ニュース

BABYMETALが2年ぶりに英〈ダウンロード・フェスティバル〉で熱演、ヨーロッパ・ツアー完結

BABYMETAL   2018/06/15 14:41掲載
はてなブックマークに追加
BABYMETALが2年ぶりに英〈ダウンロード・フェスティバル〉で熱演、ヨーロッパ・ツアー完結
 BABYMETALが6月9日(現地時間)、イギリス・ダービーのドニントン・パーク・サーキットで開催された音楽ロック・フェスティバル〈ダウンロード・フェスティバル・UK 2018〉に2年ぶり3度目の出演を果たし、洗練された圧倒的なパフォーマンスを披露。会場に詰めかけた多くの観客を魅了しました。

 ガンズ・アンド・ローゼズオジー・オズボーンアヴェンジド・セヴンフォールドマリリン・マンソンなど数多くの実力派アーティストが集うなか、2ndステージのへッドライナー前にBABYMETALが登場。会場を埋め尽くす満員のオーディエンスの前で、新曲「IN THE NAME OF」を皮切りに、代表曲の「メギツネ」「ギミチョコ!!」などを立て続けに披露。5月に発表されたばかりの新曲「Distortion」ではコール&レスポンスやモッシュが発生し、ラスト・ナンバー「Road of Resistance」ではあちこちで大きなサークルピットができるなど、久しぶりのイギリスでのパフォーマンスを待ちわびていたオーディエンスは興奮の坩堝と化しました。

 このステージをもって〈WORLD TOUR 2018〉のヨーロッパ編が終了し、次はいよいよ日本へ凱旋となるBABYMETAL。日本公演は10月23日、24日に千葉・幕張メッセ イベントホール、10月30日、31日に兵庫・神戸ワールド記念ホールで開催されます。また、8月1日にはSU-METALにとって初の広島凱旋となった、昨年12月の広島グリーンアリーナでの〈LEGEND - S - BAPTISM XX -〉公演の映像作品(Blu-ray TFXQ-78162 8,000円 + 税 / DVD TFBQ-18204 7,000円 + 税)が発売されることも決定しています。

拡大表示拡大表示

[ライヴ・レポート]
 〈Download Festival〉は、1980年に初開催された〈MONSTERS OF ROCK〉を継ぐ形で、オーガナイザーであるアンディ・コッピングらによって2003年に初めて主催された。また同フェスはイギリスだけに留まらず、開催国はヨーロッパ、アメリカ、南米、豪州など10ヵ国以上にのぼる、世界的に有名なロック・フェスである。そのフェスに、BABYMETALが2年ぶり3度目となる出演を果たした。今ではもうBABYMETALが海外のロック・フェスに出演することは当たり前のような感覚になっているが、冷静に考えるとこの若さで海外のロック・フェスの常連となっていることは驚くべき功績である。

 開演15分前に場内を見渡すと、最後方のフードテントまで埋まっていて、入りきれない人たちは左右に大きく広がっていた。周囲にはタトゥーを入れたメタラーがたくさんいるが、多くの女性ファンの姿も目に付く。新曲「IN THE NAME OF」でライヴが始まると、場内からは大きな歓声が沸き起こった。イギリスでのライヴをずっと待ちわびていたのだろう、頭を揺らしてリズムをとる人たちはみな笑みを浮かべている。続いて披露された「メギツネ」「ギミチョコ!!」ではモッシュピットが形成され、笑顔で体をぶつけ合い、まさに場内はお祭りムード。誰もがBABYMETALの洗練されたライヴ・ショーを楽しんでいる。

 〈METAL RESISTANCE 第7章〉では、ダークサイドの選ばれし7つのメタルの魂“THE CHOSEN SEVEN”をテーマにした内容で、複数の新曲の披露や新衣装、さらにパフォーマンスも一新したライヴを見せているBABYMETAL。この日も新曲のSU-METALのソロ曲や「Distortion」が披露されたが、初めて新曲を目の当たりにした観客は熱狂し、コール&レスポンスでは大声を張り上げ、モッシュも何度も発生。続く「KARATE」では観客の興奮は最高潮に達し、間奏での大きな手拍子を経たサビでは自発的にジャンプする人やクラウド・サーフィングをする人が続出。場内は興奮の坩堝と化した。最後の「Road of Resistance」では、会場のあちこちで大きなサークルピットが発生。すべての演目が終わると大きな拍手と歓声が沸き起こった。演者が去ってもなお続く、アンコールを意味する“ワン・モア・ソング”の大合唱。筆者は感動的だった2年前の雨中のライヴも観たものの、今回のライヴは2年前の狂騒を凌駕した。さらに洗練されたパフォーマンスを披露し、演者と観客が大きくシンクロした、一体感の伴った極上のライヴを作り上げた。後方に陣取っていた、BABYMETALのライヴ初見の観客も大いに満足したに違いない。“ここに戻ってきてくれてありがとう!”と叫ぶイギリス人青年の屈託のない笑みが今日のライヴの成功を如実に物語っている。
文 / teri
拡大表示拡大表示
©Amuse Inc. Photos by Enda Madden

Download Festival UK 2018
2018年6月9日
イギリス・ダービー ドニントン・パーク・サーキット
BABYMETAL

[セットリスト]
01. IN THE NAME OF
02. メギツネ
03. ギミチョコ!!
04. 新曲
05. Distortion
06. KARATE
07. Road of Resistance

BABYMETAL WORLD TOUR 2018 in JAPAN

10月23日(火) / 10月24日(水)
千葉 幕張メッセイベントホール

10月30日(火) / 10月31日(水)
兵庫 神戸ワールド記念ホール

※会員を対象としたチケットの最速先行予約に関する情報は後日発表

■2018年8月1日(水)発売
BABYMETAL
『LEGEND - S - BAPTISM XX -(LIVE AT HIROSHIMA GREEN ARENA)』

Blu-ray TFXQ-78162 8,000円 + 税
DVD TFBQ-18204 7,000円 + 税
先着予約・購入特典: 「- BAPTISM XX -」うちわ(予定)

[収録曲]
01. IN THE NAME OF
02. イジメ、ダメ、ゼッタイ
03. ギミチョコ!!
04. ド・キ・ド・キ☆モーニング
05. 紅月 - アカツキ -
06. GJ!
07. シンコペーション
08. META!メタ太郎
09. NO RAIN, NO RAINBOW
10. 4 の歌
11. メギツネ
12. KARATE
13. Road of Resistance
14. ヘドバンギャー!!
15. BABYMETAL DEATH
16. THE ONE - English ver. -
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015