奥華子、デビュー5周年を飾る集大成! 5枚目のアルバムは“恋にまつわる想い”が凝縮された作品

奥華子   2010/08/06掲載
はてなブックマークに追加
 奥華子がデビュー5周年の夏に、通算5枚目となるオリジナル・アルバム『うたかた』を発表。これまで以上に生楽器のサウンドを多く採り入れたという今作は、さまざまな視点から綴られた珠玉の恋愛ソングが満載。今後の音楽活動を語る上で大きなターニング・ポイントとなりそうな本作について、自身の恋愛観も交えながら語ってもらった。



――ニュー・アルバム『うたかた』に収録の全14曲には、インディーズ時代の作品もあると聞きましたが……。
 奥華子(以下、同) 「そうなんです。今回は1曲目の<泡沫>がまさに10年くらい前に作った曲で。あと、<木漏れ日の中で>という曲も、インディーズ時代からライヴでは歌ってたんですけど、今回のアルバムに入れたいなぁと思ってレコーディングをして。そういう意味では、デビュー以降の5年もそうですが、それ以前の想いも入った、すごく集大成的な一枚になりましたね」
――本当にさまざまな恋愛の場面や、恋にまつわる想いがギュッと凝縮された作品だと感じました。
 「恋愛の曲はやっぱり実体験が基になっている部分が多くて、そこからどう物語を作っていくか……という感じですね。自分が本当の意味で感じたことじゃないと、詞には書けないのかなと思います」
――例えば、一つ失恋をしたとしたら、そこからいくつもの歌詞が生まれていくんですか?
 「はい、結構作ってますね。お世話になってます(笑)」
――奥さんの恋愛って、どういうパターンが多いんでしょう?
 「うーん……多分、どちらかと言うと肉食系だと思います(笑)。付き合ったら相手を深く知りたいし、すべてをさらけ出したい。だから上辺だけの感じはすごくイヤっていうタイプです。そう考えると、今回のアルバムは恋愛においての“本当の自分”や“嘘の自分”を表してる曲が多いなって。でも、そのすべてが表裏一体になってる気もするんですけどね」
――そういう感情が生まれるってことは、普段、恋愛に対して本当に正面からぶつかってるってことなんでしょうね。
 「だって、そうじゃないと恋をしても何も残らないと思うんです。私はとにかく人を好きになりたいし、それは自分自身の生きるパワーであり、歌を作る大切なパワーにもなっているんです」
――実際、アルバムはほぼすべて恋愛の曲ですもんね。
 「はい。でも恋愛じゃない歌も、結局は恋愛みたいなものに繋がってるというか。例えば<元気でいてね>は、ファンの人に向けて、“ライヴでまた会おうね”っていう曲なんですが、そういう“また会いたい”という想いもその一つですよね。ただ、また会うためにはやっぱり私が走り続けなきゃいけないわけじゃないですか? だから、皆さんへの想いもありつつ、この曲には自分への応援歌みたいな意味も入ってますね(笑)」





――ところで、今ライヴの話が出ましたが、最近は足を運んでくれるファン層がすごく広がっているそうですね。
 「そうですね、以前は自分と同じくらいの年齢層の方が多いイメージでしたが、最近はアニメのタイアップなどのきっかけで知ってくれたのか、若い女の子もすごく増えて。そういう子にも届いてるんだなっていうのは、本当にうれしいことですね」
――さて、改めて今作は5年間の集大成ということで。今後はまた次の段階に進んでいかれると思うのですが、何か考えている未来像はありますか?
 「あの……私、ビックリするくらい目の前のことしか考えられない人間なんです(笑)。夢や野望を掲げることもないまま5年間走ってきたんですが、今回のアルバムを作って、それだけじゃいけないのかなって気がすごくしたんですね。でも、“何のために音楽をやってるんだろう?”っていう疑問への答えは、ずっと出ないまま。ただ、やっぱり歌を聴いてくれてる人がいて、その人たちがライヴに来てくれることが私の音楽をやっていく力なんだな……というのはすごく感じています。むしろ、“それでしかないし、それを頑張ればいいじゃん”という考えが大きくなってきていますね」
――9月からは来年3月まで続くロング・ツアーも始まりますし。そちらも楽しみですよね。
 「はい、今年の下半期から来年はがっつりライヴですね。今回はアルバムの新曲もやるし、5周年を意識したセット・リストにもしたいと思っていて。このツアーを経て、自分自身も大きく成長できるよう頑張っていきたいですね」
取材・文/川倉由起子(2010年7月)



