ニュース

『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』今秋公開決定 特報&ヴィジュアル公開

2023/02/22 13:55掲載
はてなブックマークに追加
『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』今秋公開決定 特報&ヴィジュアル公開
 1985年に北条司が『週刊少年ジャンプ』にて連載を開始した『シティーハンター』。原作の発行部数は全世界で5,000万部を超え、今なお世界中で絶大な人気を誇る漫画界の“レジェンド”です。2019年公開の『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』は観客動員数100万人、興行収入15億円を超えるヒットを記録しました。TVアニメ放送開始から当時で35周年を迎えた2022年、『シティーハンター』には欠かせないTM NETWORKによるエンディング・テーマ「Get Wild」のリリースからもちょうど35年にあたる4月8日に待望の新作劇場版作品の制作を発表。以降、冴羽獠役の神谷明に加え槇村香役に伊倉一恵、野上冴子役に一龍斎春水、海坊主役に玄田哲章、美樹役に小山茉美といったお馴染みの声優陣が続投、そしてエンディング・テーマが「Get Wild」であることが発表されると、多くのファンから歓喜の声が上がりました。

 そしてこのたび、本作のタイトルを『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』として、2023年秋に劇場公開することが決定。前作『劇場版シティーハンター 〈新宿プライベート・アイズ〉』に続きこだま兼嗣が総監督を務めることも発表。制作は『シティーハンター』のアニメ作品を手がけてきたサンライズが、新たにアンサー・スタジオとタッグを組み、脚本には映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の脚本やTVアニメ『東京リベンジャーズ』のシリーズ構成を務めたむとうやすゆきを招いての豪華な組み合わせが実現。秋の公開へ向け遂に本格始動する形となりました。

 あわせて公開となったのは特報映像。超一流の射撃の腕をもつ、裏社会No.1の始末屋(スイーパー)「シティーハンター」こと冴羽獠が冒頭から無類の美女好きを発揮。女性に手を出そうとする獠を時に“撃退”しつつも、仕事のパートナーとして支える相棒の槇村香から、100tハンマーならぬ「祝 新作2023tハンマー」を食らいます。「Get Wild」とともにビル街を通る高速道路を疾走する獠の愛車、正体不明の覆面戦士のアクション・シーン、そして獠の射撃シーンと本作への期待が高まる映像が続きます。

 さらに公開されたポスターには、新宿の夜景をバックに佇む冴羽獠と、今回発表されたタイトル『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』の「涙」の文字が弾丸に撃ち抜かれたタイトルロゴ。「天使の涙」とは何を意味するのか、「エンジェルダスト」の正体とは――?そしてキャッチコピーに記された獠が終止符を打たなければならない「過去」とは――?『シティーハンター』は、史上最大級のスケールで、最終章へ進んでいきます。

[コメント]
アニメ放送開始から36年、もはや避けて通れない冴羽獠の原点を探る作品となっています。
愛ともっこり、そしてハードボイルド。
冴羽獠の前に現れる史上最強の敵。
傷を負いながらも依頼を遂行しようとする冴羽獠。
究極の戦いが、ここに始まります。
アクションたっぷりの映像をお楽しみください。

――総監督: こだま兼嗣


©北条司/コアミックス・「2023 劇場版シティーハンター」製作委員会

『劇場版シティーハンター 天使の涙(エンジェルダスト)』
※ハンターと天使の間は半角あけ/()は半角
2023年秋 全国ロードショー
cityhunter-movie.com
配給: アニプレックス

第1弾特典付きムビチケカード
2月23日(木・祝)より販売開始
※上映劇場にて販売中
劇場リストはこちら
cityhunter-movie.com/theater
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] YOYOKA    世界が注目する14歳のドラマーが語る、アメリカでの音楽活動と「Layfic Tone®」のヘッドフォン[インタビュー] 松尾清憲 ソロ・デビュー40周年 めくるめくポップ・ワールド全開の新作
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015