ニュース

初期XTC再び!B・アンドリュース×A・パートリッジ共演作完成

2005/10/25掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 自由に泳ぐ個性的なキーボード・スタイルで初期XTCサウンドを色づけた、バリー・アンドリュース。その彼が現在率いているバンド、シュリークバック(Shriekback)の通算10作目となるニュー・アルバム『Cormorant』がいよいよリリースされます!

 シュリークバックは、XTCを脱退した彼がギャング・オブ・フォーのデイヴ・アレンらとともに結成したバンドで、知性とニューウェイヴのポップさをミックスしたサウンドがアメリカのカレッジ・シーンでも支持されている、実働20年以上にもわたるベテラン・バンド(現在はバリー・アンドリュースの一人ユニット状態)。アルバムには昨年ザ・ヴェイルズのメンバーとしてデビューを飾った、バリーの息子フィン・アンドリュースがヴォーカルで参加しているのをはじめ、数多くのゲスト・ミュージシャンが参加しているそうで、なんと、そのなかには、あのXTCのアンディ・パートリッジがギタリストとして参加しています。この両者の共演は、XTCの2nd『GO 2』(写真)以来、約27年ぶりのことで、アルバムでは数曲にわたってギターを披露しているそうです。リリースはUKにて11月7日を予定。初期XTCを支えた2人の夢の共演に、ぜひともご注目を!


『Cormorant』
01. Ronny
02. Sea Theory
03. Waterbaby
04. Huytfi Dbl Plus
05. Strongest Wind That Blows
06. Load The Boat
07. Troublemeat
08. Reason With The Beast
09. Bonehead
10. Voiled Kerletus
11. True Passage
12. Il Mystera Del Tempo
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
[インタビュー] 次世代アーティストの発掘・育成・普及  Eggsプロジェクト[インタビュー] 「勇敢」「希望」「仲間」をテーマに選曲した清塚ならではのディズニー・アルバム
[インタビュー] 大人気ピアノYouTuberが“ノリノリ”と“癒し”の2枚のアルバムでデビュー ヒビキpiano[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 50周年を記念したアルティメット・コレクションの見どころ聴きどころ
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015