ニュース

全米No.1アーティスト“SuperM”、初のフル・アルバム・プロジェクト『Super One』始動

2020/08/11 17:45掲載
はてなブックマークに追加
全米No.1アーティスト“SuperM”、初のフル・アルバム・プロジェクト『Super One』始動
 全米No.1アーティストのSuperMが、初のフル・アルバム・プロジェクト『Super One』を始動させ、最初のシングルとなる「100」が8月14日(金)13:00に各種音楽サービスで公開。あわせて、シングル「100」の新たなヴィジュアルが公開されています。

 初のフル・アルバム・プロジェクト『Super One』から最初に公開されるシングル「100」は、SuperMには不可能なことはなく、全力を尽くして頂上に向かって飛び上がろうという彼らならではのパワフルなエネルギーが感じられる歌詞が印象的であり、スピード感を表現したベースラインが際立つダイナミックなリズムの上にダブステップ要素を加味した強烈なブレイクビート・ジャンルの曲で、メンバーのマークが作曲と作詞に参加しています。

 新曲「100」を含め、今後公開されるシングル「Tiger Inside」(9月1日「火」リリース)と1stフル・アルバム『Super One』(9月25日「金」リリース)は、「僕たちは、みんな特別(Super)な存在として、それぞれ(One)のパワーを持っており、僕たちが直面している大変さをひとつ(One)のパワーで一緒に克服していこう」というポジティブなメッセージを込めた曲たちで構成されており、SuperMのエネルギッシュな音楽とパフォーマンスを感じることが出来る内容とのことです。

 SuperMは、2019年10月に全米デビューを果たすとデビュー・アルバムが全米「Billboard 200」で初登場1位を獲得。同時にビルボード8つのチャートで1位を獲得するなどアジアアーティストとして史上初の快挙を成し遂げました。

 今年にかけて〈We Are The Future Live〉で、北米ツアーや英ロンドン、仏パリなど世界を駆け巡り、すべてソールドアウトを記録。4月には、WHO(世界保健機構)とGlobal Citizen主催で、レディー・ガガのキュレートの元に行われた〈One World: Together At Home〉チャリティー・コンサートにK-POPアーティストを代表して出演するなど世界規模での活動が話題となっています。

 さらに同月に、ライヴコンサート・ストリーミングサービス 「Beyond LIVE」に初回公演に初出演し、全世界109ヵ国で有料視聴10万人を記録するなど、世界規模での活動を続けています。オフィシャルSNSでは、連日メンバー別のティザー映像が公開され、次々と明らかになる初のフル・アルバム・プロジェクト『Super One』に期待が募るばかり。また、8月29日(土)に開催される〈a-nation online 2020〉に出演することも決定。SuperMが日本開催のフェスイベントに出演するのは今回が初めてとなり、いまからSuperMの圧倒的なパフォーマンスが楽しみです。今後もぞくぞくと発表されるSuperMの活動からは目が離せません。

拡大表示


■2020年8月14日(金)配信開始
SuperM
「100」


初のフル・アルバム・プロジェクト『Super One』
8月14日(金)シングル「100」
9月1日(火)シングル「Tiger Inside」
9月25日(金)1st Full Album『Super One』

〈a-nation online 2020〉
2020年8月29日(土)
a-nation.net

[チケット]
8月18日(火)15:00〜予定
※出演ステージや視聴方法などの詳細は決定次第オフィシャルサイトにてご案内いたします。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015