【ザ・ビートルズ THE BEATLES】未発表音源満載! 『オン・エア〜ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2』が登場

ザ・ビートルズ   2013/11/08掲載
はてなブックマークに追加
ザ・ビートルズ
“オン・エア〜ライヴ・アット・ザ・BBC
Vol.2”
 なにしろビートルズの公式未発表音源がひさびさにリリースされるのだ。ファンとしてはもちろん興奮しないわけがないのだが、それにしてもなぜこのタイミングで『オン・エア〜ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2』は世に出ることになったのだろう。ここではまずその経緯を紐解きつつ、気になる作品の内容についても触れていきたい。
 イギリスの国営放送BBCラジオでかかったライヴ音源をもとに構成される“ライヴ・アット・ザ・BBC”シリーズは、1994年にその第1弾がリリースされている。ジョージ・マーティンとその息子のジャイルズ・マーティンの指揮によって制作されたこの『ライヴ・アット・ザ・BBC』は、ビートルズが最強のライヴ・バンドとして活躍していた1963年から1965年にかけての貴重な演奏を収めた音源として世界中に放たれ、当然のように大ヒットを記録した。
ザ・ビートルズ
“オン・エア〜ライヴ・アット・ザ・BBC”
 それから19年の月日を経てその第2弾がリリースされることになったのは、新たに質の高い音源が発掘されたことはもちろん、スタジオ技術の進化も大きな要因となっているようだ。じつはこの『Vol.2』のリリース企画自体はおよそ4年前から始まっていたらしいが、ビートルズ関連の作品を公式にリリースするとなれば、やはりそれなりの条件がでてくる。『vol.2』プロジェクト・マネージャーのガイ・ヘイデンいわく、ビートルズの作品をリリースできるのは「これまで存在していたものより良い音質の作品を出せる場合」、あるいは「新たな音源を出せる場合」に限定されているのだという。『Vol.2』はそのふたつの条件を満たしたことで、ようやくリリースされる運びとなったのだ。
 制作がロンドンのアビイ・ロード・スタジオで行なわれた理由については、わざわざここで説明する必要もないだろう。最近だと2009年のリマスター盤も記憶に新しいが、ビートルズの作品にかかわる作業は初期からこのスタジオで行なわれているのだ。作品をリリースするにはどれだけのクオリティが要求されるかを熟知したエンジニアらによって、まずは素材となるテープがデジタル化され、そこからノイズを検出して取り除き、パフォーマンスのみを取り出していく。そしてそのリマスタリングを聴き返しながら、作品に収録されるべき演奏と会話を選び、実際に放送されていたラジオ番組の雰囲気を再現するような曲順に構成していく。その一連の作業にスタッフとアビイ・ロードのエンジニアはおよそ8ヵ月間を費やした。
 では、そうした過程を経てついに完成した作品を見ていこう。1960年代、BBCラジオは世界各国の局に番組を供給していたため、音源のアーカイヴが英国内で放送されていたものだけでなく、海外向けの番組として放送されたものも存在する。その海外放送用の音源、いわゆる“トランスクリプション・ディスク”が、今回の『Vol.2』では重要な役割を果たしているようだ。
 全63トラックのうち、公式未発表音源は37トラック。そのなかでもやはり目玉となるのが、未発表曲となるふたつのカヴァーだろうか。ひとつはチャック・ベリーの「アイム・トーキング・アバウト・ユー」。そしてもうひとつが“アメリカ音楽の父”スティーヴン・フォスターが19世紀半ばに残したスタンダード・ナンバー「ビューティフル・ドリーマー」。もちろんおなじみの楽曲もBBCヴァージョンとしてたっぷりと収録されている。ドイツのハンブルクで演奏力を磨いてきた彼らが世界を変えるバンドへと成長を遂げていく。その当時の興奮を追体験できるという意味でも、やはりこのBBCセッションはたまらないのだ。
 ちなみにビートルズがBBCのラジオ番組に出演した回数はおよそ75回とされており、そのなかで彼らはのべ275曲分のパフォーマンスを行なってきたという。つまり、この『Vol.2』と新たにリマスタリングされた『Vol.1』に収録されているのは、これでもまだ一部にすぎないのだ。今回の収録が見送られた音源はかなりの数におよぶが、またテクノロジーが向上していけば、将来的にはそれらが我々のもとに届く日もくるのかもしれない。『オン・エア〜ライヴ・アット・ザ・BBC Vol.2』を聴くと、思わずそんな妄想まで掻き立てられてしまうのだ。
文 / 渡辺裕也
写真 (C)Apple Corps Ltd.
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015