文学的な歌詞とビッグ・バンド・サウンドが生み出す摩訶不思議な世界――オッカーヴィル・リヴァーがニュー・アルバムを完成

オッカーヴィル・リヴァー   2011/05/31掲載
はてなブックマークに追加
文学的な歌詞とビッグ・バンド・サウンドが生み出す摩訶不思議な世界――オッカーヴィル・リヴァーがニュー・アルバムを完成
 テキサス出身のロック・バンド、オッカーヴィル・リヴァーは、ここ数年大きな注目を集めてきた。バンドのファンだというルー・リードに招かれて前座をつとめ、バンドのフロントマン、ウィル・シェフはノラ・ジョーンズのアルバム『ザ・フォール』に楽曲を提供。さらに同郷の大先輩、ロッキー・エリクソンの新作『トゥルー・ラヴ・キャスト・アウト・オール・イーヴィル』でバンドは全面的にロッキーをバックアップし、ウィルはプロデュースも担当したばかりか、アルバム用に書いたライナーノートはグラミー賞にノミネートされた。そうした追い風のなか、最新作『アイ・アム・ベリー・ファー』で、ウィルは初めてのセルフ・プロデュースに挑戦。文学的な歌詞の世界と、アーケイド・ファイアを思わせるようなビッグ・バンド・サウンドが生み出す摩訶不思議なオッカーヴィル・ワールドが全開したアルバムについて、ウィルに話を訊いてみた。
――今回は初めてのセルフ・プロデュースですね。
ウィル・シェフ(vo、g/以下、同)「ミュージシャンとして、ちょうどそういう地点に辿り着いたところだったんだろうね。レコーディングしたい音も見えていたし、レコーディング方法にもいいアイディアを思いついていたし、ほかのプロデューサーを招く必要性を感じなかった。僕のやりたいこととその方法がすごくはっきりと見えていたからセルフ・プロデュースすることになったんだ。でも、これからずっとセルフ・プロデュースしようとは思ってないよ。それどころか、まったく違った美意識を持った誰かと一緒に作業して、その誰かが曲をどのように仕上げていくのかを見ることが、とても楽しいと思っているんだ」
――じゃあ、アルバムの全体像みたいなものは明確にあった?
 「いや、全体像としては、とくに思い描いていたものはなかったよ。前作『ザ・スタンド・インズ』が徹底的に青写真を描いて作ったアルバムだったから、それ以降は青写真を描くことに疲れてしまったんだと思う。今回のアルバムはより自然発生的なものにしたかった。でも同時にアルバムからどんなものを感じたいか、どんなものを感じたくないかっていうことは、とてもはっきり見えてたんだけどね」
――レコーディングにはどんな風に取り組んだんですか?
 「僕にとって最も重要なことは、アルバムを作ることを“仕事”だと思ってしまわないことなんだ。アートは遊んでいるような感覚で作るべきだと思ってる。仕事というふうに感じないためのひとつの方法は、スタジオ作業を分割して行なうこと。セッションのために最初にスタジオに入る時は信じられないほど興奮していて、すべてが楽しく思える。でも、そのまま何日も作業をしているうちに、そこが仕事場だと思えてくるんだ。だから、違ったスタジオでの小規模なセッションをたくさんやるようにして、それぞれでちゃんと集中力を爆発させるようにした。そうすることでいつでも楽しくて新鮮な気持ちでいられるんだ」
――いろんなやり方を試したなかで、「Show Yourself」「Hanging from a Hit」は即興的なセッションを再編集して完成させたそうですね。
 「〈Show Yourself〉は完全な即興だったね。〈Hanging From a Hit〉はもっと簡単だった。小さな部屋の中で少人数でプレイして、それをそのまま音源化したんだ。〈Show Yourself〉は瞑想的な感じで楽しかったよ。コーラスやヴァースは簡単に短くできたし、長くもできたし、移動させたりもできた。〈Show Yourself〉について気に入っているのは、とてもオーガニックにパフォーマンスやレコーディングができているのに、非有機的な方法で手を加えているところなんだ」
――その一方で、「White Shadow Waltz」みたいにすごく作り込んだ曲もありますね。
 「この曲はアルバムでいちばん作り込んだ曲だよ。ユニオン・スクエアで子供が話している音とか、ラッシュアワー時のグランド・セントラル・ステーションの音とか、『猿の惑星』のピアノをたたく音とか、ファイルキャビネットを打ち壊す音とか、そういう効果音を組み立てるのだけで丸一日かかったんだ。ヴォーカルは3回録り直したし、“doorbell is ringing”って歌う部分は、ブルックリンの僕が住んでいるビルのドアベルに向かって実際に歌いながら録音した。通行人は僕を見て笑ってたな(笑)。歌詞は幾度か完全に変わった。ある時は、全裸で空中にぶらさがって笑っている消防士が出てきていたし、1000歳の売春婦がいる築1000年の売春宿が出てきていたし、古代エジプトの王族がナイル川をボートでくだっていく場面が登場していたこともあった」
――あなたの曲は文学的な歌詞も高い評価を受けていますが、曲を書く時は歌詞とメロディはどちらが先に生まれるんですか?
 「頭に沸いていくる歌詞の一節が、曲作りのインスパイア源になることはあるね。でも、歌詞とメロディはたいてい一緒に思い浮かぶよ。いつもそうってわけではないけどね。時には、歌詞のない状態でメロディを書くこともし、メロディなしに歌詞だけを書くこともある。でも歌詞とメロディにはとても親密な関係性を感じていて、いつもそれを楽しんでいるんだ」
――あなたならではの曲作りのアプローチの仕方はあったりしますか?
 「精神的にも肉体的にも自由であることが、とても助けになっているね。現代の世界は乱雑で消耗的で、いろいろなものが人々の気をそらしている。百もの違った方向へと人の注意を分裂させようとしているんだ。曲を書くのに、そういった心の状況はよくないよ。心の乱れを抑えることが曲作りにとっては重要なんだ。曲作りのときに僕がよく引っ越すのは、それが大きな理由なんだよね」
――では最後にアルバム・タイトルについて教えてください。
 「それはヒミツだよ!」
取材・文/村尾泰郎(2011年5月)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015