ニュース

NIKO NIKO TAN TAN、3ヵ月連続シングル第2弾「ヨルガオ」デジタル・リリース

2021/10/20 12:55掲載
はてなブックマークに追加
NIKO NIKO TAN TAN、3ヵ月連続シングル第2弾「ヨルガオ」デジタル・リリース
 音楽担当2人と映像担当2人を擁する、気鋭のクリエイティブ・ミクスチャー・ユニット“NIKO NIKO TAN TAN”が、10月20日(水)に3ヵ月連続シングル・リリースの第2弾として「ヨルガオ」をデジタル・リリース。本作は、HIP LAND MUSICによるデジタルディストリビューション&プロモーションサービス「FRIENDSHIP.」がデジタル・リリースをサポートしています。

 NIKO NIKO TAN TANなりに「夜」を描き、ヨルガオの花言葉である「妖艶、夜の思い出」をテーマにした本作は、オリエンタルなサウンドからはじまり、ヴォーカル・Ochanの美声とSamson Leeが綴るリリックで夜の色気や艶やかさを醸し出しながら、まるで時計の振り子のように揺れるグルーヴを感じられます。多重録音したサビのコーラスの轟きも聴きどころのひとつとなっており、Ochanとドラム・Anabebeが完成させたトラックは、いくつもの遊び心ある音色と一筋縄でいかないベースやビートが緻密に織り込まれています。9月にリリースした第1弾シングル「WONDER」は、J-WAVEがおすすめする最新楽曲「SONAR TRAX」に選出され、「J-WAVE TOKIO HOT 100」にも2週連続ランクインを果たしています。10月22日(金)には、J-WAVE『PIA SONAR MUSIC FRIDAY』(22:30-23:00)への出演も決定。さらに、音楽メディア「Spincoaster」や「DIGLE MAGAZINE」のプレイリストにも入るなど、注目を集めています。

 また、NIKO NIKO TAN TANにとって記念すべき初のワンマン・ライヴが11月21日(日)に東京・渋谷WWWにて開催されます。楽曲制作からミュージック・ビデオ撮影、編集まで一貫してクリエイティブのすべてをメンバー4人が手掛けるNIKO NIKO TAN TANならではの、音楽と映像が融合したショーにご期待ください。チケットは現在ローチケにて発売中。

 さらに、現在YouTubeには「ヨルガオ」ミュージック・ビデオのティザー映像が公開中。フルは後日公開予定で、ティザーではメンバーが太極拳をしていますが、その全貌が明かされます。

[コメント]
真夏に作って眠らせていたデモの中から、2ndシングルとして、メンバー一致で選んだのがこの曲です。
また夜が来て、やるせなくてどこか遠くへ行ってしまいたいこともある。
そんなうちに朝が来て、なんかいい夢見ていたな。と意味もない喪失感で目が覚める。
そんな夢の中のひと時に流れる摩訶不思議な子守唄をイメージして作りました。
是非おやすみ前に聴いてください。

――NIKO NIKO TAN TAN

拡大表示




■2021年10月20日(水)配信開始
NIKO NIKO TAN TAN
「ヨルガオ」

FRIENDSHIP.lnk.to/YORUGAO

NIKO NIKO TAN TAN 1st One-Man Live “微笑坦々”
2021年11月21日(日)
東京 Shibuya WWW
OPEN 17:00 /START 18:00
チケット: ALL STANDING(立ち位置指定)3,000円
l-tike.com/nikonikotantan
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015