bayfm『DOCOMO presents THE SESSION』収録レポート / 斎藤 誠 x 根本 要(STARDUST REVUE)

斎藤誠   2012/09/18掲載
はてなブックマークに追加
bayfm 『 DOCOMO presents THE SESSION 』 収録レポート
 日曜の17時からbayfmで放送中の『DOCOMO presents THE SESSION』。自身の活動の他に、アレンジやプロデュース、桑田佳祐のサポート・ギタリストなど、さまざまなミュージシャンとの交流で知られる斎藤 誠が、毎週、魅力的なミュージシャンをゲストに迎えて、スタジオで生演奏&セッションを繰り広げるこの人気プログラムはすでに7年目に突入している。9月16日放送のゲストは、昨年夏に横浜Thumbs Upで行なわれた斎藤のマンスリーライヴでの共演も記憶に新しい(番組には2010年8月以来5回目の出演となる)、STARDUST REVUEの根本 要。実は年齢もほぼ同じ、共にヴォーカル&ギターで、日本の音楽シーンの第一線で活躍してきた、この二人。「たいていのセッションってどちらかが主 / 従の関係になるものだけど、この番組はいつも完全に50 / 50の立場で半分ずつ歌えて、しかも選曲にもオレと誠の間にNOはあり得ないし」と根本。それだけに選りすぐられた楽曲が聴けるセッションとなった。
 まずは今月12日にリリースされたばかりのSTARDUST REVUE、3年ぶりのニューアルバム『B.O.N.D』から、レディ・ガガのサウンドの新しさに影響されて生まれたという「Welcome To The Jungle」をオンエア。「今の音楽も知らなきゃいけないとは思いつつ、買うCDといえばあいかわらず中学・高校時代に好きだった洋楽が多い。でも今回のアルバムでは他にも、きゃりーぱみゅぱみゅを意識した〈晴れのち雨時々曇り〉みたいな楽曲もあるのでお楽しみに」と根本。斎藤は「でもやっぱり、シングルにもなった〈Magic〜手を繋ごう〉なんかを聴くと、改めて往年の洋楽好き名人が作ったポップ・チューンだなあと感じる」とコメント。また「〈夢への地図〉は、ずっと音楽を続けてきた現在の年齢のスタレビのポジティヴな姿勢が言葉になっている感じがしていい」とも。その後、根本が80年代のSTARDUST REVUEを代表する名曲のひとつ「今夜だけきっと」をソロの生演奏で披露した。
 続いて番組のメインイベントでは、お互いにメールをやりとりして「二人で演奏して面白い楽曲を、ということで」即決まったというシールズ&クロフツの「サマー・ブリーズ」をセッション。共に洋楽好きの二人が70年代男性デュオ・ブームの先駆けとなったこの曲を、“過ぎ去りし夏”の思い入れもたっぷりと入れて熱唱した。
 そして番組の最後を飾る「MAKOTO'S LIVE」にも特別に根本が飛び入り。斎藤いわく「僕ら世代にとっては青春のBGMで人生の教科書でもあり、その輝きを捉えて自分の音楽センスを磨いていた、かけがえのない70年代の洋楽から選んだ」というピーター・フランプトンの「ショウ・ミー・ザ・ウェイ」を二人でカヴァー。「ギターが上手くて、歌が気持ちよくて、曲調もポップなロックで、しかも抜群のルックス。ある意味で僕らの目指す先輩だった」と語るだけに、こちらでも渾身のセッションを聴かせてくれた。
 収録終了後のインタビューで斎藤は、根本について「歩いてきた時代も聴いてきた音楽も同じなので、一緒に演奏するにあたって、ここをこういう風にやろうよとか説明は一切不要。それだけにセッションが始まった瞬間から、その場でしか起こりえない化学反応がいくらでも尽きずに湧いて出てくる感じがいい。お互いのことを知り尽くしているからこそ、それ以上のものが生まれるワクワク感がたまらない」と語った。番組についても「長年やっているけど、いまだにいい意味で慣れなくて常に緊張しています。だからこそ収録の日に向けて準備も入念に行なうし、そういう時間をすごく気に入ってもいる。それでも蓋を開けてみると予想外の展開になったりして……それが面白いんです」と印象的なコメントを残してくれた。
取材・文 / 東端哲也 (2012年9月)
撮影 / 竹之内祐幸
bayfm REGULAR PROGRAM
『 DOCOMO presents THE SESSION 』
DJ: 斎藤 誠 
オンエア: 毎週日曜日 17:00〜17:52
番組オフィシャル・サイト: http://web.bayfm.jp/session/
bayfmオフィシャル・サイト: http://www.bayfm.co.jp/

※秋より公式facebookもスタート予定。
※番組はradiko.jpでもお聴きいただけます。(千葉 / 東京 / 神奈川 / 埼玉エリアのみ)
※DJ斎藤 誠とゲストとのオンエアでは聞けなかったトーク、セッションなどを放送終了後、
番組携帯サイト限定でスマートフォンでは4週間、iモードでは1週間、
期間中何度でもご覧いただけます。
(スマートフォンでのFlash再生には、Android2.2以上でFlash Player10.1以上が必要です)
〈 斎藤誠の楽しいライブ!! 2012 〉
10月8日(月・祝) 石川 金沢 もっきりや
[出演] 斎藤 誠(vo, g)
角田俊介(b) / 河村“カースケ”智康(dr) / 片山敦夫(key)
開場 18:30 / 開演 19:00
前売 4,000円(全自由 / 入場整理番号付 / 別途ドリンク代)
ぴあ(P: 180-369) / ローソン(L: 58361) / e+
※お問い合わせ: もっきりや 076-231-0096

10月19日(金) 神奈川 横浜 THUMBS UP
[出演] 斎藤 誠(vo, g)
成田昭彦(dr) / 深町 栄(key)
角田俊介(b) / 河村“カースケ”智康(dr) / 片山敦夫(key)
開場 18:30 / 開演 19:30
前売 4,000円(全自由 / 入場整理番号付 / 別途ドリンク代)
※ご予約 / お問い合わせ: THUMBS UP 045-314-8705
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015