ニュース

LAジャズ最重要プレイヤー、カマシ・ワシントンが3枚組170分超えの特濃リーダー作をリリース

カマシ・ワシントン   2015/05/26 16:54掲載
はてなブックマークに追加
LAジャズ最重要プレイヤー、カマシ・ワシントンが3枚組170分超えの特濃リーダー作をリリース
 ハービー・ハンコックウェイン・ショーターケニー・バレルジェラルド・ウィルソンなど錚々たるジャズ・ジャイアンツに加え、チャカ・カーンローリン・ヒルスヌープ・ドッグのバック・バンドを務め、ジャンルの垣根を越えてその才能を開花させてきたLAジャズ最重要プレイヤーのひとり、カマシ・ワシントン(Kamasi Washington)が、フライング・ロータス制作総指揮のもと3枚組170分超えの特濃リーダー作『The Epic』(Brainfeeder・BRFD050 / 輸入盤)をリリースしました。

 ベースにはサンダーキャットとマイルズ・モスリー、ドラムにロナルド・ブルーナーとトニー・オースティン、鍵盤にはブランドン・コールマンとキャメロン・グレーヴスをはじめとするネクスト・ステップの面々に加え、 32名のオーケストラと20名のコーラスが参加した総勢60名以上のLAサウス・セントラルの気鋭ジャズメンたちとともに制作された本作。スピリチュアルとバップとアフロが共存するジャズ新世紀の幕開けを告げる楽曲「Re Run Home」を筆頭に、従来のジャズの概念を無視したイマジネージン溢れる卓越した個々のプレイヤビリティが破格のスケールで波打つ様はセロニアス・モンク・インスティトュート・オブ・ジャズのバーバラ・シーリーが“他に類を見ない”と墨をつくほど。フライング・ロータスの諸作、そしてロバート・グラスパーやサンダーキャットとともにケンドリック・ラマー『To Pimp A Butterfly』への参加が話題となっているカマシ・ワシントン、その名が一気に広がるであろう、まさにエピックな超大作、とにかく圧巻です!

■2015年5月16日(土)発売
カマシ・ワシントン
『The Epic』

Brainfeeder・BRFD050 / 輸入盤

CD1『The Epic Vol.1: The Plan』
01. Change of the Guard
02. Askim
03. Isabelle
04. Final Thought
05. The Next Step
06. The Rhythm Changes

CD2『The Epic Vol.2: The Glorious Tale』
01. Miss Understanding
02. Leroy and Lanisha
03. Re Run
04. Seven Prayers
05. Henrietta Our Hero
06. The Magnificent

CD3『The Epic Vol.3: The Historic Repetition』
01. Re Run Home
02. Cherokee
03. Clair de Lune
04. Malcolm's Theme
05. The Message
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー!
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015