新たな深化を告げる傑作が誕生! THE BAWDIES、ニュー・シングル「LEMONADE」ロング・レビュー

THE BAWDIES   2012/10/31掲載
はてなブックマークに追加

《THE BAWDIES「LEMONADE」》

初回限定盤(CD+DVD):VIZL-505 税込1,890円
通常盤(CD):VICL-36734 税込1,200円
7inch record:SEZ-3023 税込1,000円

[収録曲]

01. LEMONADE
02. GET IT
03. TOUGH LOVER
04. ROCK ME BABY※

※LIVE AT ZEPP TOKYO 120626
※初回限定盤ボーナストラック

[初回盤特典]

限定DVD「FRANKEN MOVIE!!」

※映像ディレクター渡部フランケンによる、63分に渡るドキュメンタリー・ムービー「FRANKEN MOVIE!!」を収録。「LEMONADE」のレコーディング、ミュージック・ビデオ / ジャケット撮影のメイキング、〈ROCK ME BABY TOUR〉の密着映像、限定123名で開催されたアコースティック・イベントなど、この半年のTHE BAWDIESに完全密着。DAVE CLARK FIVEのカヴァー「BECAUSE」の武道館ライヴ映像をボーナス収録。

※来年開催される全国全県ツアー52公演分のチケット先行抽選予約シリアルナンバー付き。

 ドラマ『ハングリー!』(主演・向井理)の主題歌に起用され、さらに幅広いリスナーにロックンロールの素晴らしさをアピールした「ROCK ME BABY」から8ヵ月、THE BAWDIESからニュー・シングル「LEMONADE」が到着した。今年の3月にはTHE SONICS(THE BAWDIES結成の大きなきっかけとなった伝説的ガレージ・バンド)とのスプリット・ツアーを実現、6月からは「ROCK ME BABY」TOURを敢行し、その勢いのまま夏フェスに突入と凄まじいスピードで2012年を駆け抜けてきた彼ら。“熱狂的なロックンロール・パーティ”という言葉がよく似合うライヴ・パフォーマンスの素晴らしさは周知のとおりだが、ブラック・ミュージックをルーツにした音楽性も確実に深みを増しつつある――そう、「LEMONADE」は彼らの新たな深化を告げる作品として認知されるはずだ。

 向井理が出演する「PENTAX Q10」TV-CM曲でもある「LEMONADE」はソウルフルなグルーヴと甘酸っぱいポップ感が絶妙のバランスで溶け合うミディアム・チューン。ROY(vo&b)によれば「ザ・ファウンデーションズ(‘60年代後半にイギリス結成された、黒人と白人の混合バンド)のポップ感とかステップ感みたいなものと、ザ・ロネッツ(ヒット曲〈Be My Baby〉で知られる、‘60年代のアメリカン・ポップスを象徴する女性グループ)の中間にあるような曲を作りたいと思った」ということだが、グッと奥深さを増したアンサンブルと女性的な柔らかさを感じさせるヴォーカルは明らかに彼らの新機軸だろう。これまでよりもアレンジに時間をかけ、メンバーそれぞれのアイディアが有機的に反映されているのも、この曲の魅力だ。

 C / WにはJIM(g&cho)の作曲による「GET IT」を収録。JBを想起させる濃密なファンキー・ビートを軸にしたこの曲は、この先のライヴにおいて大いに活躍することになるだろう。さらに今年1月に他界した女性R&Bシンガー、エタ・ジェイムスの「TOUGH LOVER」も。クリスティーナ・アギレラが映画『バーレスク』で披露したヴァージョンでも知られるこの曲をTHE BAWDIESは、原曲のイメージに近いシンプルなバンド・サウンドでカヴァー、彼女に対するリスペクトをまっすぐに示している。

 “ブラック・ミュージックに対するロックバンド的な解釈”をさらに推し進めた本作。THE BAWDIESのアイデンティティが強く刻まれた充実作だと思う。
文/森朋之
【THE BAWDIES 2013年 全国全県ツアー開催決定!】
THE BAWDIES史上初であり最大規模となる全国全県ツアー(52公演)が開催決定。その第一弾の詳細がオフィシャル・サイト(http://thebawdies.com/)にて発表されました。また、10月31日発売のニュー・シングル「LEMONADE」の初回限定盤および通常盤の初回プレス分には、52公演のチケット先行予約にエントリーが可能となるシリアル・ナンバーが封入されています。
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015