ライトな感覚で楽しめる土岐麻子の“入門篇”CMソングとカヴァー楽曲を集めた新作がリリース

土岐麻子   2011/01/20掲載
はてなブックマークに追加
 耳に残る魅惑的な声の魅力で、数多くのCMの楽曲やナレーションを手がけてきた土岐麻子が、CMソングとカヴァー楽曲のみを集めたニュー・アルバム『TOKI ASAKO “LIGHT” 〜CM & COVER SONGS〜』をリリース。カヴァー曲に込めた音楽への想いを、語った。


――本作はどのようなコンセプトで制作されたのですか?
 土岐麻子(以下、同) 「今回のアルバムは、〈Gift 〜あなたはマドンナ〜〉を軸にして内容を決めていきました。嬉しいことに〈Gift 〜〉は資生堂「エリクシール シュペリエル」CMソングとしてたくさん流れる楽曲だったので、老若男女問わず“この曲、なんか好き!”と手に取ってくれる可能性も今までより高いかもしれない。そこで、アルバムも全曲を通して聴きやすく、いわば“土岐麻子入門篇”みたいな、ライトな感じにしたかったんです。カヴァー曲も、CDジャケットの裏面を見た時に“この曲知ってる!どうなってるんだろう?”という期待を抱いてもらえるような有名曲ばかりをあえて集めました」
土岐麻子――これまでの作品やライヴでも積極的にカヴァー曲を歌われていますが、その魅力はどんなところに?
 「カヴァー曲は、みんなが知っている曲をこの人はこう歌う、あの人はあんな風に歌うっていう違いが面白いけれど、いろんな人が歌っているヴァージョンを聴いて初めてその曲を知る、逆のきっかけもありますよね。アルバムやライヴでは、私自身が歌いたい曲だったり、昔の曲やジャズのスタンダード曲でも、その曲を知らない世代の人に“この曲を伝えたい”と強く思う作品を選んでいます。私自身、江利チエミさんが大好きなのですが、たとえば〈COME ON A MY HOUSE〉を歌うことで、聴く人がチエミさんってどんな人なんだろう、とか、昔の歌謡曲ってすごいな、とそこから音楽をさかのぼってくれるかもしれない。そんなことも意識しています」
――ジャンルや年代の幅広さと共に、全体的な奥行き感を感じますね。
 「CMソングになったオリジナル楽曲でも、〈Gift 〜〉はすごくコマーシャリスティックで外側に向いた曲だけど、2曲目の〈How Beautiful〉は数ある自分の曲の中でも、もっとも自分の内側に寄り添う曲。カヴァー曲では、〈青空のかけら〉や〈小麦色のマーメイド〉のように、曲の中にわかりやすい主人公がいて、あらかじめよく考えられて作られた曲は、歌う人にとてもオープンで、曲の世界観にも入りやすい。それに対して、ビートルズの〈ALL YOU NEED IS LOVE〉や(忌野)清志郎さんの曲のように、メッセージを伝えるための曲でかつ、その人のパーソナリティや癖みたいなものがそのままメロディになっているものは、自分の言葉になるように出てくるまで苦労して、ひたすら練習する。そういう落差があるのって、おもしろいかな、と」
土岐麻子――TRICERATOPSの和田唱さんとデュエットしたマイケル・ジャクソンの「Human Nature」のカヴァーでは、2人のハーモニーがとても心地良くて印象的です。
 「この曲は、ジャズ・ヴァージョンと和田くんと歌ったのと2つあったのですが、一曲くらい他の人の声が入っていてもいいなと思って、今回はこちらを入れました。レコーディングの最初って、上手く歌おう、という邪念みたいなものでどうしても集中できない時があるんですけど、和田くんは音が始まった瞬間に音楽になれる人。これは別々のブースでお互いをガラス越しに見ながら一緒に歌ったテイクなんですけど、私の方がすごくひっぱってもらったような感じでした。単なるデュエットじゃなく、マイケルとこの曲に対する彼のリスペクトがとてもわかりやすい形で現れていて、カヴァー曲としてすごく成り立っている感じが好きです」
――このアルバム、聴き始めはそれこそライトなのに余韻がすごくディープで、不思議な魅力を感じました。
 「それ、嬉しい! 入り口は楽しげに、だけど最後はてんぷらになりかける“注文の多い料理店”みたい(笑)。カヴァー曲やCMソングは、自分発信というよりも他からの発信という側面が多いので、今回のアルバムを作る前は、完成型が未知数だった部分もありましたが、CM曲、カヴァー曲というテーマの中でこれまでに録った曲をバラバラに並べることによって、“土岐麻子の音楽”というものがかえってハッキリ見えた気がします。もともと私自身、カヴァー曲を歌う人がそれをどれだけ、またどんな風に自分のものにしているか、という聴き方をするのが好きだったんですが、そういう意味では、このアルバムでは自分の側面が見えすぎた感じもありますね(笑)」
取材・文/吉原樹世乃(2010年12月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015