純度100%のパンク・ロック――スパイラル・コードが3年ぶりの新作を発表!

SPIRAL CHORD   2008/02/29掲載
はてなブックマークに追加
純度100%のパンク・ロック――スパイラル・コードが3年ぶりの新作を発表!
 2003年初頭に結成、ヒリヒリとした不協和音とダイナミックに加速するドライヴ感、圧倒的なライヴ・パフォーマンスにて、その名を知らしめてきたスパイラル・コード。久々の新作となる、ミニ・アルバム『サ・ヨ・ナ・ラ・セ・カ・イ』が新レーベル“CONTRAREDE”より3月5日に発売される。


 純度100%のパンク・ロック。生まれたての衝動が、剥き出しのまま耳に放り込まれたような感覚。2005年に発表されたスパイラル・コードのデビュー作『脳内フリクション』の衝撃は凄まじいものだった。カウパァズを解散させたゲンドウ(vo,g)、200MPHのHERA(ds)、そして元ナンバーガールSLOTH LOVE CHUNKSの中尾憲太郎(b)。90年代のオルタナティヴ・シーンを牽引してきた面子によるスーパー・バンドが、今あらためて、こんなにもトンがったパンク・ロックを鳴らす理由とは。

 「初めに戻ろうと思ったのかもしんないな、自分の原点。それがああいう形だったんじゃないかな」(ゲンドウ)
 「やっぱ3人揃うとパンクが一番根っこにあるのがわかるんですね。聴いてきた音が似てるし、ずっとパンクの話してられるし。なんか年を追うごとに落ち着いちゃったりするバンドを見てると、そうなりたくないって思う。こじんまりしちゃってもしょうがないでしょ」(HERA)





 限りなくライヴに近い『脳内フリクション』の爆音はMC5ファースト・アルバムを意識していたそうだが、そこから3年、バンド・サウンドは少しずつ変わってきた。初期はゲンドウとHERAの二人で曲を作っていたが、中尾憲太郎を交えた3人でのセッションがメインになったことで、駆け引きを楽しむようなアンサンブルが増えてきたのも大きい。楽曲の幅がずいぶんと広がった3年ぶりの新作『サ・ヨ・ナ・ラ・セ・カ・イ』。スリーピースならではの鋭さを保ちつつも、より深く広がったバンドの可能性が提示されている。

 「3人の人となりがうまくブレンドされてるんじゃないかな。今回のほうがバンド・サウンドっぽいし、それぞれリンクする部分はまた広がったと思う。実はスタジオのセッションではまだまだいろんなことやってるんですよ。それこそディスコパンクみたいな曲とか。意外にみんな器用で、けっこうできちゃうんだけど」(ゲンドウ)


 このあたりはベテランならではのスキルと余裕。今回初めてロック・レゲエに挑戦するなど、それまでの自分が知らなかった新しい扉が開かれていく感覚は3人揃ってあったという。ただしあれこれと無理に手を広げてはいない。新作の制作中、ゲンドウはクラッシュ『サンディニスタ』ブラッド・ブラザーズ『Young Machetes』をずっと聴いていたという。シーンの流行に関係なく続いてきたパンク/オルタナティヴの精神は、ここに正しく受け継がれ、またギラギラした生命力を与えられているのだ。

 「難解なことやろうと思ったらナンボでもできる。けど、難解なことだけが正解じゃないから。それだったら俺は曲にキャッチーさを求めたい。残したいじゃないですか、3分間とか4分間の曲に一節のフレーズだとか、心に残るメロディだとか。そういうものが残ればいいかな」(ゲンドウ)


 3月にはロストエイジを迎えてレコ発ツアーを行なうスパイラル・コード。耳を、いや、心を直接刺すような彼らのステージは必見である。


取材・文/石井恵梨子(2008年2月)



【スパイラル・コード『サ・ヨ・ナ・ラ・セ・カ・イ』発売記念ツアー】

■3.25(火)十三FANDANGO w/ lostage
open 18:00 start 19:00
TICKET: PIA P282-715 / LAWSON L-57895 /
TIME BOMB (06-6213-5079)

■3.26(水)名古屋HUCK FIN w/ lostage
open 18:30 start 19:00
TICKET: PIA P281-558 / LAWSON L-45825 / e+

■3.28(金)仙台BARDLAND w/ lostage
open 18:30 start 19:00
TICKET: JP-DOL (022-221-6336) /
LOVE RECORDS (022-711-0633)

■3.29(土)下北沢 SHELTER(ワンマン)
open 18:30 start 19:00
TICKET: PIA P-282-094 / LAWSON L-71534 /
disk union新宿PUNK MARKET (03-5363-9779)
disk union渋谷PUNK MARKET (03-3461-1121)

■4.19(土)札幌 SPIRITUAL LOUNGE(ワンマン)
open 18:00 start 19:00
TICKET: LAWSON L-13586
各会場 前売 ¥2,000 / 当日 ¥2,500 (Drink別)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015