ザ・ビートルズ   2009/09/08掲載
はてなブックマークに追加
ザ・ビートルズ全213曲 聴き比べ&徹底解剖! ****【衝撃度】付き****(4)


リボルバーリボルバー
REVOLVER

(TOCP-71007/1966年8月発売)

01.タックスマン
Taxman
Harrison
アルバムの1曲目に初めて収録されたジョージの作品。全体的に重量感がアップし、もともとでかいベースがさらにクリアに大きく歯切れよくなった。
02.エリナー・リグビー
Eleanor Rigby
Lennon-McCartney
ポール主導で作られた曲で「イエスタデイ」に続きストリングスが導入された。ストリングスが切れ味よくクリアに。ポールのヴォーカルも細かい表情が見えるようになった。
03.アイム・オンリー・スリーピング
I'm Only Sleeping
Lennon-McCartney
ジョンのサイケデリックな作品。ジョンの生ギターのストロークがやや聞こえがよくなったような印象。ポールのベースも気持ち大きめか。
04.ラヴ・ユー・トゥ
Love You To
Harrison
ジョージがシタールを念頭に置いて作ったラーガ・ロック。重低音が増して拡がりのある音に。タブラもはっきり聞こえる。
05.ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア
Here, There And Everywhere
Lennon-McCartney
ポールが書いたバラードの屈指の名曲で、ジョンのお気に入りでもあった。ポールのヴォーカルの切なさが増し、ベースも目立つようになった。
06.イエロー・サブマリン
Yellow Submarine
Lennon-McCartney
ポールが中心になって書いた曲。ヴォーカルを取るリンゴの代表曲として知られている。海の音のサウンドエフェクトの臨場感が増している。間奏のSEもクリアに。
07.シー・セッド・シー・セッド
She Said She Said
Lennon-McCartney
ドラッグ体験を基にジョンが書いたヘヴィ・ロック。メタリックな響きと尖ったサウンドが目立たず、ポールのベース(ジョージ説あり)とリンゴのドラムもおとなしい印象に。
08.グッド・デイ・サンシャイン
What Goes On
Lennon-McCartney
ポール作ののどかな1曲。リンゴのドラムが歯切れよく響き、間奏のジョージ・マーティンのピアノのバックに入るパーカッションもよく聞こえる。ポールのヴォーカルも表情豊か。
09.アンド・ユア・バード・キャン・シング
And Your Bird Can Sing
Lennon-McCartney
ジョン主導で書かれたドライヴ感あふれる作品。ジョンとポールのヴォーカルがよりはっきり聞こえ、ポールのベースとリンゴのドラムとタンバリンも明快に。
10.フォー・ノー・ワン
For No One
Lennon-McCartney
ポールが書いたクラシカルな佳曲。全体的に音の拡がりが出てクリアになった。ポールのベースとクラヴィコードも、アラン・シヴィルのフレンチ・ホルンもはっきり聞こえる。
11.ドクター・ロバート
Doctor Robert
Lennon-McCartney
ジョン主導で書かれた、ストレートでちょっとサイケな曲。ポールとジョンのヴォーカルが前面に出て、間奏のヴォーカルとハーモニーもクリアに。
12.アイ・ウォント・トゥ・テル・ユー
I Want To Tell You
Harrison
ジョージが書いたブギウギ調のロック。ジョージの日本公演のオープニング・ナンバーにもなった。ポールのベースが大きくなり、より重厚な音になったが、大きな違いはない。
13.ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ
Got To Get You Into My Life
Lennon-McCartney
ブラスを初めて大々的に取り入れた、ポールが書いた中期の傑作のひとつ。ブラスとジョンのタンバリンとポールのベースがさらに力強く響くようになった。
14.トゥモロー・ネバー・ノウズ
Tomorrow Never Knows
Lennon-McCartney
ジョンが作った最初のサイケデリック・ソング。全体的に音に拡がりが出て、重厚感がさらに増した。エンディングはわずかに長いか?





サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドサージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
SGT.PEPPER’S LONLEY HEARTS CLUB BAND

(TOCP-71008/1967年6月発売)


01.サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
Lennon-McCartney
ポール作のストレートなロック・ナンバー。歓声やSEなど音の拡がりが出て臨場感が増した。ポールのエレキ・ギターとリンゴのドラムが際立っている。
02.ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
With A Little Help From My Friends
Lennon-McCartney
ポールが書き、リンゴが歌った軽快な曲。ポールのベースは膨らみを増しているが、音の大きさはそれほど目立たない。リンゴのスネアもクリアになり、晴れ間の見える音に。
03.ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンド
Lucy In The Sky With Diamonds
Lennon-McCartney
ジョンが、息子ジュリアンの絵をヒントに書いたナンセンスな曲。音の分離が良くなり、ポールのベースとチェレスタ風のハモンドオルガン、リンゴのスネアなどがよく聞こえる。
04.ゲッティング・ベター
Getting Better
Lennon-McCartney
ギターのカッティングが印象的なポールの作品。ポールのベースがぶんぶん唸り、合いの手で入るジョンのヴォーカルや手拍子もはっきり聞こえる。
05.フィクシング・ア・ホール
Fixing A Hole
Lennon-McCartney
こちらはハープシコードが印象に残るポールの作品。イントロのノイズが大幅に減少。ポールのベースやジョージのエレキ・ギターがしっかり自己主張している。
06.シーズ・リーヴィング・ホーム
She's Leaving Home
Lennon-McCartney
家出少女の話をヒントにポールが書いたクラシカルな曲。特にハープとストリングスの響きが明快になった。ジョンの合いの手で入るヴォーカルもクリアに。
07.ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト
Being For The Benefit Of Mr Kite
Lennon-McCartney
古道具屋にあったサーカスの広告ポスターをヒントにジョンが書いた曲。ポールのベースが重厚になり、SEとリンゴのスネアがクリアに。
08.ウィズイン・ユー・ウィズアウト・ユー
Within You Without You
Lennon-McCartney
ジョージがインド音楽を消化し、思索的に仕上げた曲。ストリングスがはっきり聞こえ、タブラも重くはっきりした音になった。
09.ホエン・アイム・シックスティー・フォー
When I'm Sixty Four
Lennon-McCartney
ポールならではのはヴォードヴィル調のポップなナンバー。左右の音の分離が良くなり、ポールのピアノやリンゴのドラムや管楽器が目立っている。ポールのベースもでかい。
10.ラヴリー・リタ
Lovely Rita
Lennon-McCartney
駐車違反で捕まったポールが交通婦警をモデルにして書いたポップ・ロック。リンゴのドラムとジョージ・マーティンのピアノ、ジョンとジョージのユニークなコーラスが明快に。
11.グッド・モーニング・グッド・モーニング
Good Morning Good Morning
Lennon-McCartney
ジョンがケロッグのCMをヒントに書き上げたノリのいいブラス・ロック。ブラスとリンゴのドラムと間奏のポールのリード・ギターがくっきりと力強い響きに。
12.サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド(リプリーズ)
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)
Lennon-McCartney
ポールのアイディアでアルバム・タイトル曲をさらにストレートに再演。全体的に臨場感がアップし、ポールのベースがでかく、リンゴのドラムが特に目立つようになった。
13.ア・デイ・イン・ザ・ライフ
A Day In The Life
Lennon-McCartney
ビートルズ中期の傑作。間にポールの曲を挟み込んで完成させている。エコーのかかったジョンのヴォーカルの艶っぽさが格段にアップ。


文/藤本国彦
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015