ニュース

新生ガールズ“青春パンク”CASPA、初の全国流通盤『さよなら世界』をリリース

2016/01/08掲載(Last Update:16/01/29 14:49)
はてなブックマークに追加
新生ガールズ“青春パンク”CASPA、初の全国流通盤『さよなら世界』をリリース
 昨年3月にAika(dr)、Natsumi(g)、Miyu(vo)、Toko(b)の4名で結成、同年10月に初ライヴを敢行したばかりの新鋭ながら、ドライヴィンで骨太ハードな楽曲と甘酸っぱい青春メロディで注目を浴びている若きガールズ・カルテット“CASPA”。彼女たちが初の全国流通盤となるミニ・アルバム『さよなら世界』(TRJC-1055 1,800円 + 税)を2月3日(水)にリリースすることが決定。

 『さよなら世界』は、PASSPO☆ベイビーレイズなどへの楽曲提供でも知られるHAWAIIAN6安野勇太が初めてのサウンド・プロデュースを担当。アートワークには人気アパレル・ブランド「SPINNS」(www.spinns.com)、オフィシャル・カメラマンには橋本 塁(www.ruihashimoto.com)を起用し、トータルで新世代の“青春パンク”を創造する内容となっています。発売に先駆け、SoundCloud(soundcloud.com/caspa-band)では収録曲の一部を公開中。

 なおCASPAは、2月18日(木)に東京・六本木 morph-tokyoにて開催されるライヴ・イベント〈ハピコレ!! vol.28〉にSplit BoBしなまゆらと共に出演。詳しくはオフィシャル・サイト(www.caspa-band.com)にてご確認ください。


2年と少し前の話。僕らは夢を見ました。それから少しずつ、まるでRPGのように少しずつ、仲間を集め、武器を揃え、少しずつ少しずつ歩きました。たいへんなこともつらいことも、時には涙することもありました。そして今、僕らはこの4人の女の子の背中に夢を見ています。どうかこの夢が少しずつでもこの世界に広がっていきますように。がんばってねCASPAさん。
――AWAIIAN6 安野勇太

■2016年2月3日(水)発売
CASPA
『さよなら世界』

TRJC-1055 1,800円 + 税

[収録曲]
01. The End Of The World
02. Beautiful Dreamer
03. 魔法使いみんな
04. みえない
05. Goodbye Sayonara
06. 静寂と光
07. 歌をうたえば

ハピコレ!! vol.28

2016年2月18日(木)
東京 六本木 morph-tokyo
開場 17:00 / 開演 17:30
前売 3,000円 / 当日 3,500円(税込 / 別途ドリンク代 / オールスタンディング)
ご予約: morph www.morph-tokyo.com/mail_reserve.html
※整列順入場


[出演]
凸凹凸凹 / Split BoB / しなまゆ / ヒラガナ路線 / RiDDLE STORY / CRASH BERRY / CASPA


※お問い合わせ: 六本木 morph-tokyo 03-5414-2683
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015