ニュース

ノルウェーのジャズ・ギタリスト、ヤコブ・ヤングがシーリル・マルメダール・ハウゲとデュオを結成

ヤコブ・ヤング   2018/10/09 12:51掲載
はてなブックマークに追加
ノルウェーのジャズ・ギタリスト、ヤコブ・ヤングがシーリル・マルメダール・ハウゲとデュオを結成
 ノルウェー出身のジャズ・ギタリスト、ヤコブ・ヤングが、同国の新世代女性ジャズ・ヴォーカリスト、シーリル・マルメダール・ハウゲとデュオを結成。10月24日(水)に日本デビューとなるアルバム『ラスト・シングス』(BG-010 2,400円 + 税)をリリースし、12月に来日公演を開催。12月7日(金)栃木・那須野が原ハーモニーホール 小ホール、8日(土)神奈川・横浜市栄区民文化センター リリスホール、12月9日(日)東京・武蔵野スイングホール、10日(月)東京・新宿文化センター 小ホールの4公演が発表されています。

 ヤングは幼少期よりジャズに親しみ、母国のオスロ大学を経て米ニュースクール音楽大学に進学。卒業後もニューヨークに留まり演奏活動を続けました。1995年にニルス・ペッター・モルヴェルラリー・ゴールディングスらが参加した初のリーダー作『This Is You』を発表。96年に帰国した後もコンスタントにリリースを重ね、2002年にはノルウェーの世界的シンガー、カーリン・クローグとデュオ作『ホエア・フラミンゴス・フライ』をリリース。その後、ECMの総帥マンフレット・アイヒャーに認められ、同レーベルより『イヴニング・フォールズ』(2002年)、「SIDEWAYS」(2007年)、「FOREVER YOUNG」(2014年)の3作を発表。現在も多数のアーティストと共演するなど、積極的な活動を展開しています。

 ハウゲは1992年、ノルウェー生まれ。北欧らしい透明感と柔らかく美しい歌声で注目を浴びています。複数のユニットでプロジェクト・リーダーを務め、〈オスロ・ジャズ・フェスティヴァル〉をはじめ国際的なイベントに出演。ラーシュ・ヤンソンマティアス・アイクら著名アーティストと共演を重ね、国内外で公演を行なっています。ヤングとはオスロの名門スタジオ「レインボー・スタジオ」でのレコーディングをきっかけに共演し、デュオを結成。本作の完成に至りました。

■2018年10月24日(水)発売
シーリル・マルメダール・ハウゲ / ヤコブ・ヤング
ラスト・シングス

BG-010 2,400円 + 税

[収録曲]
01. Bounce With Me
02. I Will
03. Little Wing
04. Skylark
05. Last Things
06. Deep River
07. So In Love
08. No Moon At All
09. Lilac Wine
10. Ballad of The Sad Young Men
11. Still Crazy After All These Years (Bonus track)


[録音]
2017年、ノルウェー・オスロ“Fersk Lyd Studios”


シーリル・マルメダール・ハウゲ & ヤコブ・ヤング ジャパン・ツアー 2018
〜北欧の美しい詩的風景と出逢う〜


12月7日(金)
栃木 那須野が原ハーモニーホール 小ホール
www.nasu-hh.com
※お問い合わせ: 那須野が原ハーモニーホール 0287-24-0880

12月8日(土)
神奈川 横浜市栄区民文化センター リリスホール
www.lilis.jp
※お問い合わせ: 横浜市栄区民文化センター 045-896-2000

12月9日(日)
東京 武蔵野スイングホール
www.musashino-culture.or.jp
※お問い合わせ: 武蔵野スイングホール 0422-54-2011

12月10日(月)
東京 新宿文化センター 小ホール
www.regasu-shinjuku.or.jp/bunka-center
※お問い合わせ: 新宿文化センター 03-3350-1141

[出演者]
シーリル・マルメダール・ハウゲ(vo)
ヤコブ・ヤング(g)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN
[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂
[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA
[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015