洒脱で洗練された英国的ポップネス――幸せと悲しみのコントラストを描いたワークシャイのニュー・アルバム

ワークシャイ   2011/02/22掲載
はてなブックマークに追加
洒脱で洗練された英国的ポップネス――幸せと悲しみのコントラストを描いたワークシャイのニュー・アルバム
 すうっとわき上がる英国的なポップネスやソウルネス。洒脱とか洗練とかいった形容が冠されることも多い、そんな都会的表現を送り出すワークシャイはヴォーカルのクリスタ・ジョーンズとサウンド作り担当のマイケル・マクダーモットからなるデュオ・ユニットだ。彼女たちは3年ぶりとなる新作『Bittersweet』を発表し、4月には来日も決定。今回、質問に答えてくれたのはクリスタ・ジョーンズ。彼女によれば、新作は大きな転換期を経ての新規蒔き直し作であるようだ。
――今年で結成25年目となりますが、そもそも結成当初はどういう音楽をやりたかったのでしょう?
クリスタ・ジョーンズ(以下、同)「お互い、好きなものと嫌いなものの趣味が共通していたので、好きなものを集めて、好きでないものを排除していったの。私たちはソウル、ファンク、ジャズ、(バート・)バカラックといったものが共通して好きだったので、それを私たちなりのやり方でハイブリッドにやりたかった」
――これまでで、ターニング・ポイントと思えることはあったりするのでしょうか?
 「マイケルが(『スマイル・アゲイン』のレコーディングを終えたその日に)事故に遭ったことをご存知かしら? かなりの大事故で、大怪我をしたのよ。だから、あれが間違いなくターニング・ポイントだったと思うわ。生きているのがどんなに大事なことかが判ったんですもの。今作はその事故以来初めてのアルバムなので、前作よりも考えさせられる内容、もっとずっと深くて、少しダークでコントラストの強い作品になっているわね。幸せと悲しみ、生と死、苦々しさ(bitterness)と甘さ(sweetness)との対比が多い。アルバム・タイトルの『Bittersweet』は、人生そのものを表わしている。苦いと同時に甘くもあるということね」
(C)Photo by Euan Danks
――今作は3曲も他者の曲を取り上げています。そうなった理由は?
 「どれも、それぞれに違うわよね。ラヴァーズ・ロック(レゲエ)の〈シリー・ゲームズ〉、ビョークの〈ヴィーナス・アズ・ア・ボーイ〉、それから〈ウィル・キープ・ストライヴィング〉(米国R&B歌手、ララの87年曲)と、どれもとても傾向が違うわ。ジャンルの違う曲をところどころに入れて、私たちのスタイルをちょっとお休みさせたかったのよ。私たちはカヴァー曲をやるのが好きなので、選曲には苦労した。できれば(候補に挙げた曲を)全部やりたかったんですもの!(笑)」
――それらの原典はどれも女性が歌った曲ですが、やはり女性が歌った曲の方がカヴァーしやすいですか?
 「そうだと思うわ。考えたこともなかったけど、女性の曲の方に共感できるんでしょうね。でも、お風呂の中でデヴィッド・ボウイの曲を歌うのは好きよ(笑)」
――オリジナル曲の方は、近年書かれたものですか?
 「そうよ。私たちは何曲か一気に書き上げるの。昔は、それぞれ曲を書いてそれを持ち寄っていた。でも最近は、とくに私には子供たち(11歳と9歳)がいるし、マイケルはスタジオで作業することが多いので、彼がコード・パターンを考え、私がメロディを考えることが多いわね。歌詞は、2人で一緒に考えるの」
――英国人らしさ、ということに、音楽を作っていて留意することはありますか?
 「自然とそうなっているんでしょうね。私たちはアメリカの音楽に影響を受けているけど、イギリス英語のアクセントで歌っているので、何をやっても、英国らしさが出てしまうんでしょう。それに、礼儀をわきまえているところが洗練されていて、ある意味控えめなの。ドタバタやっているのではなくて、テーブルに穏やかに座っている感じ(笑)。それが英国らしさに繋がっているのかもしれないわね」
――ポップ・ミュージック界の喧騒から少し離れ、じっくりと自分たちの表現を作り、アルバムを出したいときに出す。そんなあなたたちに触れて、うらやましいスタンスで音楽活動をしている、と感じる人は少なくないと思います。それについての感想は?
 「ありがとう。でも、私たちはこのやり方でしかやれないのよ。いいものを作り続けるには、つねに自分たちが本当にやりたいことをやるしかないの。どうすればお金持ちになれるか、どうすればヒットするか、とかいうことではなくね。私たちはこういうやり方でやってきたかったのよ」
取材・文/佐藤英輔(2010年12月)


ワークシャイ ジャパン・ツアー2011

4月8日(金)9日(土)
ビルボードライブ東京
お問い合わせ:03-3405-1133

4月11日(月)
ビルボードライブ大阪
06-6342-7722

※チケット予約はビルボードライブの公式サイト(http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=7614&shop=1)まで。
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015