ニュース

ロックの神々が渋谷に降臨!〈LEGEND OF ROCK Vol.50〉怒涛のトリビュート・ライヴが大盛況!

2010/01/12 15:01掲載
はてなブックマークに追加
ロックの神々が渋谷に降臨!〈LEGEND OF ROCK Vol.50〉怒涛のトリビュート・ライヴが大盛況!
 2004年10月にスタートを飾り、5年目となった2009年には、日比谷野音、そして〈SUMMER SONIC〉に進出! 年末にはCD第1弾が発売されるなど、日本ロック界に巨大なトリビューター旋風を巻き起こしている、レジェンド・オブ・ロック。そんな日本最高峰の“トリビューター”が集結するライヴ・イベント(記念すべき50回目!)が1月10日(日)、東京・渋谷duo MUSIC EXCHANGEで行なわれました。

 〈LEGEND OF ROCK Vol.50 Anniversary New year Special〉と題された今回のライブには、レジェンド・オブ・ロックが誇る10組のトリビューターが出演。8時間にも及ぶ熱いステージを披露!

 ライヴは、今回が初参加となる“BRYANあだもちゃん”からスタート。続いて、BABY JOEL、エアロざます、PLATINUM SNAKE、虹の騎士ショー、THE BEGGARS、VON HALENと、まさに伝説的なロック・スターが次から次へと登場! ……ただし、そのトリビュート・スタイルは各バンドによって個性に溢れたものとなっており、徹底的に本家に近づこうとするバンドもあれば、愛するがゆえの暴走と過剰なサービス精神により、まったく新しいエンタテインメントに昇華してしまっているバンドも。

 ライヴ後半はCD第1弾に収録されたTOWNZEN、MR.JIMMY、そしてJIMISENが登場。楽器や音のみならず、衣装、ステージ・アクションにまで徹底的にこだわり、本人より本人らしい“トリビューター”ならではのステージで、この日集まったリアルタイム世代から10代まで、幅広いロック・ファンを魅了しました。

 今年は、7月25日(日)に日比谷野音にてスペシャル・ライヴの開催がはやくも決定した(チケット一般発売もスタート)、レジェンド・オブ・ロック。ロックの素晴しさと興奮を生で味わうことが難しくなってしまった今こそ、限りない情熱と徹底的に磨き上げたテクニックに裏打ちされたロック魂を目撃しましょう!


 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
[インタビュー] “HIP HOPミーツallグッド何か”の現在地点――サイプレス上野とロベルト吉野『ドリーム銀座』[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』
[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成![インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催
[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説
[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』
[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015