『ジャンゴ 繋がれざる者』がついにBlu-Ray&DVD化! タランティーノ版マカロニ・ウェスタンの濃厚な世界を存分に堪能すべし!

クエンティン・タランティーノ   2013/08/07掲載
はてなブックマークに追加
クリックすると大きな画像が表示されます

クリックすると大きな画像が表示されます
 ウェスタン映画には二種類ある。アメリカで生まれたウェスタン、そして、イタリアで生まれたマカロニ・ウェスタン。血と復讐が好みなら断然、マカロニがお薦めだが、ただでさえ脂ぎった一皿に、ブラックスプロイテーションという、これまたジューシーなスパイスをたっぷり振りかけたのが『ジャンゴ 繋がれざる者』だ。クエンティン・タランティーノ監督初の西部劇の主人公は、元奴隷の黒人ガンマンというタランティーノらしい大胆不敵な設定だ。しかも、その名はマカロニ・ウェスタンの名作『続・荒野の用心棒』の主人公と同じく、ジャンゴ。演じるのは『RAY / レイ』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したジェイミー・フォックスで、テキサスで生まれ育ったフォックスは、子供の頃からカウボーイに憧れていたとか。一方、ジャンゴの相棒になるドイツ人から来た元歯医者の賞金稼ぎ、キング・シュルツを演じたのは、タランティーノの前作『イングロリアス・バスターズ』でアカデミー賞助演男優賞を受賞したクリストフ・ヴァルツ。タランティーノはヴァルツをイメージして、この役を作り出したらしい。物語の舞台は南北戦争前夜のテキサス。シュルツは賞金稼ぎのターゲットを探し出すため、その顔を知っているジャンゴを奴隷商人たちから救い出し、一緒に仕事をしないかと持ちかける。元歯医者と元奴隷の異色のコンビは次々とお尋ね者達を血祭りにあげ、シュルツの手ほどきでジャンゴの銃の腕もあがっていくが、そんななかで、ジャンゴにはある秘めた想いがあった。それはどこかに売られていった妻のブルームヒルダを探しだして取り戻すこと。そして、ついに彼女がカルヴィン・キャンディという残忍な農園主のもとにいることを知ったジャンゴとシュルツは、奴隷商人のふりをしてキャンディに近づき、壮絶な闘いが幕を開ける。
クリックすると大きな画像が表示されます
クリックすると大きな画像が表示されます

クリックすると大きな画像が表示されます
 極悪非道でフランスかぶれという最悪な男、キャンディをノリノリで演じているのはレオナルド・ディカプリオ。さらにディカプリオを育てた執事で、黒人奴隷でありながら黒人差別主義者という厄介な男、スティーヴンを演じるサミュエル・L・ジャクソンの怪演ぶりもすごい。“新顔”クルストフ・ヴァルツへのライバル心もあったのでは、と思わせるほど過剰な存在感で、タランティーノ組古参兵としての意地を見せている。そんな二人が支配する農園“キャンディランド”は、奴隷達が殺し合いをさせられたり、犬に食われたりするタランティーノ版『世界残酷物語』的世界でマカロニ濃度はさらに上昇。クライマックスは血まみれの銃撃戦が待ち構えているが、その一方で、ジャンゴとブルームヒルダのラヴストーリーが物語に織り込まれているあたりは、タランティーノにとっては新境地だ。また、サントラエンニオ・モリコーネルイス・バカロフリズ・オストラーニなどイタリア映画のスコアが中心になっているが、タランティーノにしては珍しくジョン・レジェンドアンソニー・ハミルトンなど最近のR&Bシンガーのナンバーも収録されている。そんななか、もしシングルを切るなら両A面で『続・荒野の用心棒』の主題歌「ジャンゴ」とジェイムズ・ブラウン2パック「Unchained」でお願いしたいところ。この2曲が本作のスピリットともいえる。
 『イングロリアス・バスターズ』ではナチスへの復讐を描き、今回は奴隷職人への復讐を描いたタランティーノ。これまでウェスタンでは隠されてきた奴隷問題をど真ん中に据えて、劇中で「ニガー」という言葉を137回使うなど(プレス資料より)、ハリウッドに向かって銃を突きつけるような蛮行ぶりはさすがだ。“繋がれざる者”、それはタランティーノのことなのかもしれない。
文 / 村尾泰郎
(C)2013 Sony Pictures Digital Inc. All Rights Reserved.
(C)Visiona Romantica, Inc. All Rights Reserved.
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 橋本徹(SUBURBIA)コンパイラー人生30周年記念 ベスト・オブ・ベスト・コンピレーション[インタビュー] マイアミ・ソウルの秘宝クラレンス・リード TKプロダクション期をコンパイル [対談]黒田大介×the Shark
[インタビュー] kiki vivi lily 豪華メンバーが集結した待望のニューEP[インタビュー] 今、最も目が離せない!ガールズ・バンドの急先鋒、THE LET
[インタビュー] “沖縄の音楽”を今の視点でアーカイヴ化。5枚組ボックス・セット『沖縄の音楽 記憶と記録』[インタビュー] 浅利史花  気鋭のジャズ・ギタリストが、伝説のギタリスト、エミリー・レムラーに捧げる新作を発表
[インタビュー] 紫 日本のロックの礎を築いた沖縄のバンドが、Char、BOWWOW G2とともに伝説のライヴを再現[インタビュー] 走り続けるtha BOSS、2作目のソロ・アルバム完成
[インタビュー] KERA、還暦記念ライブ直前インタビュー(よりぬき版)[インタビュー] illiomote 新たなモードのサウンドを詰め込んだEP
[インタビュー] ピアノYouTuberみやけん 待望の3rdアルバム![インタビュー] 加古 蓮/袈福新映像を追加した〈NHKスペシャル「映像の世紀コンサート」〉の聴きどころ見どころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015