Watch & Listen or Die!!!! スペシャルな一夜を完全パッケージしたPOLYSICSのライヴCD+DVD

POLYSICS   2008/10/24掲載
はてなブックマークに追加
 オリジナリティ溢れるサウンドと圧倒的なライヴ・パフォーマンスで、文化や国境の壁を豪快にブチ壊し、いまや海外のロック・ファンからも熱狂的な支持を集めているPOLYSICS。彼らが2008年6月29日に新木場STUDIO COASTで行なったライヴの模様を余すところなく収録したCD+DVD作品『We ate the show!!』が、このたびリリースされることに。アメリカ&カナダ・ツアーを目前に控えたPOLYSICSのハヤシに、この日のパフォーマンスを改めて振り返ってもらうとともに、今後の展望を語ってもらった。


 2008年6月29日、雨。その日、新木場STUDIO COASTでおこなわれたPOLYSICSのライヴは、ワンマンとしてはバンド史上もっとも多くのオーディエンスを迎えてのものでした。ステージ後方には巨大なヴィジョンが2基設けられ、“スペシャル”感を増強。それはもう、“白熱”のひと言では片付けられないほどエキサイティングな“ショウ”で、見逃したファンはさぞ悔しかろう……なんて思ってたところに、この日の模様を完全収録(!)したDVD+CD『We ate the show!!』がお目見え!
 「ハコの大きい小さいは関係なく、おんなじテンションでやっていこうっていうのは常に意識してるんですけど、さすがにこの日は冷静になれなかったですね。音を聴くとそれがよくわかって、すごくヒリヒリしてる。ドラムとギターが特にね(笑)。アドレナリンが放出しまくってる弦の鳴り方をしてるんですよ。この日のライヴは、5月から始まった『ワキワキツアー』の集大成で、そのツアー自体、STUDIO COASTに向けてやってた感じなんですね。それまでのツアーは、会場ごとに考えてセットリストを変えてきてたりしたんですけど、今回はひとつのパターンのセットリストをツアー中にどんどんブラッシュアップさせていったんですよ。ギターを持ち替えるタイミングに至るまで、ライヴが終わるごとに細かく打ち合わせしてましたね。ちょっと前の曲とかアレンジがすごく変わってたりするし、最新のPOLYSICSが真空パックされた作品になりましたね」 (ハヤシ:以下同)





 この日のパフォーマンスを観てつくづく感じたのは、最新アルバム『We ate the machine』からの楽曲がとにかく強く、スケールのデカイ曲だなあということ。
 「そうなんですよ。きっかけは去年の末にやったZepp Tokyoのライヴで。あのとき、ステージに立ってみて、想像してたより会場がおっきく感じたんですね。感じてしまった。それで、うしろのほうまでウチらのテンションが届いてるのかっていう不安な気持ちになったんです。で、終わったあとに、なんかもっと新しいタイプの曲が必要なんじゃないかって、いままでのPOLYのスタイルを踏まえながら、もっと大バコ栄えする曲を作ろうってことになって、それで『We ate the machine』の曲がどんどんできていったんです。大バコ栄えする曲ができたら、次はステージングも変えていかなければいけない、ライヴ・バンドとしてもっとハデに見える方法はないかとか考えてね。イメージしていたスケールはスタジアム級でしたね(笑)」

 ある種の達成感を、メンバーもオーディエンスも大いに感じた新木場の夜。それでもあいかわらず休む間もなくライヴ三昧の日々を送るPOLYSICSが次に目指すところは?
 「夏フェスのセットでは初期のレパートリーを盛り込んだりしたんですけど、それでもいつもと同じように盛り上がって、それがひとつ自信にもなったし、次の作品ではさらに……スタジアム級のロック・アンセムを作るというよりは、POLYの本質みたいなものをもっともっと見せられるようにしていきたいですね。STUDIO COASTでひとつ達成感があったから、いまはフラットな気持ちですよ」



取材・文/久保田泰平(2008年10月)




【POLYSICS JAPAN TOUR 2008!!!! ULTRA FIGHT OR DIE!!!!】


“世界はそれをトイスと呼ぶんだぜ”
11月26日(水)
名古屋CLUB DIAMOND HALL
GUEST:サンボマスター
OPEN/START:18:00/19:00
前売り:3,300円(税込/D別)
問合せ:JAIL HOUSE (052)936-6041


“マクロケ マシロケ マオレンジけ?”
11月27日(木)
大阪なんばHatch
GUEST:SOIL&"PIMP"SESSIONS
OPEN/START:18:00/19:00
前売り:3,300円(税込/D別)
問合せ:清水音泉 (06)6357-3666


“トイス バリカタ!VOLAコナオトシしなぁ〜〜〜い”
11月29日(土)
福岡DRUM LOGOS
GUEST:VOLA&THE ORIENTAL MACHINE
OPEN/START:17:00/18:00
前売り:3,300円(税込/D別)


“ぶた玉、VOLAのせ、トイス焼”
11月30日(日)
広島CLUB QUATTRO
GUEST:VOLA&THE ORIENTAL MACHINE
OPEN/START:17:00/18:00
前売り:3,300円(税込/D別)
問合せ:夢番地広島 (082)249-3571


“死に物狂いでトイスを刻め”
12月3日(水)
SHIBUYA-AX
OPEN/START:18:00/19:00
GUEST BAND:近日発表
前売り:3,300円(税込/D別)
問合せ:VINTAGEROCK (03)5486-1099


“後10秒で...トイス大爆発!!”
12月4(木)
SHIBUYA-AX
OPEN/START:18:00/19:00
GUEST BAND:ART-SCHOOL
前売り:3,300yen(税込/D別)
問合せ:VINTAGEROCK (03)5486-1099


“イロトカゲバレリーナ”
12月5日(金)
SHIBUYA-AX
OPEN/START:18:00/19:00
GUEST BAND:SPARTA LOCALS
前売り:3,300円(税込/D別)
問合せ:VINTAGEROCK (03)5486-1099

ATF&GIP presents POLYSICS JAPAN TOUR 2008!!!!

ULTRA FIGHT OR DIE SPECIAL!!!!
12月21日(日)
Zepp SENDAI
OPEN/START:17:00/17:45
GUEST:フジファブリック、GO!GO!7188、LEO今井(OA)
前売り:3,500円(税込/D別)
一般発売 : 11月8日(土)
問合せ:G/i/P 022(222)9999
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く
[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章
[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015