青春映画の新たな傑作『THIS IS ENGLAND』が公開!

シェーン・メドウズ   2009/03/18掲載
はてなブックマークに追加


 1980年代初頭のイングランド――サッチャー率いる保守党が政権を奪取し、フォークランド紛争が勃発、規制緩和政策により国民の格差は拡大、移民の大量流入とともに、街には失業率10%を超える300万人の失業者が溢れ、ナショナル・フロント(イギリス国民戦線)が台頭――

 切り捨てられたマイノリティの抱える閉塞感と、そこから生まれた連帯感、そして再び隆盛を極めたスタイル&カルチャー=“スキンヘッド”……。『トゥウェンティーフォー・セブン』(1997年)、『家族のかたち』(2002年)で知られ、ケン・ローチマイク・リーに続く映画作家として注目を集めるシェーン・メドウス監督が自らの体験をもとに、郊外労働者階級の若者たちを描いた、青春映画の新たな傑作『THIS IS ENGLAND』が公開!





 1983年、イングランド。フォークランド紛争で父親を亡くし、毎日学校でいじめられている少年ショーン(トーマス・ターグース)は、ふとしたことからスキンヘッドの若者たちと友達になり、つるむようになる。しかしある日、彼らのリーダーだったコンボ(スティーヴン・グレアム)という男が刑期を終えて帰ってきた。刑務所でナショナル・フロントの極右思想に感化された彼は、移民の排斥活動を行おうとして、ショーンたちのグループを二分してしまう。コンボの側についたショーンは、自らも人種差別や犯罪活動に手を染めていくことになる……。




 本国では単館上映からスタートするも、瞬く間に観客の共感を呼んで大ヒットを記録。2008年英国アカデミー賞最優秀映画賞をはじめ、数々の賞を受賞、その後もアメリカ、オーストラリア、ヨーロッパ全域など、世界各国で“史上最高のイギリス映画”と絶賛を浴び、ついに日本上陸を果たした『THIS IS ENGLAND』。

 社会から見放された労働者階級の若者たちが居場所を求め、辿り着いたのは、60年代に端を発する“スキンヘッド”というカルチャー。レゲエ、SKA、そして時を同じくして生まれたOiパンクを愛し、頭を刈り上げドクター・マーティンを履いた“第二世代”のとあるストーリー。先の見えない不況のなか、音楽を愛し、ただ仲間とつるんでいた彼らが選んだ岐路とは? 今まで誰も描くことがなかった80年代初頭のイングランドのリアルな姿、そして一人の少年の成長の軌跡をじっくりとお楽しみください。なお字幕監修は、the原爆オナニーズのTAYLOW氏が手掛けていることもお忘れなく。




 「80年代」という、けばけばしくも華やかなりし時代に存在しながら、そのルードなスタイルで再び広まったスキンヘッド・カルチャー。本作では、丸刈り頭にドクター・マーティン、ベン・シャーマン、フレッド・ペリー、ロールアップ・ジーンズ、サスペンダー、クロンビー・ハット、ミリタリー……といった、そのファッション・マナーも見どころのひとつ。そしてストーリーを彩るサウンドトラックには、スペシャルズメイタルズアップセッターズジミー・クリフUKサブスデキシーズ・ミッドナイトランナーズトゥーツ&メイタルズ……と、フロアで愛されてきた永遠のクラブ・ヒッツが勢ぞろい。もちろん、こちらもチェックです。



< 『THIS IS ENGLAND』 SOUNDTRACK >

※バナーをクリックすると「iTunes」が立ち上がります。


Clayhill「Please, Please, Please, Let Me Get What I Want」

Toots&The Maytals「54-46 Was My Number」

Dexy's Midnight Runners「Come On Eileen」

Soft Cell「Tainted Love」

Gravenhurst「Nicole」

Toots&The Maytals「Louie Louie」

Toots&The Maytals「Pressure Drop」

The Specials「Do The Dog」

The Upsetters「Return Of Django」

U.K.Subs「Warhead」

Jimmy Cliff「Let's Dance」

Strawberry Switchblade「Since Yesterday」

Percy Sledge「Dark End Of The Street」 ...and more



2009年3月14日(土)シアターN渋谷にてロードショー/全国順次公開

『THIS IS ENGLAND』

監督・脚本:シェーン・メドウズ
製作:マーク・ハーバート
撮影:ダニー・コーエン
音楽:ルドヴィコ・エイナウディ
編集:クリス・ワイアット
字幕監修:TAYLOW(the原爆オナニーズ)
出演:
 トーマス・ターグース
 スティーヴン・グラハム
 ジョー・ハートリー
 アンドリュー・シム
 ヴィッキー・マクルーア
 ジョセフ・ギルガン

提供:日本出版販売、キングレコード
配給:日本出版販売、キングレコード

<公開情報>
東京:シアターN渋谷、3月14日(土)〜
大阪:シネ・ヌーヴォ、4月4日(土)〜
名古屋:名古屋シネマテーク、4/11(土)〜
京都:京都シネマ、春公開
広島:横川シネマ!!、春公開
沖縄:桜坂劇場、5月公開
福岡:シネテリエ天神、初夏公開
北海道:札幌シアターキノ、公開予定

(C)WARP FILMS LIMITED. FILMFOUR, THE UK FILM COUNCIL, EM MEDIA, SCREEN YORKSHIRE
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015