ニュース

桜井莉菜“J-POP史上最強に盛れている”ビデオ・クリップが話題!

2010/09/09 13:23掲載
はてなブックマークに追加
桜井莉菜“J-POP史上最強に盛れている”ビデオ・クリップが話題!
 『小悪魔ageha』の人気NO.1モデルとして活躍するほか、数多くのギャル系商品のキャラクター・モデルをつとめるなど、“すべてのギャル系雑誌に毎月必ず登場するモデル”として知られるカリスマ・モデル“さくりな”こと桜井莉菜。そんな彼女がアーティスト“Rina”名義で9月8日にデジタル・シングル「Gray Zone(グレーゾーン)」を日本をはじめ、世界20ヵ国以上にて同時配信! デビューを飾ります!

 今回のデビューは、『小悪魔ageha』が「創刊史上初! 一人の女性の為のBook in Book」という大規模な桜井莉菜特集を実施した際に、彼女が口にした「子供の頃から夢は歌手だった。いつからか、恥ずかしくて口にできなくなってた…でも、10 年経っても20 年経った今も、同じ気持ち。歌いたい!!」という言葉がきっかけとなり、夢の実現に結びついたとのこと。

 今回の全世界デジタル配信について、「最近の子はあまりCDを買わなくなっているので、一人でも多くの人に聴いてもらうために誰もが持っている携帯配信にしました。デビューしたばかりの私のために、電車代払ってCD店まで行って……みたいなのは申し訳ない気持ちもあって。でも、気に入ってくれた方には、大きな画面で見たり良い音で聴いたりしてほしいので、いずれCDの発売もしたいです」とのこと。

 20ヵ国以上で配信されることについても、「単純に、私のブログやYouTubeが世界中で見られるのと同じように、いつでもRinaの曲を聴けるようにしてほしいなって気持ちがありました。皆さんも海外旅行中に“あの曲が今聴きたいのに忘れてきた!”って困ったことないですか? 聴きたい音楽がいつでも聴けるって気持ち良いこと。なので、外国の人へ!というよりも、私のファンの方で旅行中の人や留学している人が一人でもいたら?って思いの方が強いです。あと、個人的なことで恐縮ですが……夢だったデビュー記念日の9月8日は私の父の誕生日でもありまして……私にとって特別な日なので“どこにいても……この日に聴いて欲しいな!”って思いもありました(笑)」と語っています。

 なお、このたび公開された「Gray Zone」ビデオ・クリップでは、「身長をはるかに超えた」ロングヘア、そして特大&特製のネイル、「J-POP史上最強に盛れているのでは?」という目元を強調したメイクなど、凄まじいほどに凝ったアーティスティックなヴィジュアルを披露しており早くも話題に。

 加えて撮影は、日本を代表する国際的な映画監督、故・黒澤明が創設した「黒澤フィルムスタジオ」が制作しており、映像のクオリティも非常に高いものが完成、“クールジャパン”として今、国際的にも人気の高いヴィジュアル系(英語で“visual-kei”)アーティストとしてRinaが海外で話題になる日も近いかも? 今後の活躍に注目です!








※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015