ニュース

黒沢清が贈る完全版“リベンジ・サスペンス”『蛇の道』、西島秀俊と青木崇高の出演発表 場面写真公開も

2024/04/09 12:25掲載
はてなブックマークに追加
黒沢清が贈る完全版“リベンジ・サスペンス”『蛇の道』、西島秀俊と青木崇高の出演発表 場面写真公開も
 『岸辺の旅』で第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門・監督賞を受賞、『スパイの妻』で第77回ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞を受賞するなど、世界から高い評価を得る巨匠・黒沢清の最新作にして自身が「これまでのキャリアの中で最高傑作ができた」と語るセルフリメイク作品『蛇の道』が、日仏共同製作により、完全版“リベンジ・サスペンス”として誕生しました。このたび、6月14日(金)の日本全国劇場公開に先駆けて、第2弾キャストとして西島秀俊青木崇高が発表。あわせて場面写真が公開されています。

 本映画は、全編フランスロケ、フランス語にて撮影。8歳の愛娘を殺された父親が、偶然出会った精神科医の新島小夜子の協力を得て、犯人を突き止め、殺意を燃やす、徹底的な復讐が描かれた作品です。

 新島小夜子役には、柴咲コウ。他人の復讐に協力する謎に包まれた精神科医という難しい役どころを、撮影の約半年前からフランス語のレッスンを受け見事に演じ切りました。タッグを組むのは、第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で審査員賞を受賞した『レ・ミゼラブル』(2019)に出演するなどフランスで注目を浴びる俳優・ダミアン・ボナール。殺された娘の復讐に燃える男・アルベール役を熱演しています。

 そして、今回出演が発表された西島秀俊が演じたのは、パリで精神科医として働く小夜子の元に通う患者・吉村役。黒沢監督とは『クリーピー 偽りの隣人』(2016)を含む4作品でタッグを組み、米アカデミー賞で国際長編映画賞を受賞した『ドライブ・マイ・カー』(2021)をはじめ、『99.9-刑事専門弁護士-THE MOVIE』(2021)、『シン・ウルトラマン』(2022)など多数の話題作に出演、日本を代表する映画俳優として国内外で注目を浴びています。昨年は北野武監督作『首』(2023)に出演し、カンヌ国際映画祭、カンヌ・プレミア部門にてレッドカーペットに登場。上映後は観客からスタンディングオベーションを浴び大きな話題にも。西島は、「黒沢監督と再びご一緒できたこと大変嬉しく思います。あの復讐の物語が再び描かれる、しかも舞台はフランスということを聞き、驚き興奮しました。復讐の果てにはいったい何があるのかが描かれています。これまでに見たことのない物語が待っていると思います」と語っています。

 公開された場面写真では、精神科医・小夜子のもとへ診察に訪れた吉村が虚ろな目でじっと何かを訴えるような姿、また小夜子の側面にぴったりと立ち、生気の無い顔で見下ろす姿が初お披露目。西島が演じるその静かで不穏な存在が、本作でどのように観客の心をざわめかせるのか気になるところです。

 また、第2弾キャストとして発表されたもう1人、青木崇高は、小夜子の夫・宗一郎約で出演。青木は、NHK連続テレビ小説『ちりとてちん』(2007)、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(2022)、映画『るろうに剣心』シリーズ、韓国映画『犯罪都市 NO WAY OUT』(2024)にメイン・キャラクターとして出演したほか、日本アカデミー賞で最優秀作品賞、米アカデミー賞で視覚効果賞を受賞した『ゴジラ-1.0』でも重要な役どころを好演するなど、映画やドラマを中心に活躍の場を広げる俳優。青木は、「国内外に多くのファンを持つ黒沢清監督の作品に関われたこと、同じ日本人としてとても誇らしく思いました。この映画を世界のより多くの方に観ていただきたいです」とコメント。

 場面写真では、薄暗い殺風景な部屋でパソコンに向かい、パリに住む小夜子に語りかけている姿を見ることができます。しかし、その画面を見つめる小夜子の表情は氷のように冷たく、この夫婦の間に流れる溝の深さが計り知れないことが伺えるものに。黒沢監督は、「西島さん、青木さん共に、この映画に素晴らしい多様性と華やかさと、そしてただならぬ緊張感とをもたらしてくれました」と語っています。

[コメント]
西島さん、青木さん、共にたった一日のパリロケでしたが、この映画に素晴らしい多様性と華やかさと、そしてただならぬ緊張感とをもたらしてくれました。現場では、柴咲さんも久しぶりの日本語の芝居でずい分リラックスしていらっしゃいましたが、いざカメラが回り始めると、互いの腹を探り合うような、お二人との不穏なやりとりに、フランス人スタッフたちもただただ圧倒されていたようです。
――黒沢清監督

黒沢監督と再びご一緒できたこと大変嬉しく思います。
『蛇の道』はとても好きな作品です。あの復讐の物語が再び描かれる。しかも舞台はフランスということを聞き、驚き興奮しました。
私が演じた吉村は、監督が実際に会ったことのある人物にインスパイアされて出来上がったと伺い、現場で一緒に人物像を作り上げていきました。作品をご覧になる皆様に吉村という人間がどのように映るのかとても興味があります。そして柴咲さんと再び共演し、その鋭い感性と高い集中力に引き込まれる事で、小夜子と吉村の独特の緊張感を生み出すことが出来たのではないかと感じています。
『蛇の道』は復讐の果てにはいったい何があるのかが描かれています。これまでに見たことのない物語が待っていると思います。

――西島秀俊

緊張と狂気をはらんだ物語とは全く違って、現場の雰囲気は監督のお人柄が映し出されているような、とても温かく心地のよいものでした。
フランスの現地スタッフに敬意を払いながら、1カットずつ丁寧に撮られる姿はとても印象的でした。
主演の柴咲さんは、撮影前からしばらくフランスで生活されていたからなのでしょう、佇まいがしっかりと馴染んでいて、大変驚きました。また立ち姿がとても美しく感じました。
国内外に多くのファンを持つ黒沢清監督の作品に関われたこと、同じ日本人としてとても誇らしく思いました。
この映画を世界のより多くの方に観ていただきたいです。

――青木崇高

拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示

© 2024 CINÉFRANCE STUDIOS – KADOKAWA CORPORATION – TARANTULA

『蛇の道』
2024年6月14日(金)全国劇場公開
kadokawa.co.jp/hebinomichi
配給: KADOKAWA
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] YOYOKA    世界が注目する14歳のドラマーが語る、アメリカでの音楽活動と「Layfic Tone®」のヘッドフォン[インタビュー] 松尾清憲 ソロ・デビュー40周年 めくるめくポップ・ワールド全開の新作
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015