ジャズ黄金期の楽曲をストレートアヘッドに聴かせる 矢野沙織の新作

矢野沙織   2010/01/14掲載
はてなブックマークに追加
 オルガン・トリオをバックにしたカルテット、あるいはトランペットを加えたクインテットというコンボ編成で「ザ・キッカー」(ジョー・ヘンダーソン)、「スウィート・ケイクス」(ブルー・ミッチェル)、「ブルース・ウォーク」(ルー・ドナルドソン)といったジャズの名曲を演奏する。矢野沙織の新作『BEBOP AT THE SAVOY』は、14歳のときからジャズ・クラブに出演して腕を磨いた彼女にとって“勝手知ったる我が家”のようなものだろう。水を得た魚のようなプレイを繰り広げている。


――「サヴォイでストンプ」(Stompin' at the Savoy/ジャズの名曲)にかけたアルバム・タイトルが印象的です。
矢野沙織(以下、同)「サヴォイというレーベルのアーティストであることは、私にとって何よりも誇らしいことなんです。デビューしたときから、なんとかサヴォイの名前を出してCDを作れないものだろうかと打診していたんですが、今回、願いが叶いました。サヴォイの名曲ということで〈ファイヴ・スポット・アフター・ダーク〉(カーティス・フラーの『ブルースエット』に収録)も入れています。私がサヴォイのミュージシャンだということをもう一回、認識していただけたら嬉しいですね」
――スタンダードとともにジャズ・ミュージシャンが書いたジャズの人気曲も多く収められていて、これまでのアルバムで最もジャズ・ファンにアピールする選曲だと思います。
 「前回の『Gloomy Sunday』ビリー・ホリデイのトリビュートで、大好きな曲ばかりだったんですけど、ほとんど全編バラードでした。今回はルー・ドナルドソンのバンドにいらっしゃるドラマーの田井中福司さんにすべてお願いして、ルーさんのバンドでやっている方たちを集めていただき、がっちりビ・バップを録音したいなと思ったんです」
――田井中さんとレコーディングすることになったきっかけは?
 「田井中さん、かっこいいですからね。ルーのバンドに20年間ずっといて、カーネギーホールやブルーノートに出ているのは偉業だと思うんです。そういうことを含めて、ぜひ一緒にやっていただきたいなと思っていました。田井中さんの演奏は安定していて、安心できます。ソリストとしての私は、しっかりした基盤がある上で自由に乗っていられる状態が一番いいと思っているんです。田井中さんやパット(・ビアンキ/og)さんがいることで、そういう状態を作れたことは大きかったですね」
――快調なレコーディングだったことはアルト・サックスのソロからも伝わります。たとえば、速いパッセージを吹き切ったあとのビブラートが丁寧に感じられ、そうした点も聴きごたえにつながっていると思います。
 「ビリー・ホリデイのトリビュートをやったことも反映していると思います。彼女の音楽を聴くとき、どこを聴くかというと、末端の処理なんです。大好きな中島美嘉さんを聴くときも同じです。音が消えるときはどうしているんだろうって。グッとくるんですよね。ビリー・ホリデイのトリビュートをレコーディングしてみて、私は発音を大事にしたかったんだと納得できたんです」




――「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」と「バードランドの子守唄」を収録しているのは、クリフォード・ブラウンつながりですか? ※前者はヘレン・メリル、後者はサラ・ヴォーンの決定的名唱があり、ともにクリフォードが客演。
 「なきにしもあらずですね。歌えたら歌手になりたいくらいで、歌モノに関してはテーマに執着しています。そのへんの気持ちよさは前回のレコーディングで感じました。歌モノのソロはスキャット感覚でいたいなと思っています。今回の歌モノは、私が歌手で、ほかのソリストがクリフォード・ブラウンというイメージですね。だから〈バードランドの子守唄〉でもテーマのあと、すぐにトランペット(ジム・ロトンディ)のソロを持ってきているんです」
――ボーナス・トラックの「Laura Peacock〜太陽の船のテーマ」はオリジナルで、考古学ドキュメンタリー番組のテーマ曲です。どのようなイメージで作曲したのですか?
 「とにかくたくさんの財宝をもった国なんだなということは認識できたので、さまざまなモチーフやフレージングを宝物に見立て、曲全体でエジプトという国を表現することにしました。私はストリングスの入る大編成を考えていたんですが、アレンジの斎藤ネコさんがエレキギターなどの入る編成(アルト・サックスを含めて8名)にこだわったんです。この人数であれだけの音にするのはすごいなと思います。仕上がりにはびっくりしました。気に入っています」
――2月から3月にかけての全国ツアーはどのようなものになりますか?
 「田井中さんをニューヨークからお呼びして、オルガン・トリオとやります。曲目はまだ決めていませんが、ルー・ドナルドソンの曲は必ずやるでしょうね。やると気持ちいいんですよ(笑)」
取材・文/浅羽 晃(2009年12月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015