ニュース

Z世代のクィア・アイコン、girl in redがアルバム・デビュー

2021/03/04 13:31掲載
はてなブックマークに追加
Z世代のクィア・アイコン、girl in redがアルバム・デビュー
 セクシュアリティのカミングアウトをともなった2017年のシングル「I Wanna Be Your Girlfriend」でクィア・インディポップ・シーンで広く支持を得ている、ノルウェー出身のシンガー・ソングライターのMarie Ulven(マリー・ウルヴェン)によるソロ・プロジェクト、girl in red(ガール・イン・レッド)が、4月30日(金)に1stアルバム『if i could make it go quiet』をリリース。

 陶酔感のあるベッドルーム・ポップ・サウンドで話題を呼び、Instagramは190万人、Spotifyは280万人のフォロワーを持つ“Z世代”のクィア・アイコンとして人気を博しているgirl in redは、新人の登竜門としても名高いイギリス「BBC Sound of 2021」にもデビュー前に選出されるなど、ブレイクが確約されている逸材として日ごと注目を浴びています。

 そのデビュー・アルバムとなる『if i could make it go quiet』は、全曲において自身が作詞作曲を手掛けており、現代の若者たちの矛盾をはらむあらゆる経験を表現すべく、年齢や性別、あらゆるバックグラウンドのスペクトルを超えて響かせるオルタナティヴ・ポップを展開。アルバム・リード曲で先行シングルとなる「Serotonin」(セロトニン)では、ビリー・アイリッシュの実兄でグラミーウィナーのプロデューサーのFINNEAS(フィニアス)を共同プロデューサーに迎え、歯切れ良く耳に残るビートを効かせながら、girl in redのメンタルヘルスとの闘いを残酷なまでに正直に綴った叙情的ポップ・アンセムに仕上げています。

 本アルバムについて、girl in redことMarie Ulvenは、「人間であることがどういうことなのかを学ぼうとする試み。自分自身の最も恐ろしい部分に向き合ったり、自分が結局ただの肉と骨でしかないという痛みを抱えて生きなければならないこと。怒り傷き、許せなくてもなお、自分の心をどうにかつなぎ止めておくということ。自分の心の中の最も暗い部分に光を当てて、みんなを受け入れるということ。わたしはこの作品を通じて、“実際になにが起きているのか”理解しようとしている」というコメントを寄せています。

拡大表示


■2021年4月30日(金)リリース
girl in red
『if i could make it quiet』
レーベル: ASTERI ENTERTAINMENT

[収録曲]
01. Serotonin
02. Did You Come?
03. Body And Mind
04. hornylovesickmess
05. midnight love
06. You Stupid Bitch
07. Ru
08. Apartment 402
09. .
10. I’ll Call You Mine
11. it would feel like this

gir.lnk.to/serotonin-single
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子
[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様
[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る
[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー
[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”
[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015