“空っぽの感覚”に心惹かれてしまうロック作――ゆらゆら帝国が新作を語る

ゆらゆら帝国   2007/10/11掲載
はてなブックマークに追加
“空っぽの感覚”に心惹かれてしまうロック作――ゆらゆら帝国が新作を語る
 2005年のアルバム『Sweet Spot』以来となる、ゆらゆら帝国のニュー・アルバム『空洞です』が10月10日にリリース。本作は、ストイックな創作意欲のもと“空っぽの感覚”が追求された独特の世界観を持つ究極のロック作。その大作を完成させたゆらゆら帝国の中心人物、坂本慎太郎に話を聞いた。


 ゆらゆら帝国のニュー・アルバム『空洞です』が凄いことになっている。アルバム全体の起承転結は、ほぼ皆無。肉体的なカタルシスやダイナミズムとも一切無縁。8ビートや3コードといったロックの定型も完全に無視。そもそも、ギター・ソロすらありゃしない。にも関わらず、ないない尽くしのこの作品に、ここまで心惹かれてしまうのは一体どうしたことだろう? いわく「空っぽな感覚」を徹底的に追求し、究極のコンセプト・アルバムともいうべき今作を作り上げた、ゆらゆら帝国の首謀者・坂本慎太郎に話を訊いた。

 「アルバムを作る時は、いつも大まかなコンセプトみたいなものがあるんですけど、途中でイメージに合ってない曲が出来ちゃったりして、最終的に、バラエティ豊かな作品になってしまうことが多かったんです。でも今回はアルバム単位の存在感みたいなものを考えて、そこを外さないようにしようと。アレンジとか曲の方向性とか、面白いことをいろいろ思いついても、あえてやらないとか。徹底的に意識して、作品に統一感を持たせようと思ったんです」

 そんな透徹した世界観を目指し、いざ制作が進められることとなった今作。サウンドのキモとなっているのは、ミニマル・テクノを思わせる無機質なリズム・セクションと、トレモロを多用したホワホワと浮遊感漂うギターの音色。それらは、ある種、眠りに落ちる瞬間にも似た、甘美で抗いがたい快感を聴き手に与えてくれる。

 「演奏に関しては、ひたすら、とりとめのない感じを目指したっていうか。コード感も、マイナーかメジャーか、わからないような雰囲気のものが結構あるんですけど、そういう部分もすごく考えました。ヴォーカルに関しても肉体性をあんまり出さないようにしようってことで、薄く引き伸ばしたような人工的な感じにしてあるんですけど、逆に、それがエモーショナルに感じられるような瞬間もあったりして。歌も演奏も、いろんなふうに解釈できるようなものになっていて、そこは自分でも上手くいったなと思いますね」





 まるで、とんでもなく美味しいドーナツの真ん中部分だけをひたすら食っているような……という譬えは、言葉遊びでも、ましてや謎掛けでもなく。今作には、食えども食えども満腹にならず、その実、何度でも繰り返し味わいたくなるような、えもいえぬ魅力が、坂本の完膚なきまでのコダワリのもと、細部にわたり、丹念に封じ込められているのだ。

 「今回のアルバムって、全力を注いで執念で作ったようなところがあるんですけど、コンセプトがコンセプトだけに、音にはそういうものが直接的には出てないと思うんですよ。空洞を目指しただけに。でも薄いかといえば、そうではなくて、密度の濃厚な感じがしっかり音に出てるというか……。そのへんのバランスも、すごくよかったと思いますね」

 結成から18年。聴き手の期待を凌駕する斬新な作品をマイペースながらも着実に世に送り出してきた、ゆらゆら帝国。そんな彼らの長きにわたる活動を支えてきたのは、ひとえに自己模倣や予定調和を徹底的に排除する、純粋かつストイックな創作意欲に他ならない。

 「(バンドを)やっててツマんなくなっちゃうのが、いちばん嫌だなと思っていて。常に楽しみたいっていうのがあるから。一回やったことを何度も繰り返してたら、だんだん飽きてきちゃうと思うんですよ。やっぱり演奏してる本人たちがワクワクできないと……。意外に、自分たちの興味とか楽しみを持続させたいという思いが強いから、こうやって長い間、バンドを続けてくることができたのかもしれませんね」



取材・文/望月 哲(2007年9月)


【ゆらゆら帝国 追加公演が決定!】

“ゆらゆら帝国 LIVE2007 ツアーファイナル”
■12月17日(月)SHIBUYA-AX
■OPEN/START:18:30/19:30
■チケット:
・前売:1F STANDING/2F SEAT \3,150
・当日:1F STANDING/2F SEAT \3,500

“ゆらゆら帝国 LIVE 2007”
■10月20日(土) 沖縄桜坂セントラル
■OPEN/START:18:00/19:00 All Standing ¥3,150(ドリンク別)
■問い合わせ:ピーエムエージェンシー 098-898-1331
チケットぴあ

■11月2日(金) Zepp Sendai
■OPEN/START:18:30/19:00
■All Standing ¥3,150(ドリンク別) 
■問合せ先:ノースロードミュージック 022-256-1000
チケットぴあ

■11月4日(日) 札幌ペニーレーン24
■OPEN/START:18:00/18:30
■All Standing ¥3,150(ドリンク別) 
■問合せ先:ウエス 011-614-9999
チケットぴあ

■11月10日(土) 横浜BLITZ
■OPEN/START:18:00/19:00
■1F STANDING,2F SEAT/¥3,150
■問合せ先:HOT STUFF03-5720-9999

■11月28日(水) 名古屋クラブダイアモンドホール
■OPEN/START:18:00/19:00
■All Standing ¥3,150(ドリンク別) 
■問合せ先:SMCプラザ052-265-2666
チケットぴあ

■11月29日(木) 大阪なんばHatch
■OPEN/START:18:30/19:30
■1F STANDING,2F SEAT/¥3,150
■問合せ先:GREENS 06-6882-1224
チケットぴあ

■12月1日(土)福岡DRUM LOGOS
■OPEN/START:18:00/19:00
■All Standing ¥3,150(ドリンク別) 
■問合せ先:キョードー西日本 092-714-0159

■12月2日(日)広島クラブクアトロ
■OPEN/START:18:00/19:00
■All Standing ¥3,150(ドリンク別) 
■問合せ先:夢番地(広島) 082-249-3571
チケットぴあ
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015