自身のルーツや溢れ出してくる自意識と向き合って――YUKIが新曲「汽車に乗って」を発表

YUKI   2008/04/10掲載
はてなブックマークに追加
自身のルーツや溢れ出してくる自意識と向き合って――YUKIが新曲「汽車に乗って」を発表
 理想の音楽を求めて、ソロ活動を始めてから5年が経つYUKI。彼女が、今までの作品にはなかったサウンドを取り入れたニュー・シングル「汽車に乗って」を4月16日に発表する。自身のルーツなどを取り入れた、サウンド面からも心境の変化が窺える本作について話を訊いた。



 ソロになって5年。音楽に対してさまざまな挑戦をしてきたYUKIが、あらためて自分のルーツや、自身から溢れ出してくる自意識と向き合った「汽車に乗って」は、これまでのエレクトロ・ポップとは一変。まずそのサウンドの変化に驚かされる作品となった。

 「〈メランコリニスタ〉以降は、自分のルーツから逃れて違う人を演じるという方法で歌詞を書いたり、いただいたお話を自分なりに消化して昇華していくという、受身な曲作りをしていたんです。でも今は、そういうところから抜け出していて。自分の血となり肉となっている、大袈裟にいうと人生を歌に入れるということを、もう一度やってみようと思ったんです」

 そんな強い想いとは反比例するかのように、YUKIの切なく優しい歌声が漂う今作。函館から上京したときの想いを描いたという歌詞は、印象的なマンドリンの音とともに、懐かしい風景を感じさせてくれる。

 「歌っていて泣きたくなるような歌が作りたかったんです。夢の場所は夢のまま。それがもうわかっている歳だからこそ、そこを無理に“あきらめないで”というふうに完結したくなかった。この歌は、こういうことだ、と言い切るような、わかりやすい歌詞ではないかもしれないけど、何か胸に突き刺さる自信があるんです。私の歌がテンポより少しずれていたり、少し音程がずれていたり。今回は、そういうものが自然に出ていたから、そこを活かすようにしたんです。プレイヤーみんなが詩の世界に寄り添って音を入れていくと、すごく人間味のある音になりました。これからは、何かはみ出した歌を歌いたいんです。ふと耳に入ったときに、“何この歌、すごい!”って聴いてしまうような……。そういう歌に宿る強さって絶対あると思うんです」





 カップリングの「just life! all right!」は、エレクトロ・サウンドの上を、まるで言葉遊びのような歌詞が跳ねていく軽快な歌。この、まったく違ったベクトルを向いている2曲を1枚のシングルに入れるということが、YUKIの現在の心境を物語っている。

 「どんな曲調のものを歌っても、やっぱり私は私でしかなくて。もっと自由な表現ができるようになりたいなと思って、この2曲を入れました。この2曲を1枚に入れるということは、どういう方向性でやっていくとかは考えず、その時に自分が歌いたいと思う歌を歌っていく、という決意表明なんです」

 そして5月には、昨年11月に行なわれた日本武道館ライヴの映像を中心に構成されたDVD『YUKI LIVE “5-star”〜The gift will suddenly arrive〜』がリリースされる。

 「マーク・ボランリンゴ・スターと作った映像(『Born To Boogie』)がすごく好きで、そのイメージがありました。今回は、ライヴ映像だけではないもので、何度観ても楽しめるものにしようと思って作ったので、 “ライヴ・ビデオ”というよりは、5周年記念ビデオですね」

 4月17日からは待望の全国ツアーもスタート。6年目への新しいスタートを切ったYUKIの、また新たな歌とパフォーマンスが、全国各地で観られるに違いない。


取材・文/矢隈和恵(2008年3月)



【YUKI LIVEスケジュール】
■“ユキライブ ブリッツポップジェネレーション2008”
【会場】赤坂BLITZ
【日時】6月4日(水)
※問:ホットスタッフ・プロモーション(03-5720-9999)

■“Hot Stuff Promotion 30th Anniversary 『BLACK AND BLUE』”
【会場】Zepp Tokyo
【日時】6月22日(日)
※出演:YUKI/銀杏BOYZ
※問:http://www.red-hot.ne.jp/30th

■“YUKI concert New Rhythm Tour 2008”
4月17日(木)戸田市文化会館
4月23日(水)大阪フェスティバルホール
4月24日(木)大阪フェスティバルホール
4月28日(月)北海道厚生年金会館
5月12日(月)広島厚生年金会館
5月18日(日)名古屋国際会議場 センチュリーホール
5月20日(火)福岡サンパレス
5月25日(日)仙台サンプラザホール
5月29日(木)日本武道館
5月30日(金)日本武道館
※詳しくはYUKIオフィシャル・サイト(http://www.yukiweb.net)へ。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015