・小田急百貨店 新宿店 (本館1階 大階段特設会場)
  ・ルミネエスト(屋上 特設ステージ)
  ・新宿 三越アルコット(1階ライオン口 特設会場)
  ・伊勢丹 新宿店(本館屋上 アイ・ガーデン ステージ)
  ・マルイシティ-1
  ・新宿高島屋(1階JR口特設会場)
【出演アーティスト】
 日野皓正
 NORA(from オルケスタ・デ・ラルス)
 ルシア塩満
 大城 蘭
 吉野ミユキ
 日高典雄
 岡田嘉満
 西仲美咲
 ウィリアム浩子
【MC】岩浪洋三 / マイク越谷

※雨天決行。但し、著しい荒天の場合は中止致します。
※当日9時から19時まで、新宿通り(新宿大ガード東交差点〜新宿二丁目交差点)は、交通規制となります。
※お席には限りがございます。満席の場合、入場をお断りさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015