ニュース

中山正羅撮影 / 小川有紀監修のメッセンジャー裸身カレンダー、2017年版が登場

2016/10/19 16:42掲載
はてなブックマークに追加
中山正羅撮影 / 小川有紀監修のメッセンジャー裸身カレンダー、2017年版が登場
 東京23区を中心にピックアップ&デリヴァリー・サービスを展開するメッセンジャー・カンパニー「HÜBNER Bike Messenger(ヒュブナ)」が、世界各国の選手権で賞に輝くトップ・メッセンジャー“YUKI”こと小川有紀によるディレクションの下、昨年刊行の写真集「愛に生きて」が注目を浴びた写真家・中山正羅 aka BABY MSRとのコラボレーションでメッセンジャーを被写体に選んだフォト・カレンダー「HÜBNER x BABY MSR 2017 Directed by YUKI」(税込2,000円)を発売。現在「HÜBNER」特設サイト(www.hbm.tokyo/calendar2017)では、特製Tシャツとのバンドルパック(税込4,000円 / カラー ホワイト, イエロー / S, M, L)の特別先行販売が実施されています。

 同カレンダーは、鍛え抜かれたメッセンジャーの裸身を肉感的かつ爽やかに捉えた中山の写真と、捲るだけで様々な表情を見せる特殊な装丁で異彩を放ったカレンダー「HÜBNER x BABY MSR 2016 Directed by YUKI」に続く第2弾として制作されたもの。今回はデザイナーに秋鹿陽平(shikaaki.tumblr.com)を起用し、現在東京・池尻「VOILLD」にて個展〈Let's Go Potato Friends〉を開催中の気鋭美術家・沖 真秀(mashuoki.blogspot.jp)によるイラストもフィーチャーしています。バンドルパックのTシャツは、沖のイラストをフロント / バックにあしらったもの。

 なお、カレンダーの発売を記念したエキシビションが10月22日(土)より東京・馬喰町「TRIPLE R」(afd3r.com)にて開催決定。初日18:00からはオープニング・レセプションも行われます。会期は11月27日(日)まで。詳しくは「HÜBNER」オフィシャル・サイト(www.hbm.tokyo)にてご確認ください。

[中山正羅]
東京都在住。写真家 花代に師事。第30回 写真『ひとつぼ展』入選。主なグループ展にTHE EXPOSED、New York Photo Festival、THE PHOTO / BOOKS HUB TOKYO、SPACE CADET Actual Exhibition #1、New Japanese Photography等。写真集に FANCY PEOPLE PHOTO BOOK(artbeat publishers)、KYOTO(PLANETARY PHOTOBOOKS)。去春、個展「愛に生きて」を開催、同名の写真集(MUTANT)を出版。
BABYMSR.com

[小川有紀 / YUKI]
Messenger / W-BASE サポートライダー / Fixed gear rider / 執筆業など。東京都在住。メッセンジャーネーム=YUKI。武蔵野美術大学卒業後、デザイナーを経て2005年にメッセンジャーになる。主な成績: CMWC 2009 Main Race 2位。KYOTO LOCO 2010 Main Race 1位。BANG-KING 2010 Main Race 1位。CMWC 2011 Berlin Alleycat 1位。ECMC 2011 Main Race 3位など。

HÜBNER x BABY MSR 2017
Directed by YUKI

税込2,000円
www.hbm.tokyo/calendar2017

都市には息吹がある。
人が暮らし、移動して、
働いて、遊んで、寝て、起きて。
そして、その都市の血管みたいに重要なストリートを
乗り物や人、あらゆる生き物と物事が行き来する。
その様子がまるで、都市の息吹で、
その速さや佇まいは都市によってきっと違う。
メッセンジャーとはその都市の息吹を
身をもって体感している存在だと思う。
人と人とをフィジカルに結ぶ彼らは、街をフィールドとして
捉えるなら都会のアスリートなのだ。
そんな都会のアスリートのヌード写真集、その第二弾ができあがった。


写真: 中山正羅
監修: 小川有紀(YUKI)
イラストレーション: 沖 真秀
デザイン: 秋鹿陽平(AKISHIKA_design)
発刊: HÜBNER


[Tシャツ + カレンダー]
税込4,000円
カラー: ホワイト / イエロー
サイズ: S / M / L


Exhibition
HÜBNER 2017


2016年10月22日(土)〜11月27日(日)
東京 馬喰町 TRIPLE R
〒101-0031 東京都千代田区東神田1-2-10 泰岳ビル102 / 03-3865-3868
10:00〜20:00
※月曜休廊

[オープニング・レセプション]
2016年10月22日(土)
18:00〜20:00


※お問い合わせ: HÜBNER 03-6433-3227
info(at)hbm.tokyo
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015