ポール・ウェラーも大絶賛するUKロックの正統的後継者、ザ・トルバドールズ

トルバドールズ   2008/12/26掲載
はてなブックマークに追加
 the Enemyマーク・ロンソンのツアーでオープニング・アクトに抜擢され、あのポール・ウェラーからも「英国伝統メロディの至宝だ!」と絶賛されるなど、ビートルズから連綿と続くUKロックの正統的な後継者として注目を集めるザ・トルバドールズ。“SUMMER SONIC '08”に続き、2度目の来日を果たした彼らを直撃し、エヴァーグリーンな輝きを放つトルバドールズ・サウンドの魅力に迫った。


 リヴァプールとウィガン出身の4人組ギター・バンド、ザ・トルバドールズ。彼らが作り上げたデビュー・アルバム『ザ・トルバドールズ』は、甘くキラめくメロディとアコースティック・ギターを基調としたバンド・サウンドが存分に詰まった作品だ。
 「アルバムは、何年経ってもリスナーに“今の旬”みたいな感覚で聴いてもらえる作品にしたかったんだ。それと、聴いてる人を旅に連れていくような思いにさせたくて、曲ごとに旅の過程が見える、そんなアルバムにしたくて。1曲目が〈ホエア・ザ・レイン・フォールズ〉でラストを〈ウィンドフォール〉で終えるって曲順は、最初から決めてた。〈ホエア・ザ・レイン・フォールズ〉はずっと歌い続けている曲だし、僕らの自己紹介に最適な曲だと思ってる」 (マーク・フリス/vo、g、p、hca)





 みずみずしく爽快なトルバドールズの楽曲からは、ビートルズやホリーズラヴブライアン・ウィルソンペイル・ファウンテンズシャック、そしてラーズストーン・ローゼスといったルーツが見て取れる。本作にも収録されている、彼らのイギリスでの1stシングル「ギミ・ラヴ」を名プロデューサー、ジョン・レッキーが手掛けたというのも思わず納得。もちろん、彼らはそうしたルーツを、ただなぞっているわけではない。ブリティッシュ・ポップ、ネオアコ、ソフト・サイケデリックというキーワードをきちんと昇華し、自分たちの音楽としてクリエイトしている。アルバムの隅々に、20代前半の彼らのフレッシュさがみなぎっているのだ。
 「曲作りで一番大事にしてるのは、やっぱりメロディ。キャッチーで頭にずっと残るようなもので、それにヴァリエーションも多くなきゃダメだと思ってるよ。あと、自分がそのとき好きな音楽を素直に表現していきたいんだ。今は、アコースティック・ギターをメインに使ってるけど、ひとつのことをずっとやり続けたいとは思っていない。今はエレキも弾くし、そのうちタンバリンだけ叩いて歌っているかもね(笑)」 (マーク)

 もうひとつ彼らのサウンドを印象づけるものとして挙げられるのは、見事なまでのコーラス・ワークだろう。
 「自分たちが影響を受けたバンドがハーモニーを重視してるからね。ビートルズもラヴもそうだし。コーラスは、自分たちには大切なものだね」 (トニー・ファーガソン/b)

 今のポップ・ミュージックはエレクトロニックなものが多いが、その中で彼らはいいメロディとシンプルなバンド・サウンドという、いわばトラディショナルなやり方で自分たちの道を踏み出した。音楽シーンの中での自分たちの立ち位置を、彼ら自身はどうとらえているのだろう。
 「僕らは、世の中のトレンドや他のバンドが何をやろうと一切気にしないんだ。それにリヴァプールは、ラヴやキャプテン・ビーフハートとか、グッドサウンドに影響されてる人が多い場所なんだよ。そこは、自分たちらしさとして残しておきたくてね」 (マーク)
  「自分たちは、ラジオ向きでありながら良質な音楽を作るのに成功したんじゃないかと思ってるよ」 (エルモ・ニーノ/ds)





 さて、“SUMMER SONIC '08”出演に続き、先頃2度目の来日を果たした彼らだが、その間にギタリストのジョニーが脱退し、新たにルークが加入した。メンバー・チェンジについて、そしてこれからのトルバドールズの目標を、最後に訊いてみよう。
 「ジョニーは、ガールフレンドが妊娠してもうじき子供が生まれる。結婚するし、これからの人生を選択しなきゃいけなかったんだよ。それで、リヴァプールで一番腕のいいギタリストのルークを入れたんだ。彼もソングライターなので、いずれ曲を持ってきてくれるかもね(と、ルークの方を見る)」 (マーク)
 「(恐縮気味に)今のところ僕がトルバドールズにもたらしたのは、自分のギターを持ってきたことくらいだよ(笑)」 (ルーク・トムソン/g)
 「そうだな(笑)。いやいや、彼が入ったことによって、バンドがよりタイトないいサウンドを鳴らすことができるようになったよ」 (エルモ)
 「それは、僕らのライヴを観てくれた日本のファンなら分かってもらえたはずさ」 (トニー)
 「あと将来の目標は、よりビッグになりたいし、結成のときから目指していた、普遍的な音楽を作り続けるバンドになりたいと思ってるよ」 (マーク)



取材・文/土屋恵介(2008年11月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015