スウェーデンの新星SSW、ウルリック・マンターが日本デビュー!―スターになった18歳の“今を生きる”感覚とは?

ウルリック・マンター   2012/09/05掲載
はてなブックマークに追加
スウェーデンの新星SSW、ウルリック・マンターが日本デビュー!―スターになった18歳の“今を生きる”感覚とは?
 地元スウェーデンでは2011年にリリースされた1stアルバム『ウルリック・マンター(Ulrik Munther)』が、当地のアルバム・チャートで初登場1位を記録。17歳にして国民的アイドル・シンガーの座に上ったウルリックだが、注目すべきはこの若さにして完成度の高いポップ・ロック・ソングをものする、ソングライターとしてのポテンシャルだろう。オープニングに置かれた「ウルウル・サマー(原題:Sticks And Stones)」こそ、エレクトロ風味の勝ったポップだが、「モーメンツ・アゴー」や「ライフ」では、若者らしい“今を生きる”感覚に、思春期ならではの内省が交錯。こんな曲を、ちょい切なさがのぞくハスキー・ヴォイスで歌ってみせるのだから、今後の伸びしろに期待大、の18歳なのだ。
 ウルリック・マンター(以下同) 「〈ライフ〉は、英語で歌詞を書いた最初の曲のひとつなんだ。14歳だった。2年後、アルバム用にレコーディングした時、多少手直ししたけど、歌詞の大筋は変わってないよ」
――「モーメンツ・アゴー」もそうだけど、若いなりに“生きているって、どういうことだろう?”と、自分の来し方を見つめ直すような歌詞が多いですね。
 「基本はどこにでもいる普通の男の子。アマチュア時代、友人とやっていたバンドでは、クイーンAC/DCの曲をコピーして、“スターになって注目されたらいいな”みたいなことを考えていたんだけど(笑)。一方で、部屋に引きこもってギターで曲作りしながら、あれこれ思いをめぐらせるのが好きだった。そういう状態って、おのずと人生について考えるようになるよね」
――作曲を通じて、自分自身を“再発見”する側面もあるんじゃないかと。
 「どうだろう…そういう見方をしたことはなかった。でも、そうかもしれない。曲を書くことって、自分の魂を作品に注ぎ込む作業でもあるから、自分の内面について、より深く理解するようになること自体、けっして不思議じゃないよね」
――「アルバーン・ロード」の、風景が目に浮かぶような歌詞も印象的です。
 「実在する通りの名前じゃないんだけど、具体的な地名を入れることで、映像的な効果が上がったんじゃないかな。“アルバーン”という音の響きは、秋を意味する“オータム”にも似ている。秋の景色ををイメージさせる、というか…。歌詞に描かれているのは夏の思い出なんだけど、歌っている僕が立っている季節は、秋なんだよね」
――「ヒーローズ・イン・ディフィート」や「ソルジャーズ」では、ハーモニカも吹いてますよね。
 「子どもの頃、父が吹いているのを見て興味を持ったんだ。父はあんまりうまくなかったけどね(笑)。その後、ライヴをやるようになってから、ふと思い立って〈ヒーローズ〜〉でハーモニカを吹いてみたら、すごくウケた。曲をドライヴさせてくれたんだ。最近では、あまり使われない楽器だし、僕なりの特色が出るような気がして、気に入ってるよ」
――ところで〈フール〉の一節にあるように、“サングラスをかけて外に出る”ことって、よくあるの?
 「スウェーデンにいる時は、よくあるかな。デビューして以来、地元では有名になってしまったから。なんとなく周囲から距離を置きたい気分になることって、あるよね。文字通り自分の周りにシェードを下ろす、みたいな」
――じゃあ、初めての日本はどうですか?
 「おもしろいよ。プロモーションのために、ロンドンやパリ、LAやNYを回ってきたけど、初めての土地で、いろいろな人たちに出会うこと自体が、曲作りのヒントになる。つい先日も『ロスト・イン・トランスレーション』を観て、“今の僕そっくりの映画だなあ”と感銘を受けたばっかりなんだ」
――手のひらに、あれこれメモが書いてあるのが見えますけど(笑)。
 「うわ〜、恥ずかしい(笑)。日本語のフレーズをいくつか書き込んであるんだ。“ニッポン、ダイスキ”とか“ゲンキ”。あと“カワイイ”(笑)」
――スウェーデン語の決め言葉も教えてくださいよ。
 「“Lagom(ラーゴム)”という言葉がある。“適当”とか“ほどほど”という意味だね。ライヴの時上がりすぎて歌詞を忘れないように、僕自身モットーにしているよ(笑)」
取材・文/真保みゆき(2012年8月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015