ニュース

主演・哀川翔『ゼブラーマン』、プレミアムBOXでDVD化!

2004/04/16掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 日本全国津々浦々にて、白黒つけまくった『ゼブラーマン』。老若男女を越えて崇拝される我らが帝王“哀川翔”氏の記念すべき映画100本目だっただけに、スタッフ/キャストの情熱も計り知れないものがありました。映画と同時に漫画も連載スタート、プロレスラー「ゼブラーマン」がデビュー、公式HPがドッカンドッカン更新、と否応なく盛り上がってしまった、そんなゼブラーマン・フリークスのアナタへここで朗報! まだ劇場公開も終わってないのにも関わらずDVD化が決定しました! しかもBOX! 初回限定生産で『ゼブラーマン プレミアムBOX』(DSTD-02238 \8,400(税込))が8月6日に発売されます!

 このBOXのスゴイところは、本編ディスクの内容はもちろんのこと、同時発売の通常盤(DSTD-02340 \4,935(税込))には付いてこない“10大特典”なる代物があるところ。インタビュー映像/劇中劇として流れたTV版『ゼブラーマン』予告などを収めたボーナスDVD、水木一郎熱唱のTV版『ゼブラーマン』の主題歌シングルCD、ゼブラ株式会社とのコラボレートで制作されたゼブラボールペン供挙句の果てには、劇場使用35mm映画フィルムまで封入されております! 細部に至るまで、男・翔の魅力が詰まった『ゼブラーマン』を満喫するにはBOX購入が必須。隣りには“哀川翔×三池崇史”対談も読める哀川翔・著『百本締め』を添えて召し上がり下さい!

『ゼブラーマン プレミアムBOX』(DSTD-02238 \8,400(税込))
【仕様】カラー115分(本編)/片面2層/(1)))主音声:サラウンド/16:9 LB
【映像特典】特報・予告篇・TVCM/初日舞台挨拶/ポスタービジュアル

【10大特典】
1.<ボーナスディスク>
・メイキング:約60分 (予定)
・スタッフ・キャストロングインタビュー(哀川翔・宮藤官九郎・三池崇史他)
・幻のTV版「ゼブラーマン」インタビュー(主演:十文字譲 主題歌:水木一郎)
・発見!TV版「ゼブラーマン」ヒーローショー
・熱唱水木一郎!(主題歌収録の様子)
・完成披露試写舞台挨拶
・トークショーイベント映像(哀川 翔VS遠藤憲一:「白黒つけた男たち」ナレーション担当)
・翔の一言#1〜#7(予定)
・幻のTV版「ゼブラーマン」予告篇

2.<豪華解説書>
「ゼブラーマン」の魅力を、作品に携わった魅せられた人々が熱く伝える解説、インタビュー、映評、著名人によるコメントなど(予定)

3.<TV版「ゼブラーマン」のすべて!(TV版設定資料集)>
作品中に登場する、昭和53年放送のTV版「ゼブラーマン」の資料集。表紙・TV版台本や浅野さんのノート等を採録予定

4.<白黒新報 号外>
“ゼブラーマン 地球を救う!”劇中の視点で八千代区の一連の事件を取り上げた2010年の新聞

5.<復刻版!?シングルCD>
TV版「ゼブラーマン」のうた(水木一郎によるTV版主題歌)“アニソンの帝王”こと水木一郎が唄ったTV版「ゼブラーマン」の主題歌「ゼブラーマンのうた」を当時発売の雰囲気でCD化。

6.<2010年カレンダー>
作品の設定となる2010年に実際使えるカレンダー。劇中の出来事も記載。イラスト部分は当時のこども向け絵本の雰囲気で描かれたTV版「ゼブラーマン」。

7.<特殊機密捜査部章(特製ピンバッジ)>
胸に輝く流星マーク。

8.<ゼブラ公認ゼブラボールペン供
劇場前売特典にて好評を博したゼブラボールペンの進化形!

9.<キャラクター・シール>
ゼブラ―マン、宇宙人、カニ男など作品中に登場したキャラクターのシール。

10.<劇場使用35mm映画フィルム>
劇場で上映された1点モノの超貴重なフィルム。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015