『POP LIFE』からわずか4ヵ月、RHYMESTERが放つ会心のサマー・ソング・コレクション 『フラッシュバック、夏。』!

RHYMESTER   2011/07/26掲載
はてなブックマークに追加
 フル・アルバム『POP LIFE』からわずか4ヵ月のペースでミニ・アルバム『フラッシュバック、夏。』をリリースするRHYMESTER。“サマー・アルバム”として構成された本作は、文字通り“夏”を楽曲ごとに違ったシチュエーション / テーマで切り取りながらも、作品の端々にはRHYMESTERとしての“東日本大震災以降のリリシズム”を提示する部分も強く表れ、その言葉の生み出し方と折り込み方が非常に興味深い。また、、☆宇多丸 / MUMMY-D / DJ JINのそれぞれが1曲ずつイニシアチブを執った楽曲や、☆TAKU TAKAHASHIm-flo)やDJ PMXのリミックス参加など、ミニ・アルバムといえどRHYMESTERの次の一手を感じさせる一枚だ。


――サマー・アルバムという構成で作品を作られた理由は?
MUMMY-D 「<フラッシュバック、夏。>は、去年リリースした<WALK THIS WAY>と同時にできた曲だったんだ。で、やっぱり季節を表現する部分が強かったから、夏にとっておこうと。それをサマー・ミニ・アルバムに結実させようってのは去年末ぐらいに決まったのかな」
――「WALK THIS WAY」と同時にできたというのは興味深いですね。
宇多丸 「“良い時だ”ってことは、その良い時が終わって気づくっていう、大人の諦観込みの曲だし、“でもそれは人生の宝物だよね”って思えるという意味では、コンセプト的には<WALK THIS WAY>と通底してるんだよね。この曲でいう“良い夏”っていうのはヴァーチャルな世界にしか存在しないっていうペシミスティックな視点に立ってるし、しかも、“記憶”とか“残像”ってその思い出も本当かどうかも怪しいって言い散らかした挙げ句、その上、スゴく不吉に終わるという(笑)。でもその視点のサマー・ソングを思いついた時は発明だって思えた。ペシミスティックではあるけど“生の輝き”を捉えた内容だし、みんなが共有できる感覚ではあると思うんだよね」
DJ JIN 「ビート的な部分でも、RHYMESTERはブラジリアン・テイストのある曲がけっこう多いし、本流なサウンドって気持ちがあったかな」
MUMMY-D 「今回のトラックはGAGLEのMITSU THE BEATSがプロデュースしたんだけど、もう、リズム感だったりコード進行だったり“生理的に好き”って感じだね。だから、聴き手の人がどう思おうが、“俺たちはこれが好きだ!”って言い切れるようない達成感がある」






――今回は3人それぞれがプロデュースした楽曲が収録されていますが、Dさん制作の「サマー・アンセム」に小野瀬雅生CRAZY KEN BAND)さんを迎えられた訳は?
MUMMY-D 「ベンチャーズ的なサーフ・ロックで一曲作りたいなと思った時に、パッとのっさん(小野瀬雅生)が浮かんだんだよね。で、その話をしたらのっさんも“今、寺内タケシさんにハマってて”って言ってて、これはテケテケやってもらい放題だなって(笑)。手法としてはマボロシの方法論を取り入れたプロデュースになったね」
――ビート的にもドライヴ感の強い、サンサンと輝く太陽を感じさせるような曲調ですが、歌詞的には震災以降を一番色濃く反映していますね。
MUMMY-D 「そうだね。最初は“海!波!可愛い女の子!”的なバカな曲にしようと思ってたんだけど、それを決めた数日後に地震があったんだ。そういう時期に作った曲だったら、それはやっぱりどうしても意識せざるを得なくて。ただ、何もなかったかのうように夏を歌うのは簡単だとは思うんだけど、それは自分としてもいいことだとは思わないし、一回一回、一曲一曲作るたびに考えて、自分たちの思う正解を出していくしかないなって。そうやって作った曲だね」
――さかいゆうを客演に迎えた「Magic Hour」はJINさんのプロデュースですね。
DJ JIN 「もともと、夏をテーマにリスナーの心に沁みるような作品を作りたいなと思った時に、ソウル・ジャズのファジーなコードが循環していくようなモノにしたいってイメージがあって、そこに歌サビを載せるとしたら、伝統的なソウルのオーガニックな感じと今の音楽の流れが同時に分かってて、メロディ・メイクも歌もできるのは、さかいゆうだよねって。音的にもシネマティックな音像にしたくて、こういう奥行きのあるモノになったんだけど、これを3人で聴いて出てきたテーマが、日没の時に現れるマジック・アワーだったんだよね。そういう“朧”な感じを表したくて」
――宇多丸さんは矢野博康さんとの共同プロデュースで「into the night」を制作されましたね。
宇多丸俺は曲自体は作れないから、誰かと組むしかないんだけど、MIHIROの<これは恋ではない>を俺がプロデュースした時に一緒に手がけてもらったのが矢野さんで、今回も“じゃあ俺は矢野さんと組んで80'sをガッチリやりたい”って真っ先に浮かんだんだ。で、矢野さんに“あの曲のコード感や、あの曲のドラムの感じ”みたいなことを説明して、それをサウンドとして具現化してくれたって感じかな。内容的には<フラッシュバック、夏。>と似てて“期待してる時”のことを歌ってるんだよね。良い予感を感じてる瞬間が、人生で最高の瞬間じゃんっていうね。だって、一番良い時間が始まったその瞬間から、実は絶望が始まってるかも知れないしさ(笑)」
――そして、説明するのは野暮な超濃厚曲「ザ・サウナ」に加え、この後の夏フェスなどが楽しみになる内容ですね。
宇多丸 『POP LIFE』と『フラッシュバック、夏。』って新曲がたっぷりあるから、どう組み合わせるか考えもんですよ」
MUMMY-D 「でも全然やらなかったりして(笑)」
取材・文/高木“JET”晋一郎(2011年6月)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015