ニュース

ディズニー最新作『ラーヤと龍の王国』豪華キャスト&制作陣が熱い想いを語る特別映像公開

2021/03/05 12:37掲載
はてなブックマークに追加
ディズニー最新作『ラーヤと龍の王国』豪華キャスト&制作陣が熱い想いを語る特別映像公開
 『アナと雪の女王』『モアナと伝説の海』のディズニー・アニメーションから、全世界待望の最新作、“龍の王国”を舞台に繰り広げられる少女ラーヤの戦いと成長を描く壮大なスペクタクル・ファンタジー『ラーヤと龍の王国』が、3月5日(金)より映画館&ディズニープラス プレミア アクセスにて同時公開。豪華キャスト&制作陣が本作に込めた熱い想いを語る特別映像が公開されています。

 かつては平和な一つの国だったものの、邪悪な魔物によって人々が“信じあう心”を失い、バラバラになってしまった“龍の王国”クマンドラ。“龍の石”の守護者一族の娘であるラーヤは、父を失い、人を信じることをやめてたった1人で生きてきました。そんなラーヤを「強いヒロインよ」と語るのは、『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ』および『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』で主人公レイと共に戦うレジスタンスの整備クルー、ローズ役を演じ、本作では主人公ラーヤの声優に抜擢されたケリー・マリー・トラン。ラーヤは王国を再び一つにするべく、“ひとりぼっち”の救世主として孤独と悲しみを乗り越え、王国を一つにする鍵である伝説の“最後の龍”シスーを探す旅に出ます。

 公開されている特別映像では、そんなラーヤが冒険を繰り広げる舞台“龍の王国”クマンドラが、アニメーションとは思えないような美しい景色の広がり、無限に広がる大地など、まるで目の前にその景色が広がっているかのようにリアルに描かれています。さらにラーヤによる迫力満載のアクションは、東南アジアの格闘技や武術を取り入れていることが明かされ、激しく剣を振りかざす戦闘シーンが炸裂。全米で“アジア旋風”を巻き起こした『クレイジー・リッチ!』への出演で話題となり、本作では、王国を一つにするための唯一の鍵となる伝説の“最後の龍”シスーを演じるオークワフィナも「本作のアニメーションはレベルが違う」と称賛するように、ディズニーにしか成しえない映像が作り上げられました。

 その美しい映像の裏には、リモートで制作に挑むスタッフの姿が。集まって制作できないというかつてない困難な状況の中で、400人以上のスタッフはそれぞれ自宅で作品を完成させるという偉業を達成。まるでラーヤが王国を再び一つにするべく仲間と団結したように、並々ならぬ情熱を注ぐ制作陣が協力しあったことによって、本作を完成させることができました。

 制作陣の熱い想いによって完成した本作をケリーは「今こそ観るべき映画よ」と絶賛。人とのリアルなコミュニケーションが少なくなり、友達や家族となかなか会うことができなくなったこの時代に誕生した本作は、ケリーが「世界を見つめ直す大切さを伝える作品」と語るように、私たちの心を打つメッセージを届けてくれるはず。そして“ひとりぼっち”でも怯むことなく戦い続けるラーヤの姿は、私たちにも前に突き進むパワーをくれるに違いありません。


©2021 Disney. All Rights Reserved. ©2021 Disney and its related entities

『ラーヤと龍の王国』
映画館 and ディズニープラス プレミア アクセスにて公開中
www.disney.co.jp/movie/raya.html
配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015