ニュース

Amazon Music、2023年に配信したアーティスト主催のフェス番組を6夜連続Twitchで一挙再配信

2023/12/11 13:39掲載
はてなブックマークに追加
Amazon Music、2023年に配信したアーティスト主催のフェス番組を6夜連続Twitchで一挙再配信
 Amazon Musicは、12月18日(月)〜23日(土)の各夜20:00より、2023年に大好評だったアーティスト主催による音楽フェスティバルの配信番組を、Twitch上のAmazon Music Japanチャンネルにて再配信します。

 各回いずれも、フェス主催のアーティストやゲストが東京渋谷にある多目的スタジオ「Amazon Music Studio Tokyo」で各フェスの舞台裏エピソードなどのトークを展開して、番組を盛り上げます。なお本番組は、アーカイブ配信なしの1夜限りでの配信となります。

 今回配信するフェス番組は、12月18日(月)20:00より『HOSTED BY coldrain BLARE FEST. 2023 DAY1』、12月19日(火)20:00より『HOSTED BY coldrain BLARE FEST. 2023 DAY2』、12月20日(水)20:00より『DEAD POP FESTiVAL 2023 -解-』、12月21日(木)20:00より『京都大作戦 2023 DAY1』、12月22日(金)20:00より『京都大作戦 2023 DAY2』、12月23日(土)20:00より『HEY-SMITH Presents OSAKA HAZIKETEMAZARE FESTIVAL 2023』。

 約3年にわたるコロナ禍期間、ライヴを通じたファンとのコミュニケーションのあり方を模索してきた各アーティストは、正解がないこの問いを抱えたまま、2023年のフェス・シーン開幕を迎えました。開催地の自治体と綿密な打ち合わせを経て、coldrainが「大声での歌唱OK」で先陣を切った〈BLARE FEST.〉、そして最も厳密にガイドラインを遵守してきたSiMが「解」と銘打ってフェス参加者全員のエネルギーを解き放った〈DEAD POP FESTiVAL〉。雨のち晴れの〈京都大作戦〉では、「消えない過去があっても意味合いが変わるまで粘れ」というメッセージが胸を打ちました。そして、子供から大人まで超満員の観客が思い思いのスタイルで2日間踊りまくった〈ハジマザ〉。ただ昔に戻ったのではなく、この3年間で積み重ねてきたアーティストとファン、そして全ての関係者との信頼関係が、ポストコロナ時代の新しいフェスのカタチを作って行きます。考え方は人それぞれ、ただ共通していることは主催アーティスト、そして音楽へのリスペクトです。そんな各フェスの映像と開催秘話を含むトークを一挙にご覧いただき、転換期となった2023年のフェスを振り返ります。

 また、フェス毎に出演アーティストの楽曲をフィーチャーしたプレイリストをAmazon Musicにて公開しています。プレイリストをお楽しみいただくには、Amazon Music Unlimitedへのご登録が必要となります。

Amazon Music Japanチャンネル
www.twitch.tv/amazonmusicjp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
[インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー![インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム
[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー
[インタビュー] HAIIRO DE ROSSI ジャズ・ラップの金字塔 10枚目にして最高傑作[インタビュー] 朝香智子  人気ピアノYouTuber  全曲オリジナル楽曲による新作
[インタビュー] セルゲイ・ナカリャコフ 世界有数のトランペット奏者が新作アルバムで挑んだヴィトマン作曲の超難曲[インタビュー] THA BLUE HERBの映像作品が 2タイトル同時発売
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015