ニュース

〈BBC Proms JAPAN 2019〉10月末から11月初頭にかけて東京と大阪で開催

2019/03/20 12:56掲載
はてなブックマークに追加
〈BBC Proms JAPAN 2019〉10月末から11月初頭にかけて東京と大阪で開催
 ブリティッシュ・カウンシルと駐日英国大使館が日本で展開する事業“日英交流年 UK in Japan 2019-20”の一環として、BBC Proms JAPAN 2019 実行委員会により〈大和証券グループ presents BBC Proms JAPAN 2019〉が2019年10月30日(水)から11月4日(月・振休)にかけて東京と大阪の2都市で開催されます。3月19日(火)には東京の駐日英国大使館で開催記者発表が行なわれ、ポール・マデン駐日英国大使とBBCラジオ3 / BBCプロムス / BBCパフォーミング・グループス最高責任者のアラン・デイヴィー、BBC Proms JAPAN 2019 PRアンバサダーを務める葉加瀬太郎らが公演の見どころや意気込みを語りました。

 〈BBC Proms〉は、英ロンドンを中心に毎年夏に行なわれる、世界最大級のクラシック・ミュージック・フェスティバル。1895年よりスタートした〈Proms(プロムス)〉は、“プロムナード コンサート”(散歩やぶらぶらと歩きながら楽しめるコンサート)が略された言葉で、クラシック音楽だけでなく、ミュージカルや映画音楽、ジャズ、ワールド・ミュージックといったさまざまな音楽を世界中のアーティストや団体が演奏し、ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールならびにロンドン市内、英国内の数多くの名高い会場で毎年開催されています。公演を行なうとともに、教育プログラムやアウトリーチ(普及啓発)の推進によって幅広いオーディエンスに極上の音楽を届けることも理念としており、2016年にはオーストラリア、2017年、2019年にはドバイでも開催されました。

 本国の〈BBC Proms〉の理念を踏襲した〈BBC Proms JAPAN 2019〉の主軸となるクラシック・コンサートでは、高いレベルの演奏に定評のあるBBCスコティッシュ交響楽団が、同楽団首席指揮者であり、意欲的なプログラミングに定評のあるデンマーク出身の巨匠トーマス・ダウスゴー(Thomas Dausgaard)に率いられ初来日。またソリストとして、2010年の〈ショパン国際ピアノ・コンクール〉覇者であるピアニストのユリアンナ・アヴデーエワ(Yulianna Avdeeva)や、11歳で〈ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクール〉、17歳で〈エリザベート王妃国際コンクール〉で優勝して以来、世界で活躍するロシアのヴァイオリニストであるワディム・レーピン(Vadim Repin)、〈ハノーファー国際ヴァイオリン・コンクール〉最年少優勝に加え、大河ドラマ『真田丸』テーマ曲の演奏でもおなじみの俊英ヴァイオリニストの三浦文彰、〈ロストロポーヴィチ国際チェロ・コンクール〉で日本人初優勝を飾り、メディアにも多く出演するチェリストの宮田 大が出演します。

 ジャズ・コンサートである“Prom3(プロム3) / JAZZ from America(ジャズ・フロム・アメリカ)”には、ギタリストのリー・リトナー(Lee Ritenour)と作・編曲家、ピアニストのデイヴ・グルーシン(Dave Grusin)という 2人のグラミー受賞者が世界屈指のスター・プレイヤーたちを束ねて結成するドリームバンドが登場。日本を代表する次世代のジャズ作・編曲家、挾間美帆が率いる自身のユニット“m_unit”も出演します。

 注目の最終夜“Prom6(プロム6) / Last Night of the Proms(ラスト・ナイト・オブ・ザ・プロムス)”では、本公演のPRアンバサダーを務める葉加瀬太郎が自身の楽曲をオーケストラとともに演奏。さらに日本で最も有名なオペラ歌手のひとりである森 麻季や、弱冠20歳で本国の〈BBC Proms〉の最終夜へソリストとして出演した初来日のアルトサクソフォン奏者ジェス・ギラム(Jess Gillam)、そしてレーピンも出演する、豪華な一夜となります。〈BBC Proms〉でおなじみの「威風堂々」を会場全体で合唱する演出も予定されています。

 〈BBC Proms JAPAN 2019〉を身近に楽しむために、渋谷の街頭では無料コンサート“Proms Plus Outdoor Concerts”も開催。クラシックやジャズ、ミュージカルの有名曲からオリジナル楽曲、スコットランドの音楽まで、数々のアーティストが上質な音楽と演奏を披露します。

 開催記者発表で、BBCラジオ3 / BBCプロムス / BBCパフォーミング・グループス最高責任者のアラン・デイヴィーは「今年は〈BBC Proms〉の創始者であるサー・ヘンリー・ウッドの生誕150周年です。ウッドの考えは、最高のクラシック音楽を最大の聴衆に届けることでした。〈BBC Proms JAPAN 2019〉では、1,000円のチケットがあるということで、英国での“敷居の低さ”も踏襲しています」とコメント。葉加瀬は「ロンドンでは、夏のクラシックといえば〈Proms〉というくらい、風物詩としてみんなが楽しみにしている。なので、今回始まる〈BBC Proms JAPAN〉もいずれ、何回も回を重ねて定着していくことがいちばん大切なことだと思います。そのためにも、1回目をまずは成功させなくっちゃ!」と意気込みを語りました。


©BBC / Chris Christodoulou

大和証券グループ presents BBC Proms JAPAN 2019
2019年10月30日(水)〜11月4日(月・振休)
www.bbcproms.jp

10月30日(水)、11月1日(金)〜4日(月・振休)
東京 渋谷 Bunkamura オーチャードホール

10月31日(木)
大阪 ザ・シンフォニーホール

11月2日(土)〜4日(月・振休)
渋谷エリア複数個所


※公式ウェブサイトからは、メールアドレスを入力するだけで、今後の最新情報などが届くメルマガ登録ができます。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015