<奥華子 5th Album「うたかた」発売記念イベント>
8月18日発売のニューアルバム「うたかた」に封入されている、『全国リリースイベント参加券』で下記イベントの握手会にご参加頂けます!(ミニ・ライヴ&握手会、入場無料)

■8/21(土)15:00〜海老名ビナウォーク 5番館1Fビナステップ(神奈川)
※ビナウォークミュージックディライト

■8/28(土)13:00〜千里セルシー セルシー広場(大阪)

■8/29(日)14:00〜キャナルシティ福岡 B1Fサンプラザステージ(福岡)

■9/1(水)18:30〜アスナル金山 明日なる!広場(愛知)
※ミニライブはFM AICHI「奥華子のアスナルトレジャー」公開録音内で行います。
握手会は公開録音終了後(20時開始予定)になります。

■9/4(土)18:30〜宮城:ヒルサイドショップス&アウトレット 中庭ステージ(宮城)

■9/5(日)14:00〜サンストリート亀戸 マーケット広場(東京)

※お問合せ先:ポニーキャニオン 音楽マーケティング部
03-5521-8068(平日13:00〜17:00)

<奥華子 CONCERT TOUR'10 弾き語り〜4th Letter〜>
9月19日(日)茨城県・水戸市民会館
9月23日(木・祝)大分県・大分iichiko
9月25日(土)長崎県・長崎NCC&スタジオ
9月26日(日)熊本県・熊本県立劇場
9月28日(火)鹿児島県・鹿児島県民交流センター
9月29日(水)宮崎県・宮崎市民プラザ
10月 1日(金)山口県・下関市民会館
10月 2日(土)広島県・はつかいち文化ホールさくらぴあ
10月 7日(木)千葉県・船橋市民文化ホール
10月 9日(土)愛知県・中京大学文化市民会館
10月16日(土)京都府・京都会館第二ホール
10月29日(金)埼玉県・戸田市文化会館
11月11日(木)島根県・島根県民会館
11月12日(金)岡山県・倉敷芸文館
11月19日(金)富山県・富山県教育文化会館
11月21日(日)新潟県・新潟市民芸術文化会館
11月22日(月)長野県・若里市民文化ホール
11月28日(日)福岡県・都久志会館
12月 3日(金)福島県・福島テルサ
12月 4日(土)秋田県・秋田市文化会館
12月 6日(月)宮城県・仙台市青年文化センター
12月13日(月)石川県・石川県文教会館
12月14日(火)福井県・福井県県民ホール
12月17日(金)静岡県・静岡音楽館AOI
12月22日(水)兵庫県・神戸新聞松方ホール
12月24日(金)神奈川県・神奈川県立音楽堂
1月 8日(土)栃木県・栃木県総合文化センター
1月15日(土)千葉県・行徳文化ホール
1月16日(日)岩手県・盛岡劇場
1月23日(日)青森県・青森県民福祉プラザ
1月26日(水)北海道・釧路市民文化会館
1月28日(金)北海道・道新ホール
1月30日(日)北海道・金森ホール
2月11日(金・祝)香川県・ユープラザうたづ
2月12日(土)徳島県・徳島シビックセンターホール
2月13日(日)愛媛県・松山市民会館中ホール
2月15日(火)高知県・高知県立美術館ホール
2月20日(日)東京都・昭和女子大学人見記念講堂
3月 5日(土)群馬県・高崎市文化会館
3月12日(土)大阪府・森ノ宮ピロティホール
3月13日(日)大阪府・森ノ宮ピロティホール
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015