ニュース

大阪・阿倍野のライヴ・サーキット〈ABENO CIRCUS'15〉が3月29日に開催!

2015/02/19 14:10掲載
はてなブックマークに追加
 日本一高いビル「あべのハルカス」がオープンするなど、今大阪で最も注目されているスポットである阿倍野を舞台とした音楽サーキット・イベントとして2014年に初開催され大盛況のうちに幕を閉じた〈ABENO CIRCUS〉が、今年も3月29日(日)に開催されます!

 会場となるのは阿倍野キューズモール内「ROCK TOWN」と老舗の宴会場「安倍乃荘」。ROCK TOWNにはバンドを中心にした〈エレファントステージ〉とDJを中心とした〈モンキーステージ〉、安倍乃荘にはアコースティック・アーティストによる〈ベアーステージ〉と〈ラビットステージ〉、そして安倍乃荘の前にあるCAFE&BAR「色s」にはピエロのバーテンダーが出演アーティストをイメージしたオリジナル・カクテルを提供する〈ピエロ・ステージ〉が設置され、さまざまなステージでライヴが同時開催。

 すでにcinema staffホフディランGAKU-MCら豪華アーティストの出演が発表されており、最先端と古き良き時代を繋ぐ注目のイベントとなっています!

クリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されますクリックすると大きな画像が表示されます


ABENO CIRCUS'15
2015年3月29日(日)

[会場]
ROCK TOWN / 安部乃荘 / CAFE&BAR 色s

[チケット]
前売 4,000円 / 当日 4,500円(税込 / 別途ドリンク代600円)

[ROCK TOWN]
髭 / cinema staff / THE BOHEMIANS / MAMADRIVE / THE TOKYO / スムルース / ZILCONIA / LIGHTINGALE / あこがれGoodBye / ゲッカンプロボーラー / その名はスペィド / ANALOG4 / ELECTRIC MAMA / DJ智-tomo- twin DJ PETTER / BLUETREExxx TAIKI* / Key Toy's Crew / OBUTSUDAN-SUMINO
ほか

[安部乃荘]
ホフディラン / GAKU-MC / ワライナキ / 秋休 / cice / gomes with ピルバグス / TAISUKE / みのべありさ / 北川達也(LUCKDUCK) / ポンバシwktkメイツ / 大谷卓磨 / HAPPY WEST STUDY / 香音 / 堀望美 / あんず* / Grand Circle
ほか

主催:creative works SHOCKS、CAFE&BAR 色s、ABENO CIRCUS実行委員会
※お問い合わせ: ROCK TOWN 06-6632-6900
ABENO CIRCUS実行委員会 >bluetree@sho-x.com
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき